スニーカーを購入するとき、履きやすい、動きやすいといったイメージから、デザインだけを見て選ぶ人は多いのではないでしょうか。いざ履いてみると、どうも足に合わないということがあります。注意すべきポイントがあるのかなど、足と靴専門の理学療法士で馬喰快歩堂(ばくろかいほどう。東京都中央区区)所長の三浦賢一さんに、詳しいお話しを聞いてみました。

取材協力・監修

三浦賢一氏


理学療法士。足のケアと靴の製作の馬喰快歩堂所長。足靴総合研究所所長。シューカスタム研究会主任研究員。一般社団法人日本ソーシャルウォーク協会理事。 


馬喰快歩堂 東京都中央区日本橋横山5-18中村横山ビル1F

http://www.ashi-ikiiki.com/

■スニーカーでも足のトラブルは多発する

筆者はスニーカーを選ぶときには革靴ほど履き心地を気にしません。これについて三浦さんは、次のように警告をします。


「スニーカーだから足が痛くならないと思い込んでいる人は多く見受けられます。無意識に革靴と比較しているからではないでしょうか。


まず、ひと口にスニーカーといっても、軽量化やクッション性の追求、足を着地したときに正しい方向に重心移動を誘導する機能など高機能化しており、千差万別の状況です。当然、自分の足の形などに靴の機能が合わないこともあります。


まず、靴のサイズやワイズ(足幅の寸法)が足に合っているかは革靴と同じで問題が多く、合わない場合はスニーカーでも爪が内出血する、外反母趾になる、ひざや腰に負担をかけるなどの可能性はあります。『スニーカーだから大丈夫』と考えるのは、靴選びによくある誤解のひとつです」


スニーカーも履き心地を十分に試す必要がありそうです。

■「ひも穴」、「靴裏」、「かかと」で選ぶ

スニーカーが自分の足に合うかどうかを見極めるポイントについて、三浦さんは、「試し履きをする前に、スニーカーを手に取って構造を見ながら、次に紹介する3つのポイントを確認しましょう」と言います。具体的に挙げてもらいましょう。


<ポイント1> 「ひも穴」の並びかたがくびれているタイプを選ぶ


靴ひものデザインをチェックすることはあると思いますが、「ひも穴の並びかた」を気にすることはないでしょう。しかし、このひも穴の並びかたで、足に優しい靴かどうかを見分けることができます。


ひも穴は二列あります。この二列のラインが平行ではなく、中央でくびれているタイプを選ぶようにしましょう。このタイプは、足のアーチの中心をしっかりと締めるので、靴を履いても土踏まずの形状が保たれ、無理なく歩くことができます。


二列のラインが平行のタイプは、ひもを結んだときに足全体を締め付けるため、歩くうちに足のアーチがつぶれやすく、足にダメージを与える場合があります。

<ポイント2>  足のタイプと靴底の溝の流れが合っているかをチェックする


日本人の足の形を指の長さに注目すると、3つのタイプに分類できます。


(1)ひとさし指がいちばん長い「ギリシア型」

(2)おや指がいちばん長い「エジプト型」

(3)足のおや指、ひとさし指、なか指がほぼ同じ長さの「スクエア型」


それぞれの足のタイプに合うスニーカーを見極めましょう。


靴をひっくり返して、底を見てください。タイヤの溝のように、何本も溝があります。この溝で注意するのは横方向のカットラインです。『ギリシア型』と『エジプト型』の足には、溝が靴の外側に斜めに下がるタイプが合います。この2つのタイプの足は、足指の付け根のラインが、おや指から小指にかけて斜めに下がるので、つま先で蹴り出すときに足指と靴の折れ曲がるラインが揃うのです。


また、『スクエア型』の足には、靴底の溝のカットラインが平行になるタイプが合います。『スクエア型』の足は、足の5本の指の付け根がほぼ平行になっているため、つま先で蹴り出すときの足指と靴の折れ曲がるラインが揃って歩きやすくなるからです。

<ポイント3> 自分の足のかかとと、靴のかかとを比べる


足のかかとの形状は大きく分類して2つのタイプがあります。かかとに丸みがあってアキレス腱のラインが反っている足と、かかとに丸みがなくアキレス腱のラインがほぼ直線の足です。


また、靴のかかとにも大きく2つの形状があります。靴を横から見たときに、かかとのラインがカーブしているタイプと、地面にほぼ垂直に立っているタイプです。

足のかかとに丸みがある人は、靴のかかとのラインがカーブしているタイプがフィットします。靴のかかとに足のかかとの丸みがスッポリと収まり、歩くなどの動きを靴が違和感なくサポートします。


一方、このタイプの人が靴のかかとが垂直に立っているタイプを履くと、靴のかかとから足が前方向に押されて、足先や爪を痛めることがあります。


また、かかとのラインに丸みがなく直線に近い人は、かかとがカーブしているタイプの靴は合いません。靴のかかとのカーブにアキレス腱があたり、靴ずれをまねきます。


また最後に三浦さんは、「スニーカーを選ぶときにデザインで迷った場合でも、この3つのポイントをチェックすると、買う、買わないの判断がつきやすくなります」とアドバイスを加えます。


筆者はかかとに丸みがありますが、ひどい靴ずれを起こしたスニーカーを確認したところ、靴のかかとが立っているタイプを履いていたことに気づきました。まずは、自分の足のタイプと手持ちのスニーカーを確認してみてはいかがでしょうか。



(取材・文 小山田淳一郎/ユンブル)