検索
若肌づくりに重宝。ビタミンEが豊富な「アルガンオイル」とは

2018.08.15

若肌づくりに重宝。ビタミンEが豊富な「アルガンオイル」とは


 


数年前から、美容オイルのひとつとしてよく目にする「アルガンオイル」。

「アルガンオイル配合」や、「プレミアムアルガンオイル」などとうたわれるコスメを手にすると、少しリッチな気分になる女性は多いはず。


しかし、具体的な効果や作用をご存じでしょうか?


アルガンオイルは毎日のスキンケアに効果的です。特徴や正しい知識を身につけて、美肌づくりに役立てましょう。

◇アルガンオイルとは

アルガンオイルは、アルガンの木の実の種にある「仁」という部分から抽出した油です。アルガンの木は、雨がめったに降らない高温乾燥地帯のモロッコに生える広葉樹で「鉄の木」ともいわれるほど生命力が高いです。

この木の実からとれるアルガンオイルは、昔からモロッコの人々に愛され、食用、ヘアケア、スキンケア、時には医薬としても使われてきました。


しかしアルガンの種は硬く、油を抽出する作業には手間がかかります。100㎏の実からとれるオイルはわずか1ℓともいわれています。

また、種の採取が難しいこと、オイル自体の効果が素晴らしいこと以外に、アルガンの木自体が伐採で減っているという事実もあります。このような背景を知ると、他のオイルよりも値段の高いものが多く、リッチなオイルだといわれている理由がわかりますね。

◇効果・効能

肌の乾燥対策、エイジングケアに役立ちます。

そもそもオイルには、肌角層に油のベールを張って水分が逃げないようにフタをするエモリエント効果があります。そのなかでも、さらに特徴がふたつに分かれます。

  • ベール力が高いオイル (ミネラルオイル、スクワランオイル、ホホバオイルなど)

    →お肌の上にラップをしているようなイメージです。刺激が少なく、中の水分を逃がしません。

  • 肌になじみやすいオイル (アルガンオイル、オリーブオイル、シードオイルなど)

    →このオイルは合成のほかに、油脂という植物や動物から抽出されるものがあります。油脂は、同じ生き物である人間の肌ともなじみやすいのです。

アルガンオイルは、肌になじみやすいタイプのオイルで、成分組成も素晴らしいといわれています。


なかでも注目すべきは、ビタミンEとオレイン酸、リノール酸。

ビタミンEは「若返りのビタミン」といわれ、抗酸化作用があります。別名「トコフェノール」という表記で、酸化防止剤として化粧品にも配合されています。


だから、お肌の曲がり角を過ぎた女性にはぴったり。時を戻すことはできませんが、肌の老化を招く「酸化」を防いでくれます。


そして、オレイン酸は、皮脂の40パーセントを占める成分。肌になじみやすいのも納得です。

リノール酸は、体内では作ることのできない必須脂肪酸です。保湿と保護作用に優れていて、これも肌なじみがよい成分です。


このように見ていくと、アルガンオイルの美肌効果には

若返りのビタミンEで酸化を防ぎ、肌なじみしやすい油分で乾燥から肌を守ることが期待できます。

ある研究では、アルガンオイル配合のクレンジングオイルを使用した女性には抗しわ効果があり、肌改善があると確認・発表されました。

◇使用・保存の注意点

皮脂になじみやすいアルガンオイルは、その作用が逆に刺激となる場合もあります。結論から言うと、肌の状態によっては「合う人と合わない人がいる」ということ。


アルガンオイルには皮脂となじみやすい成分が入っているため、皮脂量の多い場所や人に使うと、角栓の原因になりうることや、アクネ菌のエサとなりニキビや吹き出物ができる可能性があります。

思春期、生理前、オイリー肌の人、背中やデコルテゾーンには気をつけて使用することをおすすめします。


また、保存にも気をつけなくてはいけません。アルガンオイルには酸化防止のビタミンEが入っていますが、一般的に油脂は酸化しやすいもの。


光、熱、空気に触れることで酸化しやすくなるので、できるだけ

  • 遮光瓶でしっかり蓋をする

  • 暗所、涼しいところ(冷蔵庫保存は出し入れで温度差がでるのでおすすめしません)で保存する

ということを心がけ、開封したら早めに使いきりましょう。

使いきれるサイズのものを選ぶこともポイントですね。


アルガンオイルは、乾燥やエイジングが気になる女性にぴったりの、上質なケアアイテム。

家事や育児、お仕事にと、毎日頑張っている自分に、アルガンオイルでささやかなお肌のご褒美を。

ぜひ上手に取り入れてみてくださいね。

参考文献

「BEAUTYWORD皮膚科学用語」霜川忠正 中央書院 2008/6/30

日本アルガンオイル協会HP

「先端医療と健康美容~アルガンオイル配合クレンジングオイルの抗シワおよび肌改善効果~」一般社団法人日本先端医療医学会 2016/3/30

【爪肌育成マエストロ/JNA認定講師/金山亜希恵】