パンプスやヒールのある靴を履けば、足が痛くなるのは当然だと思っていませんか?


足と靴専門の理学療法士で、馬喰快歩堂(ばくろかいほどう。東京都中央区)の所長の三浦賢一さんは、「足の痛みを我慢して履いていると、外反母趾や浮き指、ひざや骨盤のゆがみ、腰痛など、さまざまなトラブルにつながります。足にやさしい靴を選びましょう」と言います。その選び方について、詳しいお話を聞いてみました。

取材協力・監修

三浦賢一氏


理学療法士。足のケアと靴の製作の馬喰快歩堂所長。シューカスタム研究会主任。一般社団法人日本ソーシャルウォーク協会理事。


馬喰快歩堂 東京都中央区日本橋横山5-18中村横山ビル1F

http://www.ashi-ikiiki.com/

■靴選びのポイント1 「かかとの縫い目がまっすぐな靴」を選ぶ

まず、「足を傷めない、足にやさしい靴」とはどういった靴を言うのでしょうか。三浦さんは端的にこう答えます。


「歩く動作を邪魔しない靴のことです。そのような靴は、足になじみやすい、構造がしっかりしているという特徴があります。また、患者さんのデータを見ると、足にトラブルをまねきやすい靴の種類は、パンプスやヒールだということは明白です。


市販のパンプスやヒールの中には、デザインは凝っていても、ヒールと革の接着がずれているものもあり、足を傷めやすいと知らずに購入しているケースがよくあるようです」


筆者も思い当たります。では、足にやさしい靴を見抜くコツはどこにあるのでしょうか。三浦さんは、「靴のかかと部分の縫い目を見てください」と言います。


「靴を選ぶ際には、かかとの縫い目を見ます。ヒールの上のかかと部分に、縦方向の縫い目があるでしょう。これがヒールの中心線の延長線上にあれば、作りがしっかりした靴だと言えます。


この縫い目が、左右にずれている、斜めにゆがんでいる場合は、トラブルをまねきやすくなります」

■靴選びのポイント2 ヒールの接地面積を見る

次に三浦さんは、「ヒールの先端、地面と接する部分の面積に注目してください」と話し、こう説明を続けます。


「ヒールの接地面積が小さい靴ほどかかとにかかる圧力が強くなり、足首がぐらぐらと不安定で歩きにくい、カックンとねんざしやすい、足先に無理がかかって痛くなるといったことが起こります。足にやさしい靴の条件のひとつには、ヒールの接地面積が広いことがあると考えましょう。


どうしてもピンヒールが履きたい場合は、せめて、『ポイント1』でお伝えした、かかとの縫い目がまっすぐなタイプで、このあと説明する発展編に注意して選んでください」

■靴選びのポイント・発展編 足にいいヒールを見抜く3ポイント

「かかとの縫い目がまっすぐの靴」、「ヒールの接地面積が広い靴」、この2点を足を傷めない靴選びの基本とし、さらに、発展編として三浦さんは、次の3ポイントを見るようにとアドバイスをします。次のお話は三浦さんによります。


(1)靴底のアーチ部分の長さをチェック

ヒールが高い靴を横から見ると、地面に接している部分は、つま先とヒールの先端のみになります。そして、つま先の接地部分から、ヒールの根元にかけて靴底が傾斜してアーチ状(土踏まずの部分)になり、かかとを乗せる部分で水平になるのがわかります。重要なのは、この「靴底のアーチ部分の長さ」と「かかとを乗せる部分の長さ」の関係です。


多くの場合、アーチが長いとかかと部分が短く、アーチが短ければかかとが長いという関係になりますが、後者の「アーチが短くてかかとの土台が長い靴」のほうが、履いたときに安定します。


これは、足のかかとを、靴にどっしりと乗せることができるからです。靴底のアーチが長いとかかとをのせる部分が小さくなり、不安定な乗り方になって足を傷めやすくなります。


(2)ヒールの中心線の傾き方向をチェック

(1)と同じように靴を横から見ましょう。このとき、靴のつま先を左にした向きで見ます。そしてヒールに注目し、ヒールの中心線をイメージしてください。その中心線が、かかとの中心にあるタイプを「インセット」と呼び、靴の構造上、かかとがどっしりと乗って足が安定しやすくなります。足にやさしいタイプの靴です。


一方で、イメージした中心線が、かかとの後ろのほうに向かうラインならバックセットと呼び、かかとが乗りにくく、不安定になりやすい靴になります。



靴選びの試し履きの際に、鏡でこのヒールのラインを確認してください。


(3)つま先の接地具合をチェック

これも靴を横から見れば分かりますが、つま先部分がほぼすべて地面に接地するタイプと、つま先の先端が地面から浮いているタイプがあります。一見、つま先が全部接地しているほうが安定しているように思いますが、実は足にやさしいのは、先端が軽く浮いているほうです。


歩く動作の中でつま先が浮いていると、靴が転がりやすくなり、スムーズな歩行へとつながるのです。


「足のトラブルを抱えると、ハイヒールだけではなく、パンプスやミュールが履けなくなる場合もあります。オシャレの範囲が狭まるのはもちろんですが、姿勢が悪くなる、歩き方がぎこちなくなるなど、体のトラブルに発展する、また、立ち姿や歩く姿の美しさにも影響します」と三浦さん。


取材後、筆者も下駄箱に眠っている靴を片っ端から確認したところ、6割は「足を傷める靴」でした。デザインだけでハイヒールを選んできたからでしょう。そこでショップへと足を運び、これらのポイントを復習しながらパンプスを選び、購入してみました。いままで考えたこともない靴の構造に着目し、自分で吟味して選んだ靴は、履いて立って歩いて驚くほど歩きやすいものでした。ぜひ参考になさってください。


(取材・文 小山田遥/ユンブル)