検索
ブツブツやムダ毛を卒業して背中美人に!正しいケア方法と注意点

2018.08.10

ブツブツやムダ毛を卒業して背中美人に!正しいケア方法と注意点


 夏は肌の露出面積が増える季節。水着にならなくても、デコルテや背中が大きく開いた服を着る機会が多くなるかもしれません。そんなときに気になるのが「背中」のケア。自分では見えにくいパーツだからこそ、お手入れをおろそかにしてしまいがちです。

正しい背中のケア:「バスタイム」とその後の保湿が肝心

 いま、自分の背中がどのような状態か、すぐに答えられる人は少ないと思います。それだけお手入れを忘れてしまいがちですが、肌トラブルが起きやすいパーツでもあります。


 背中は皮脂腺が多いうえに、夏は特に汗をかきやすい部位。さらに、洗い残しや石鹸カスなどのすすぎ残しも発生しやすく、ニキビができやすい条件がそろっています。しかも、薬などを塗りにくいため、なかなか治らないという悪循環に。ニキビができないように、ていねいにケアを行いましょう。


 背中は手が届きにくいため、お風呂ではタオルなどを使って洗うことが多いのではないでしょうか。その場合はできるだけ刺激が少ない綿などの素材を選び、たっぷりの泡とともにこすりすぎに注意して洗います。ゴシゴシ洗いは肌を傷つけるので避けましょう。


 問題はその後の保湿ケア。全体にムラなく塗布することは困難ですよね。家族やパートナーにお願いすればきちんと塗ることができますが、ひとり暮らしだったり、恥ずかしかったりして、これもまた難しい問題です。


 その場合、ローション類はミストタイプを使うと便利。全体にふきかけることで保湿することが可能です。ふだん使っている化粧水をスプレーボトルに詰め替えて使うという方法もあります。


乾燥予防:クリームでしっとり肌に。お風呂の温度にも注意して


 保湿ケアを怠ると、乾燥によるかゆみが生じることも。できれば、クリームなども使いたいところですが、自分で塗るのは難しいですよね。ラップなどにクリームをつけ、それを背中にあてる方法もありますが、ムラができやすいので注意しましょう。持ち手が長い、背中ケア用のアイテムもあるので、活用するといいかもしれません。


 乾燥を防ぐためには、洗いすぎはもちろん、お風呂の温度にも注意しましょう。温度が高すぎると必要な皮脂までとられてしまい、乾燥を招いてしまいます。これはニキビの原因にもなるので、体温よりも少し高めを心がけましょう。長風呂も皮脂を奪ってしまいがちなので、15~20分を目安に入浴します。


 また、汗をこまめに拭く、下着を替えるなどのケアのほか、食生活も見直すとよいでしょう。脂肪の多い食事や、アルコールの摂りすぎもニキビの原因になりやすいです。もちろん、水着や露出度の高い服を着る場合は、UVケアもお忘れなく。


 こうしたケアを続けても、ニキビがよくならない、治ってもまたすぐにできてしまう……。

そんなときは、皮膚科医に相談し、適切な治療を受けましょう。


ムダ毛処理:サロンでもセルフでもOK!丁寧に処理しよう

 背中のケアでもうひとつ気になるものといえば、ムダ毛ではないでしょうか。セルフ除毛は、クリームなどを塗布するよりも難易度が高いですよね。これも、家族などに頼むか、サロンなどで処理してもらうのが安全です。


 セルフケアを行うなら、カミソリなどは避けて、除毛クリームやワックスを使うようにします。髪などにつかないように注意し、ていねいに処理しましょう。


 背中をさわってみたら、じつはざらざらしていた、なんてことも珍しくありません。ケアしにくいので放置しがちですが、これを機にできることから始めてみませんか?



(執筆・監修 元化粧品メーカー勤務・美容家 渡辺あきこ/OFFICE-SANGA)



●【鈴木ハーブ研究所】パイナップル豆乳除毛クリーム

パイナップル豆乳除毛クリームを使い続けることで、ムダ毛処理頻度が減らせ、お手入れが楽になります。除毛後のツルツルが持続。カミソリと異なり、除毛クリームは毛先を丸く処理するので、処理後のチクチクがありません。

Amazonで購入

●【La Roche-Posay(ラロッシュポゼ) 】敏感肌用 ミスト状化粧水

フランス中西部にあるラ ロッシュ ポゼ村の湧水を無菌室でボトリングした顔・ボディ用ミスト状化粧水です。

きめ細かく均一な、肌にやさしい感触のミストです! 

顔だけでなく全身のケアに。赤ちゃんから大人まで、男性、女性も、ご家族でお使いいただけます。

Amazonで購入

(マイカラット編集部)