検索
「お肌のゴールデンタイム」っていつ?成長ホルモンが分泌される時間って?

2018.07.26

「お肌のゴールデンタイム」っていつ?成長ホルモンが分泌される時間って?


体の成長に必要な「成長ホルモン」は、皮膚を修復する働きもあるため、美容面でも重要なものです。成長ホルモンは睡眠時に多く分泌されるので、いわゆる「お肌のゴールデンタイムまでに寝たほうがいい」といわれるのです。さて、具体的にはどのようなタイミングで最も多く分泌されるのでしょうか?

記事監修



桑原香織 先生


皮膚科医。東京医科大学卒業。同大学病院にて研修後、東京医科大学皮膚科学教室に入局。東京医科大学病院、東京医科大学八王子医療センターで経験を積み、その後は都内皮膚科クリニックに勤務。現在は、一般財団法人中小企業衛生管理協会霞ヶ関診療所の産業医として就労者の健康管理に携わっている。

女医+(じょいぷらす)所属。


▼霞ヶ関診療所

http://www.kasumigaseki.tokyo/

■成長ホルモン分泌で重要なのは入眠からの時間

成長ホルモンが多く分泌される時間のことを「ゴールデンタイム」と呼ぶことがあります。このゴールデンタイムは入眠してから「2~3時間後に訪れる」といわれています。


『一般社団法人 日本睡眠学会』が公開している「ヒト睡眠の基礎」(堀忠雄広島大学名誉教授 著 )では、

成長ホルモンは徐波睡眠の開始に同期して分泌が高まる

としています。


徐波睡眠というのは、深い眠りである「ノンレム睡眠」の中でも特に深い眠りのこと。ノンレム睡眠はその深さによって4段階に分けられており、そのうち段階3と段階4が徐波睡眠に分類されています。


この徐波睡眠は、入眠から2~3時間後に集中して出現するため、徐波睡眠に同調して分泌される成長ホルモンも、その時間に多く分泌される、ということなのです。


よく「成長ホルモンが多く分泌されるのは夜の10~2時」だといわれますが、徐波睡眠と成長ホルモンの関連性を踏まえると、時間帯ではなく「寝る時間による」というのが本当だといえるでしょう。

■睡眠時間をしっかりと確保しよう

上述のように成長ホルモンは徐波睡眠に同調して分泌され、入眠から2~3時間後の徐波睡眠が集中する時間帯に特に多く分泌されます。そのため、効果的に成長ホルモンの分泌を促すには、しっかりと睡眠時間を確保することが大事です。


また規則正しい生活を送ることも重要。というのも、寝る時間が不規則だったり、夜型の生活が続くと徐波睡眠が集中して出現するタイミングが変わるからです。ですので、美容面を重視するならば「規則正しくたっぷり睡眠を取ること」が大切になります。

■睡眠は女性ホルモンの分泌にも不可欠

同じく「ヒト睡眠の基礎」によると、男性ホルモンや女性ホルモンの分泌を促す黄体形成ホルモンは、男女共に第二次性徴期では睡眠時の分泌が特に多くなるとのこと。つまり10代の時期に心身を成熟させるためには、しっかりと睡眠を取る必要があるのです。


中高生だと夜更かしするのも苦ではありませんから、夜型の人も多いでしょう。しかし体の成長のことを考えるなら、規則正しい生活ができるよう心掛けるといいでしょう。



十分な睡眠を取るには、規則正しい生活を心掛けるだけでなく、食事内容やタイミング、また寝具や入浴などにも注意しないといけません。美しさを得るには、相応の努力も必要、ということですね。

⇒引用元:

『一般社団法人日本睡眠学会』「ヒト睡眠の基礎」

http://jssr.jp/kiso/hito/hito.html

(中田ボンベ@dcp)