検索
美白フードコーディネーターはキウイを毎日食べている?敏感肌にマッチした化粧水は?

2018.08.24

美白フードコーディネーターはキウイを毎日食べている?敏感肌にマッチした化粧水は?


前回の座談会では4人のうち2人のメンバーが、今までに成功した日焼け対策・美白ケアを語ってくれました。今回は残りの2人のケアを詳しくご紹介。幼少期からソバカスに悩む2人がたどり着いた「正解ケア」とはどのようなものなのでしょうか?フードコーディネーターならではの、食べ物からの美白知識も登場!

座談会メンバー


▲Aさん(30代)

美容皮膚科に2年半勤務。プライベートでも日焼け対策・美白ケアは万全。多くの美白アイテムを試し、常に「自分にとって1番良いもの」を探求中。



▲Iさん(30代)

手のパーツモデルとして活動しているため、美白ケアには特に敏感。外側からのケアはもちろん、食べ物やドリンクなどを愛用したインナーケアを大事にしている。



▲Oさん(30代)

フードコーディネーターとして活躍中。ご両親の遺伝で幼少期よりソバカスが多く、子どもの頃から紫外線ケアには人一倍気を遣っている。



▲Fさん(30代)

教育関係に従事。子どもの頃からアトピー持ちの敏感肌で、自分に合うアイテムを探すのに苦労をしている。肌が赤くなりやすく乾燥もしやすいので、美白ケアに関しても保湿に重きを置いている。


大人ニキビが原因で来院した皮膚科。処方してもらった薬には美白効果も!?


Oさん「私は小さい頃からソバカスが悩みで、テレビや雑誌でソバカスを治すための情報を集めていたんだけど…5年位前から大人ニキビも目立ち出して、皮膚科に通い始めたの」

Aさん「ニキビって、年齢を重ねるほどに治りにくくなるよね」

Oさん「そうそう。それで、皮膚科で処方された『シナール』を飲み始めたの。シミやソバカスにも効果があるみたいで。あと、トラネキサム酸が主成分の『トランサミン』を今でも飲んでる」

Iさん「その2つ、どうだった?効果あった?」

Oさん「あった!しかもニキビだけじゃなくて、小さい頃からのソバカスも薄くなったよ。クリームを付けなくてもインナーケアで治るなんて感激しちゃった

Aさん「嬉しいね~!ある意味、ニキビがもたらしてくれたキッカケだったね」

フードコーディネーターが毎日欠かさず食べるゴールデンキウイ!


Oさん「私、2年前からキウイを食べているんだけど、キウイを食べ始てからニキビが明らかに減ったんだよ」

Iさん「なるほど、キウイはビタミンCが豊富っていうもんね」

Oさん「キウイって実は緑色より黄色のゴールデンキウイの方がビタミンCが多いの。ただ、緑色のキウイは黄色より食物繊維が豊富。私は普段美白ケアのためにゴールデンキウイを食べてるんだけど、便秘気味のときなんかは、緑色のキウイを食べるようにして、コントロールしてるよ」

Iさん「キウイなら半分にカットして、皮からスプーンで身をすくって食べるだけだもんね」

Oさん「それに1年中売っているしね。トマトジュースもリコピンを気軽に摂れるからしょっちゅう飲んでいるよ

【ゴールデンキウイ】Amazonで探す【トマトジュース】Amazonで探す

アトピー気質・幼少期からのソバカス。敏感肌のFさんが巡り会えたベストアイテム


Fさん「私、こじはる(元AKB48小嶋 陽菜さん)さんに憧れてるんだよね」

Aさん「肌が白くて綺麗だよね。私も大好き!」

Fさん「こじはるさんが『肌に最初に付けるスキンケアコスメが一番大事』ってどこかで言っていたのを覚えていて。それを聞いて、今までソバカスをファンデーションで隠していたど、化粧水から保湿・美白にこだわってみようと思ったの」

Iさん「Fさん、かなりの敏感肌だって言っていたよね。でもそんなに肌が白くて綺麗っていうことは、ちゃんと良いものに出会えたんだ?」

Fさん「私にとってベストな化粧水はアベンヌの『ディープモイスト ローションD』だった!今までいろんなスキンケアを試しては肌に合わず挫折してきたけれど、これは敏感肌にも使えてやっと巡り会えたって感動した」

Oさん「同じ悩みを持つ自分としては、その感動は分かるなぁ」

Fさん「周りの友達にも『綺麗になった』『白くなった』って言ってもらえて。肌に合うものをちゃんと使えば肌が持っている本来の色に戻れる、ってことを自分の身をもって体感したの」

●アベンヌ (Avene)

ディープモイスト ローション D



シーロケットエキス、ムチンライク、ヒアルロン酸誘導体配合。3種の保湿成分を組み合わせたアベンヌ独自のうるおいキープ&ムーヴシステムで、肌にたっぷりのうるおいをたくわえます。やさしく肌になじみ、肌をたっぷりのうるおいで満たします。

Amazonで購入

諦めかけてたけど…どんな肌質でも美白ケアはできる!


Iさん「アベンヌの化粧水以外はどうだったの?」

Fさん「ドラッグストアでは、敏感肌用の化粧水としてアベンヌと一緒にいくつか商品が並んでいたけれど、しっかりと効果を感じられたのはアベンヌだけだったなぁ。肌に付けた瞬間に肌が柔らかくなるって体験が初めてで」

Oさん「今まで長い間、自分に合うコスメを探し続けていたFさんならではの喜びだよね」

Fさん「そうなの…。化粧水も皮膚科の先生がくれるものをずっと使っていたし、どんなに口コミが良いものでも私が試してみたらダメだったりして。その度に『私の肌では美白ケアはできないんだ』って精神的にも辛くなっちゃってた」

Aさん「口コミを盲信するより自分の肌で試すのが一番だよね」



サプリや食べ物でインナーケアを大切にするOさん、そして敏感肌ならではの苦難を乗り越えてベストアイテムに出会えたFさんの日焼け・美白ケア方法をご紹介しました。それぞれが自分なりのケア方法に巡り会えた座談会メンバーですが、それと同じように受難の道のりもあったようです。次回は、座談会メンバーの「今までに失敗してしまった日焼け対策・美白ケア方法」をご紹介します。次回の更新もお楽しみに!

■紫外線・日焼け対策でインナーケアをしよう【PR】

今回の座談会で出てきたトマトのほかにも、リコピンがとれる野菜や果物があります。きれいな肌を手に入れるための参考にしてみてください。

●フルッタフルッタ PRESS スイカ235g×2本

スイカは、新陳代謝を促して肌を健康に保つビタミンAや、抗酸化作用のあるリコピンが豊富。トマトの1.5倍のリコピンが含まれているといわれています。

Amazonで購入

●スジャータ グァバブレンド100 (1000ml×6本入)

グァバには、リコピンのほかに、高血圧の予防に効果があるカリウム、腸内のはたらきを整える食物繊維

Amazonで購入

(マイカラット編集部)