検索
「審美歯科」って何するところ? 受けられる施術の種類

2018.05.03

「審美歯科」って何するところ? 受けられる施術の種類


歯科で掲げられる診療科目には「矯正歯科」「小児歯科」「歯科口腔外科」があります。そのほかに「審美歯科※」があるのですが、この審美歯科は比較的新しくできた科目です。あまり聞き慣れないという人が多いのではないでしょうか。そこで今回は、審美歯科で受けられる治療の種類について紹介します。

記事監修



渋井優 先生


歯科医。昭和大学歯学部卒業後、日本歯科大学研修。2017年より御徒町イースト歯科 院長に就任。

女医+(じょいぷらす)所属。


▼詳細プロフィール

https://mycarat.jp/experts/243

■そもそも「審美歯科」とは?

審美歯科とは、「歯や口元の美しさ」に注目した歯科治療のことです。歯科治療には「虫歯や歯周病の治療」「しっかりかめるようにする」などの機能的な側面と、「白くきれいな歯にする」「歯並びをきれいに整える」などの審美的側面があります。


従来は機能的な治療を重視した歯科医がほとんどでしたが、近年は審美的な治療にも力を入れている歯科医が増えています。こうした歯科医・医療施設は、機能性と審美性の両方を満たす治療を行っています。


「審美歯科」の治療メニューには以下のようなものがあります。

■審美歯科で受けられる治療

●ホワイトニング

お茶やコーヒー、喫煙などで黄ばんだ歯を白く美しくする治療です。審美歯科の「ホワイトニング」は歯を削ったりはせず、専用の薬剤によって漂白する治療のことを指します(歯を削って薄いかぶせ物を当てる治療は「ラミネートベニヤ」といって、ホワイトニングとは区別しています:後述)。


ホワイトニングには「オフィスホワイトニング」という歯科医院で歯に薬剤を塗る治療と、「ホームホワイトニング」という自宅でできる治療方法があります。ホームホワイトニングの場合、歯科医院で患者の歯型を取り、トレー(薬剤を入れて歯を浸すための、マウスピースのような形状の器)を作成します。専用の薬剤を入れたトレーを装着することで、歯を白くするのです。


ホワイトニングのことを「ブリーチング」と呼ぶこともあります。

●オールセラミッククラウン

「クラウン」というのは、虫歯治療で使われる「かぶせ物」のことで、一般的に「差し歯」とも呼ばれるものです。つまり「オールセラミッククラウン」は「セラミック(陶材)のかぶせ物」です。歯を削り、型を取ってクラウンを作成します。


オールセラミッククラウンには以下のような特徴があります。

  • 仕上がりが自然

  • 金属アレルギーのリスクがない

  • 従来のレジン(プラスチック樹脂)よりも硬い(ただし衝撃に弱く、割れてしまうことがある)

  • 保険適用外のため、負担額が大きくなる


●ラミネートベニア

前歯の表面を削り、薄いセラミックを貼り付けて見た目を整える治療法です。「付け爪」をイメージすると分かりやすいのではないでしょうか。「それほど歯並びが悪いわけではないが隙間を修正したい」といった場合の治療に適しています。セラミック素材を使うため、自然で美しく仕上がります。


●メタルボンド

「メタルボンド」は歯のかぶせ物のひとつで、金属製のフレームにセラミックを焼き付けて作成します。メタルボンドには以下のような特徴があります。

  • 金属製なので強度・耐久性が高い

  • 表面にセラミックを焼き付けており、銀歯よりも審美性に優れる(ただし、オールセラミックには劣る)

  • 金属アレルギーの人は使用できない

  • 長期間使用していると金属イオンによって歯茎が黒ずんでしまうことがある

  • 老化や歯周病などで歯茎が下がると金属部分が見えてしまうことがある

  • 保険適用外のため、負担額が大きくなる


●クリーニング

歯科医師、衛生士による専門的なクリーニングです。歯の表面、歯と歯の隙間、歯と歯茎の境目などの汚れを専用の器具で取り除きます。上記のホワイトニングと似たようなイメージを持つかもしれませんが、こちらは「プロによる歯磨き」です。


歯に食べかすが付いたままになっていると、虫歯や歯周病の原因になります。個人でのクリーニングではどうしても行き届かない部分があるので、『日本審美歯科協会』では定期的に歯科医院でクリーニングを受けることを推奨しています。


※「医療法」では「審美歯科」を独立した診療科としては認めておらず、標榜(ひょうぼう)・広告することはできません。このため実際に「審美歯科」の治療を行っている歯科医でも、看板や広告に「審美歯科」と記載できないのです。ただし公式サイトは「広告ではない」と考えられるためか、歯科医によってはそこで治療について説明しています。



審美歯科的な施術は、歯科の併設している美容クリニックで受けられることもあります。「美しい歯」を求めるなら、こうした治療を受けてみるのもいいかもしれませんね。


(藤野晶@dcp)