検索
【パペット調査団がゆく】まちかど都道府県調査~東京都編~

2018.05.26

【パペット調査団がゆく】まちかど都道府県調査~東京都編~



身近な疑問を街ゆく人にインタビューするパペット調査団、都道府県イメージ担当のカエルだケロ! 約一年間取材を続けてきたこの企画、今回は47都道府県ラストの東京都だケロ!


みんなは東京にどんなイメージを持ってるケロ~? 東京といえば、世界有数の大都会として知られているケロ! ビルが所狭しと立ち並ぶ様子は東京ならではの光景だケロね〜! そんな大都会のイメージがある一方、浅草に代表されるような人間味あふれる下町もたくさんあるケロね~!

読者に聞いた、東京のイメージがこちらだケロ!


今回も東京に住んでる東京都出身の人に、こうしたイメージについて調査してきたケロ~! 


まずは、千代田区出身のかなちゃんに聞くケロ! かなちゃんには、千代田区の立ち位置について聞いてみるケロ〜!



東京23区って各区に特徴があるケロよね〜! 千代田区はどんな立ち位置だケロか〜?



千代田区は日本の中心だと思います! 国会や皇居といった政治的な機能もあるし、秋葉原のように日本が誇るオタク文化を発信する顔もあるんですよ!



じゃあ千代田区は23区のヒエラルキーだとどのへんになるケロ〜?



うーん、千代田区はビジネスの街って感じなので、キラキラはしてないんですよね。夜はあまり活気ないですし。そういった点では港区とか渋谷区には負けちゃうかな〜と。



キラキラ基準なんだケロな。



東京の人は常に自分の区がカーストのどこにいるのかは意識してると思いますよ。同じ東京出身の人と話すときは相手が何区出身か聞いて、「よかった大丈夫」とか「やばい。負けてる」って内心思っちゃいますね。



水面下で争ってるんだケロな。ちなみに「ここには勝ってる」って思う区ってどこケロ?



練馬区や板橋区とかには負けてない気がします! 下町ならまだしも、ザ・住宅街って感じだし、埼玉感すごいし。同じ東京なのかなと思うときはありますね。



練馬と板橋のついでに埼玉県民まで巻き添え食らったケロ。



23区同士、いろんなところで競ってるんだケロな〜。それだけ地元愛があるってことかもしれないケロね! 


続いては、昭島市出身のそに子ちゃんに聞いてみたケロ! そに子ちゃんは東京のイメージについて思うことがあるそうだケロ!



「東京」に持たれているイメージについて、そに子ちゃんはどう思ってるケロ?



もうこれはずっと思ってるんですけど、東京は23区だけじゃありません!! ほかの市も仲間はずれにしないでほしい!



おお。めっちゃ怒ってるケロ。



私は昭島市ってとこの出身なんですけど、みんな「東京って市があるの?」とか言って、東京扱いを全然してくれないんですよ!



うーん、たしかに東京って「23区」ってイメージがあって、「市」のことはよく知らないケロな〜。



よく言われます。でも昭島市、めっちゃいいとこなんですよ! 電車に乗ればすぐ都心に出れるし、駅から少し歩くとすぐ自然があって気持ちいいですし。



へえ〜! 住みやすそうケロな〜!



そうなんですよ! 夜は星もキレイですし、タヌキが出てきたりもするんですよね。



タヌキ…? カエルのオイラが言うのもなんだけど、東京の話をしてるとは思えないケロね。



避暑地やレジャー施設が人気の多摩市や、高尾山がある高尾市も「都内で自然を楽しめる場所」として有名ケロよね〜! 東京は23区外にも魅力がたくさんあるケロ〜!


続いては、葛飾区出身のHomiちゃんに聞いてみるケロ!



Homiちゃん出身の葛飾区はどんなところケロか〜?



そうですね、『寅さん』や『こちら葛飾区亀有公園前派出所(以下、こち亀)』の舞台になってて、粋な男の街だと思います!



こち亀ケロか〜! 日本を代表する漫画のひとつケロよね~!



こち亀が好きな人はぜひ亀有へ! 亀有駅周辺には主人公の両さんの銅像がたくさんあって、フォトスポットになってるんですよ!



