検索
乾燥もベタつきもおさえたい!夏のスキンケア・メイクのコツ

2018.06.03

乾燥もベタつきもおさえたい!夏のスキンケア・メイクのコツ


夏は湿気が多く「乾燥する」イメージはないかもしれませんね。しかし、空調や紫外線、汗によって、夏も肌は乾燥しやすくなっています。とはいえ、しっかり保湿を行うと、メイクが崩れてしまいそうなもの……。そこで今回は、「夏のスキンケア、メイクのコツ」をご紹介します。

●スキンケアは「お風呂からあがったらすぐ」?「汗がひいてから」?


夏場はシャワーで済ませたとしても、風呂場から出るとすぐに汗をかいてしまうことがあります。そのため、扇風機などで体を冷やす方もいらっしゃるかもしれませんね。しかし、これは肌の乾燥を招くので注意しましょう。


とはいえ、汗をかいた状態では、きちんとスキンケアするのは難しいです。お風呂から上がったら、まずは軽く化粧水をつけます。汗が引いて落ち着いたら再び化粧水をつけ、美容液や乳液など、ふだんの流れでスキンケアを行いましょう。


ちなみに、お風呂からでるときに冷水で顔を洗ったり、タオルに包んだ保冷剤をワキにあてたりすると、汗が引きやすくなるそうです。

●夏は「乳液」で保湿しなくてもいい?


夏は乳液などを使わず、「化粧水のみで済ませる」という人もいらっしゃるかもしれません。しかし、どんなに「乾燥していない」ように見えても、クーラーなどによってインナードライ状態になっている可能性もあるので、油分も補ってあげることが大切です。ただし、「つけすぎ」は化粧崩れや毛穴詰まりの原因となるので注意しましょう。


乳液は全体に薄くつけ、ハンドプレスしてなじませましょう。目元や口元などの乾燥が気になるところには重ね付けします。


もし、ベタつきが気になるようなら「クリーム」での保湿は省略してもいいでしょう(乾燥肌でしたら、クリームも使ったほうがいい場合があります)。


また、乳液をつける際はコットンにつけてパッティングするのがおすすめ。このひと手間を行うことで、ベタつきをおさえられますし、メイク崩れ防止も期待できます。それでも気になる場合は、塗布してからティッシュオフするといいですね。

●ファンデーションを崩れにくくするには?


ベースメイクをしたら、ミスト化粧水をひとふき。これで肌にファンデーションが密着し、崩れにくくなります。保湿もできて一石二鳥です。そのほか、ベビーパウダーでファンデーションの油分を抑えるという方法もあります。自然な付け心地で、テカりをおさえることができます。



こうした基本のスキンケアはもちろん大切ですが、「毎日きちんとメイクを落とすこと」もお忘れなく。帰宅したらすぐにメイクオフし、一日の汚れを落とすようにしましょう。


(執筆・監修 元化粧品メーカー勤務・美容家 渡辺あきこ/OFFICE-SANGA)