検索
地肌をマッサージしながらシャンプーするのはNG!正しい洗髪方法とは?

2018.08.17

地肌をマッサージしながらシャンプーするのはNG!正しい洗髪方法とは?


髪が抜けないようにそーっと洗うだけで済ませたり、二日に一回しか洗わなかったり……。一見「髪にやさしい洗い方」のようですが、実はこの方法は豊かな髪を育てたいなら「絶対にNG」なのだそう。では、どのように洗うべきなのでしょうか?今回は、発毛率90%の実績を持つ頭皮毛髪専門サロン「サイエ マンツーマン育毛塾」代表を務める毛髪診断カウンセラー、小林弘子さんに、正しい髪の洗い方についてお伺いしました。

取材協力・監修

小林弘子さん


育毛コンシェルジュ、毛髪診断カウンセラー、毛髪診断士。サイエ マンツーマン育毛 318株式会社(スリーワンエイト)代表取締役。特定非営利活動法人(NPO)サイエ式育毛コンシェルジュ協会 理事長。開業15年を迎える今では、”ハゲのカリスマ”として日本中の薄毛に悩む人から頼りにされている。


●サイエ マンツーマン育毛塾

https://www.ikumou1.com/

●詳細プロフィール

https://mycarat.jp/experts/277

【サイエ式洗髪法】地肌は顔よりやさしく洗うべし!

―正しい洗髪方法を教えてください。


小林さん:

サイエ式洗髪法では、まず、髪に付着している汚れやホコリをぬるま湯で洗い流します。お湯の温度が高すぎたり、シャワーが強すぎたりすると頭皮の乾燥の原因になるので、体温に近いぬるま湯でやさしく洗い流しましょう。


次に、シャンプーを手に取ったら、髪の表面でやさしく泡立てます。シャンプー剤は、洗浄力が強すぎず、保湿成分が入っているものを選ぶようにしてください。


洗うときのコツは、髪の毛を泡立てネットに見立てること。指の腹で地肌に触れたり、頭皮マッサージしながらシャンプー剤を泡立てたりするのはNG! 泡が皮脂や汚れを分解して浮かせて落としてくれるので、泡は髪の毛に押し込むだけでOKです。ポイントは、「顔よりやさしく洗うこと」と覚えておいてください。


十分に泡を押し込んだら、予洗い同様に、体温に近いぬるま湯でしっかりと泡を洗い流しましょう。シャンプー剤が残ったままだとかゆみなどの原因になるので、洗い残しのないように注意して。


―地肌をマッサージしながら泡立てる方法は髪や地肌のためにいいと思っていました。


小林さん:

そう勘違いされている方は非常に多いです。地肌をマッサージして泡立てる方法は皮膚の摩擦につながるので、乾燥やかゆみなどの頭皮トラブルの原因になります。ゴシゴシ洗うのではなく、ミクロな泡で皮脂や汚れを吸着することによって、健やかな頭皮を保てます。


なぜなら、頭皮は顔の皮膚よりデリケートだからです。顔はむき出しのままでも大丈夫ですが、頭皮は髪の毛に覆われて保護されていますよね? デリケートで傷つきやすく、また皮脂腺が多く汚れが溜まりやすいので、毎日ていねいにお手入れしてあげることが必須です。

夜寝る前に洗髪して頭皮環境を整えることで、美しい髪が育ちやすくなる

―髪は一日のうちいつ洗うのがいいですか?


小林さん:

髪や頭皮が汚れたまま就寝するのは不衛生なので、夜に洗うのがベストです。おすすめは二度洗い。しっかりと汚れを落として頭皮環境を整えてから眠れば、就寝中に髪が再生しやすくなります。


就寝時に髪が濡れていたら、キューティクルの損傷や雑菌の繁殖につながるので、寝る前には必ず髪を乾かすようにしましょう。ただし、ドライヤーを当てることは頭皮の乾燥にもつながるので、地肌に当たらないよう、ドライヤーは髪と平行に当ててください。


また、頭皮が乾燥しないよう、頭皮の化粧水を利用することもおすすめです。顔用の化粧水だと髪がべたつくので、必ず、頭皮専用の化粧水を選んでくださいね。


―ありがとうございました。



「地肌マッサージNG」「頭皮は顔よりデリケート」など、目からウロコの情報だらけでした。正しい洗髪を実践するだけでも、理想的な髪と頭皮に近づいていくはずです。ぜひ、今晩からこの洗髪方法を試してみてくださいね。


(取材・文 松本玲子)