検索
笑う門には福来たる!「笑い」が健康にもたらす効果って?

2018.06.18

笑う門には福来たる!「笑い」が健康にもたらす効果って?


「笑う門には福来たる」という言葉がありますね。いつもにこやかな人の家には自然と幸福が訪れる、という意味です。実はこれは「健康」についても当てはまり、「笑うことは健康につながる」そう。いったいどういう仕組みなのでしょうか…?今回は「笑いが健康にもたらす効果」について調べた研究をご紹介します。

記事監修

古川真依子 先生


消化器内科医。2003年東京女子医科大学卒業後、東京女子医科大学病院附属青山病院消化器内科医療錬士として関連病院等に出向。2008年に帰局後助教として勤務。2013年より東京ミッドタウンクリニック勤務。女医+(じょいぷらす)所属。


▼東京ミッドタウンクリニック

http://www.tokyomidtown-mc.jp/

●陽気に笑うと「ストレスホルモン」が減少する!

1989年に発表されたローマリンダ大学医学部病理学科のバーク博士らの研究です。10人の男性被験者を5人ずつの2グループに分け、片方のグループに60分の面白いビデオを見せ、その後血中のホルモンなどがどのように変化するかを調べました。


すると、ストレスホルモンと呼ばれ、ストレスを感じると分泌される「コルチゾール」が急速に減少していることが観測されました(アドレナリン、成長ホルモンのレベルも低下していました)。

⇒論文(摘要部分):

「Neuroendocrine and stress hormone changes during mirthful laughter.」

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/2556917

●ナチュラルキラー細胞の活性に影響する!

これは、『すばるクリニック』の伊丹仁朗院長と『元気で長生き研究所』の昇幹夫所長・医師の1992年の研究です。


がんや心臓病の人を含む19人に漫才・新喜劇で3時間楽しんでもらった後、血中のNK(ナチュラルキラー)細胞を調べてみました。


NK細胞は、体内に侵入した病原体などの異物を攻撃する働きをします。腫瘍細胞やウイルス感染細胞を攻撃するのもNK細胞の仕事です。このNK細胞の働きを「NK活性」といいます。


調査の結果、笑う前にNK活性の数値が低かった人は正常範囲まで上昇、NK活性の数値が正常値より高すぎた人(8人)は低下し、そのうち4人が正常値へと下がりました。つまり「笑い」は人間の免疫システムの向上に短期間で影響を与えるというわけです。


この研究は、大阪府が「大阪発笑いのススメ 意外と知らない笑いの効用」という小冊子の中で紹介されています。このような小冊子をつくるとは、さすが「笑いの聖地」といわれるだけのことはあります。

⇒参照・引用元:

『大阪府』「大阪発笑いのススメ 意外と知らない笑いの効用」2006年(平成18年)3月

http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/4002/00029624/waraisasshi.pdf

●ネズミを笑わせてみた! 笑いの経験はストレスを軽減する!

これは2014年に発表された、東京家政大学短期大学部栄養科の大西淳之博士の研究です。ラット(実験用のネズミです)を生まれてすぐに母親・兄弟と引き離し、2グループに分けます。


片方には、笑わせて肯定的な感情を起こさせます。ラットもくすぐる(おなかをこちょこちょする・モフモフする)と笑うのです。大西博士の研究によると、ラットが「50kHz」の周波数の鳴き声を上げるときには笑っていると判断できるそうです。このグループには2週間のくすぐりを行い、笑わせます。


その後、2グループのラットに痛みの刺激を与えてみると……。くすぐりによって笑った経験を持つラットは、その経験のないラットと比べると、恐怖刺激に対して「すくむ」ことが有意に少なかったのです。つまり、思春期(あるいは青年期)に笑うなど肯定的な感情の経験をすると、恐怖・痛みなどのストレスを軽減することができる、というわけです。

⇒論文(摘要部分):

「Tickling during adolescence alters fear-related and cognitive behaviors in rats after prolonged isolation.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24727339


ほかにも笑いの効果を調べた研究はありますが、免疫系の機能を向上させる結果が得られる、という点ではおおむね合致しています。笑いは心理的なものだけではなく、生理的にも良い影響を与えるのです。笑うことは心身の健康に良いと考えられる、というわけです。


(高橋モータース@dcp)