検索
「抜け毛が増える季節」がある? いつが多くなるもの?

2018.07.16

「抜け毛が増える季節」がある? いつが多くなるもの?


髪の毛は、特に健康に問題がなくても「1日に50-100本ほどは抜ける」といわれています。この程度であれば自然なことです。しかし、「なんだかいつもよりも多い?」と感じることもあるでしょう。実は、1年の間には「抜け毛が増える季節」があるようなのです。その季節とは……?

記事監修



井上亜美先生


皮膚科医。都内大学病院皮膚科在籍。医学生時代に一児の母となり、現在も常勤として勤務。

自身の子育ての経験を生かし、皮膚科医として赤ちゃんからお年寄りまでのスキンケアのアドバイス、一般皮膚診療を行う。

女医+(じょいぷらす)所属。

■「抜け毛」が多くなる季節っていつ?

抜け毛がどの季節に多くなるのかを調べた研究はさまざまありますが、おおむね以下のように「夏から秋にかけての時期」で一致しています。


●女性が抜け毛に悩むのは「夏」!

これはチューリッヒ大学病院のミハエル・クンツ博士(Michael Kunz)らのチームによる研究です。病気の患者や抜け毛を起こす可能性のある薬剤を使用している人を除いた823人の女性を調査した結果、「夏」(8月)に(ヘアサイクルでの)休止期(後述)の毛の割合が最大になり、そのため抜け毛が多くなると結論付けています。

⇒論文:

「Seasonality of Hair Shedding in Healthy Women Complaining of Hair Loss 」

健康な女性が抜け毛に悩む季節性の研究

https://pdfs.semanticscholar.org/349a/1c0fda7c3b4fee4ca89fe67265a7a705a293.pdf

毛の成長過程を表す「ヘアサイクル」は、

  • 成長期……毛が成長する時期

  • 退行期……毛の成長が鈍化する時期

  • 休止期……毛の成長が止まり抜ける時期

の3段階を繰り返します。クンツ博士らの研究によると、夏(8月)には「休止期の毛」が毛髪に占める割合が最も大きくなる、というのです。


●男性の抜け毛が多くなるのは「8-9月」

これは1991年に『British Journal of Dermatology』に掲載された、ブラッドフォード大学のバレリー・A・ランドール博士(Valerie A Randall)らの研究です。


18-39歳の14人の白人男性を対象に調査した結果、抜け毛のピークは8-9月あたりと結論付けています。調査対象が14人と少なく、また人種による差異はここからは分かりませんが、少なくとも抜け毛が多くなる時期については上記の研究とおおむね一致しています。

⇒参照元(論文のサマリー):

「Seasonal changes in human hair growth.」

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/2003996

■なぜ夏の終わりぐらいに抜け毛が多くなる?

なぜ夏の終わり、また初秋に抜け毛が多くなるのでしょうか? 有力な説は、春・夏は新陳代謝が盛んな時期で、それによって毛は成長するが、季節の変わり目になると成長も止まり自然に抜ける、というものです。


また、


・紫外線が強い時期に髪の毛がダメージを受け、その影響が表れるから


という説もあります。


日焼けは一種のやけどといわれるほど、紫外線により皮膚や細胞は強い影響を受けます。また、紫外線は毛髪のアミノ酸を酸化させ変質させます。はっきりと作用は分かっていませんが、ヘアサイクルへの影響も指摘されています。


紫外線は日本では一般的に7月(『気象庁』の「UVインデックス」による)に一番強くなりますが、これが毛の成長サイクルに何らかの影響を与え、その影響が1-2か月後になって抜け毛が増加する現象として現れる、というのです。


8-9月に抜け毛が増えても特に気にする必要はないかもしれません。しかし、紫外線の影響が気になるのでしたら、紫外線が強くなってくる時期(例年5月ぐらい)から紫外線対策をするのが良いでしょう。しかし、上記のとおり1日に50-100本ぐらい抜けるのは普通のことです。それを超える本数が抜け、また季節変動の影響以上というのであれば皮膚科を受診するのが良いかもしれませんね。

⇒参考資料:

『気象庁』「日最大UVインデックス(解析値)の月別累年平均値グラフ」

http://www.data.jma.go.jp/gmd/env/uvhp/link_uvindex_norm56.html

(高橋モータース@dcp)