へえ〜! 亀有に行けば両さんに会えるケロね~!



区民もみんなこち亀が大好きで、葛飾の飲食店に入ると当たり前のようにこち亀全200巻があるはずです!



ご飯を食べる間だけじゃ読みきれないケロ~! やっぱり自宅にも全巻ある人が多いケロか?



こち亀は葛飾区民のバイブルですからね! あれを読んでみんな育っていくんです。



両さんの正義感とか義理人情は見習いたいケロね! でも、借金が1兆円以上になるようなことはマネしちゃダメだケロよ~!



2017年に完結したこち亀だケロ、きっとこれからもみんなに愛される存在であり続けるんだケロね〜! オイラも両さんみたいな地元で愛される男になりたいケロな〜!


続いては、足立区出身のめぐみちゃんにインタビューするケロ! ヤンキーが多いイメージの足立区だから緊張するケロ。



足立区は東京の中でもヤンキーが多いイメージがあるケロ。……もしかして、めぐみちゃんもヤンキーだったケロか?



そんなわけないじゃないですか! たしかにちょっとヤンキーは多いですけど、全員がそうだったわけじゃないですよ!



あ、やっぱりヤンキーは多いケロな。



なんていうんですかね。とにかく地元同士のつながりが強いんだと思いますよ。そこで縄張り争いとかになっちゃうんじゃないですかね……? まあでも今は少ないですよ!



そうなんケロか? それは安心だケロ。



ただ、まわりからみたら怖いって思われちゃうような足立区特有の文化はあるかも。



えっ……? どんな文化だケロ……?



たとえば、飲み屋とかで近くの席の人が足立区出身の人がいたとするじゃないですか。そしたらあいさつ代わりに、まず「お前何中?」って聞くんですよ!



怖すぎケロ……。とりあえず目が合ったらケンカを売るスタイルってことケロか?



違いますよ! どこの中学出身か聞くとすぐ仲良くなれるから聞くんです! ……まぁ出身中学を聞けばその人がやんちゃだったかどうかもわかっちゃうんですが。



……なるほど。足立区に行くときは中学校の情報も手に入れとくケロ。



めぐみちゃんいわく、みんな地元が大好きすぎて、あまりほかの区に出たがらないらしいケロ。なんだかちょっと下町ならではの地元愛って感じがするケロな〜!


最後は、なつちゃんにインタビューするケロ! なつちゃんには東京のライバルについて聞いてみるケロ!



都民がライバル視してるのってどこケロ?



いや〜ほかの県にもその県ならではの良さがありますし、勝ち負けとかはあまり意識したことないかも! そもそも東京自体がいろんな都道府県の寄せ集めですしね。



さすが都民! 余裕があるケロ。



でもロンドンとかニューヨークに比べると、まだまだなのかなって思いますね。



もはや見てるところが世界なんだケロな。



そうですね。やっぱり世界に目を向けなきゃなって思います。2020年にはオリンピックもあって、全世界から注目されるわけですし、それまでには堂々と胸を張れる都市になっていてほしいんですよね。



なつちゃん、若いのにえらいケロ!



だから、私もいろんな都市をみて、将来は東京に貢献できるように頑張りたいです!



すばらしいケロ! この企画でこんな良い話が聞けるとは思ってなかったケロ……。



2020年のオリンピックに向けて、再開発が進んでいる東京だケロ、これからどんな風に変わるか楽しみケロな~! オイラも一緒に盛り上げていきたいケロ〜!

■まとめ

取材に応じてくれた東京都出身のみんな、ありがとうケロ!

実際取材してみたら、東京都はこんなところだったケロ~。



さてさて、今回でまちかど都道府県調査はおしまいだケロ〜! これまで47都道府県・総勢235名の女の子に登場してもらったケロー! どの都道府県民も、みんな自分の生まれ育った場所に誇りと愛情を持っていたケロ。


調査に協力してくれたみんな、今まで読んでくれたみんな、本当にありがとうケロ〜! またどこかで会おうケロな〜!


[ライター/カエル カメラマン/カメ 編集/パペット調査団(ヒャクマンボルト)]

⇒連載「まちかど都道府県調査」をもっと読む