検索
日焼け防止に美白ケア。女性の「紫外線対策」に対する男性の本音は?

2018.08.11

日焼け防止に美白ケア。女性の「紫外線対策」に対する男性の本音は?


容赦無い紫外線が降り注ぐ夏。全ての女性にとって、日焼け対策や美白ケアが欠かせない季節ですよね!「とにかく日焼けしたくない」「シミ・ソバカスを作りたくない」「太陽の下には絶対に出たくない!」…そんな女性の紫外線対策について、男性はどう感じているのでしょうか?今回は、女性の日焼け対策・美白ケアについて男性の意見をこっそり聞いてみました!


ケース1.H田さん(37歳・管理職)


―女性にしておいて欲しい日焼け・美白ケアはありますか?


僕としては、正直言って白くても黒くてもどっちでもいいです。白い女性も綺麗だとは思いますが、黒く焼けた肌もそれはそれで健康的で良いと思っているので。ただ、対策をしていないのに「焼けちゃった~」と言うのはちょっと…。


―ブツブツ言うくらいならしっかりやってほしいと。


はい。日焼け止めを塗らずに外に出たら焼けるだなんて分かりきっていることじゃないですか。それを怠って文句を言う女性に対しては、内心では「ズボラだな」って思っちゃいますね。


―確かにそれですと、日焼け対策以前に人間性が出てしまうかもしれませんね。


ですが、恐らく女性が思っているよりも男性は「絶対に白い子の方が好き」ってわけではないと思っています。「綺麗な小麦色に焼けた女性ならではの色気」も、絶対にあります!


ケース2.S木さん(34歳・会社員)


―女性の日焼け対策・美白ケアについてのご意見を聞かせてください。


僕はどちらかと言うと色白の女性が好きなので、しっかり対策をしている女性は素敵だと思います。素直に「美意識が高いな」って好印象を受けますね。ただ、あまり神経質になられるとちょっと嫌かも、ですね…。


―過去に、過剰に美白ケアにこだわる女性がいたのですか?


僕はバツイチなのですが、前の嫁さんが日焼けや美白に神経質で。会社主催のバーベキューがあったとき、既婚者は夫婦参加が暗黙のルールでしたが誘っても「日焼けしたくないから行かない」って聞かなくて…。結果的に僕だけ恥をかくことになりました。上司にも後輩にも白い目で見られるし最悪でしたよ。


―う~ん、美意識が高いのは良いですが、巻き込まれると困ってしまいますよね。


それ以外にもいろいろなことが重なって結局離婚したのですが、バーベキューに関しては自分の会社の中での評価にも繋がるようなイベントだったので、それを理解してもらえなかったのはかなり辛かったですね(笑)。


ケース3.Aさん(33歳・販売業)


―女性の日焼け対策や美白ケアについてどう思いますか?


全く気にしていません。その人がしたいようにすればいいと思います。僕も全くしていないので、相手に押し付ける気もありませんし。


―女性にとっては嬉しいご意見!では逆に、女性の日焼け対策でドン引きしたエピソードなどはありますか?


デートに日傘を差してこられたのは内心かなり嫌でしたね。隣で歩いていて顔にぶつかるし、都内でのデートだったので周りの人からも避けられて悪目立ちしていました。1人のときには自由にしてくれて構いませんが、せめてデート中くらいは気を遣ってほしかったです。


―なるほど。女性の白さにこだわりが無い男性ならではのご意見ですね。


日焼けをしたくない女性の意見も尊重はしたいのですが、それに付き合わされる周りの気持ちも考えてほしいとは思います。紫外線にいちいちピリピリしている女性よりも、気にせずに一緒に過ごしてくれる女性との時間の方が楽しいですからね。


ケース4.C山さん(35歳・自営業)


―女性の日焼け対策・美白ケアについてのご意見をお聞かせください。


僕はとにかく色白な女性に目が無くて。今まで好きになった女性はほとんど色白。お金や時間をかけてしっかりとケアしている女性は本当にすごいと思います。


―今回の男性の中では唯一の「ガッツリ色白派」!元々色白の女性がお好きなのでしょうか?


高校生の頃に付き合っていた彼女がテニス部で、いつも日焼けしていて真っ黒だったんです。で、僕、実は彼女に四股かけられていて、こっぴどく振られて(笑)。本気で好きだったのでかなりトラウマになりましたたね。その頃からです、僕が色白の女性を好きになったのは。


―辛い過去を思い出させてしまってすみません…!


おかげで今は肌が白い素敵な彼女と付き合えているので結果オーライです!テニス部の彼女もそうでしたが、基本的になにかにストイックな女性に惹かれるので…美白などに対してお金と時間を惜しまず使える女性は、かっこいいと思います。自分なりのビジョンを持っている感じがして、好印象ですね!




「女性の日焼け対策・美白ケア」について、4人の男性の意見をご紹介しました。

男性にとっては意外と軽視されがちな女性の紫外線事情。美しくいるために努力しているつもりが、実は反感を買っていることもあるのかも。男性に「やりすぎ…」と思われないような方法で、いかに自然に対策・ケアをしていくかが重要なのですね!



(編集 ヒャクマンボルト)

■日々の積み重ねが大事!からだの中&外日焼けを防止して美白になろう【PR】

ノースリーブやオフショルで、くっきり日焼けあとが見えてしまうと恥ずかしいですよね。アウトドアのイベントやデートで「やりすぎ」と思われずに紫外線対策をしたい方は、ぜひ以下も参考にしてみてください!

【塗るタイプの紫外線対策アイテムの一例】

【日中用クリーム・日焼け止め】B.Aプロテクター
【美容液】ドクターリセラ
【CCクリーム】HAS パーフェクト CC

【飲むタイプの紫外線対策アイテムの一例】

【医師監修】Dr'sホワイトセラミド
【臨床評価試験済み】WHITE VEIL~ホワイトヴェール~