検索
さっぱり感、気になる「におい」にも使える成分「ハッカ油」の魅力

2018.09.19

さっぱり感、気になる「におい」にも使える成分「ハッカ油」の魅力


1.ハッカ油とは


【旧称】セイヨウハッカ油

ハッカ油の原料は主にシソ科植物「ハッカ」や、その同族植物といわれています。植物の種類は複数あり、種類によって成分構成が変わります。それらの植物を水蒸気で蒸留して得られる精油が“ハッカ油”です。

化粧品成分表示としては主にシソ科植物のハッカ、その同族植物をまとめて「ハッカ油」と記載しています。


ハッカ油以外にも“セイヨウハッカ”、“ミント”、“メントール”などと表示されているものがありますが、ハッカ油と同じ役割として配合されています。

ハッカ油は日本語、ミントは英語、メンタはラテン語…というように国によって読み方の違いがあるためです。また、各地域でとれる植物によっては香りの濃度などが違い、それによって呼び方を変える場合もあるといわれています。

つまり、“セイヨウハッカ”、“ミント”、“メントール”などと表記されているものは、効能としてはどれもハッカ油と同じような効果といえます。


主な成分はメントールを50%以上含んでおり、ほかにはカルボン、メントン、リモネンなどが続きます。

メントールが主成分であることから、化粧品に使用される目的は「さっぱり感」の場合が多いです。

2.効能


ハッカ油の主な効能は3つあります。


・清涼感

主成分であるメントールは清涼効果が強いので、感触的にすっきりした化粧品を作るために配合されています。

約26℃の体感を維持することで「冷たい」という感触を与えることができ、メントールの成分が肌の上にあるうちは、清涼効果を発揮します。


・抗菌

頭皮用ではシャンプーやヘアローションに使われ、抗菌によりかゆみを防ぐ役目を果たしています。他にも汗拭きシートなどにも清涼感、抗菌効果を目的に使用されています。また、エタノールなどその他の清涼成分と組み合わせることにより、爽快感の調整役にもなっています。


・消臭

頭皮や体の消臭をするために、シャンプー、ボディソープ、汗拭きシートなどに使用されています。また、生活における消臭効果も高いので、化粧品だけでなく日用品での消臭商品にも多く使用されています。

3.使い方

さまざまな商品に使われているので、使用方法は商品により異なります。商品の使用上の注意をしっかりとお読みいただくことをおすすめいたします。

また、清涼感が強いことから、以下の注意点を押さえて使用するようにしましょう。

4.使用上の注意


ハッカ油は、使用した時にスースーした感覚があります。これは主成分のメントールによる影響です。

メントールの配合量が多ければ多いほど、スースーした使用感を得られます。

化粧品の場合、配合量や使用部分によりメントールの刺激を強く感じることがありますので、安全性に注意して使用しましょう。

敏感肌の方は、配合量の少ないものなどを使用し、徐々に配合量の多いものにしていくのがおすすめです。


例:

汗拭きシートなど

拭きとったあとに爽快感が得られるものはメントール成分が強い場合があります。体用の汗拭きシートで顔を拭いたりすると、刺激を強く感じることがありますので、商品ごとの使用部位をしっかりと確認することが大切です。


シャンプーなどの顔以外の洗浄料

洗浄料が目に入ると強い刺激を感じる場合がありますので、使用の際は注意しましょう。


入浴剤など

清涼感を求めて規定量より多く入れると、体感として寒く感じる場合もあります。規定量を守るようにしましょう。


【「ハッカ油」精油原液の場合の注意点】

・「ハッカ油」の原液を直接肌につけないようにしましょう。精油は刺激が強いです。

・直射日光を避け涼しい場所に保管しましょう。

・精油なので、火気厳禁です。

・動物(特にネコ)にとっては少し刺激が強い場合がありますので、ペットを飼っている方は使用場所や使用方法に注意しましょう。

・水に薄めて使用する場合、容器を移し替えてのご使用になるかと思いますが、ハッカ油はポリスチレン(PS)を溶かす性質を持っています。そのため、移し替える際はガラス容器、ポリプロピレン(PP)、ポリエチレン(PE)、ポリエチレンテレフタレート(PET)などの容器を使用するようにしましょう。

5.ハッカ油が含まれている商品を手に入れるには?

「ハッカ油」の精油自体は、ドラックストアなどで手軽に購入することができます。配合化粧品も同様に購入可能です。


ハッカ油が配合されている商品は以下の通りになります。

主に「ハッカ油」と記載のあるものをいくつか掲載します。


●【草花木果】はっかの香りのボディソープ

クールな薄荷&シトラスハーブの天然香料100%の香り。和種はっかをベースにオレンジ、ユーカリ、ゼラニウム、ローズマリー、カモミール、ベルガモット、クラリセージなどをブレンドしました。

公式サイトで購入


●【マークスアンドウェブ】 ハーバルリップクリーム

唇に塗布した時のすべりがよく、なめらかな使用感です。

公式サイトで購入

6.豆知識

男性はスースーした使用感により“さっぱり感”を実感することが多いです、そのため、男性化粧品はこの清涼感がないと売れにくい傾向にあり、ハッカ油(メントール)、エタノール、カンフルなどが多く使用されています。


また、ハッカ水をアイピローやマスクなど、直接肌に触れない部分に少しスプレーして使用することでリフレッシュできたり、鼻の通りが良くなったりするといわれています。

この時に、鼻や目などの粘膜、肌に直接振りかけないように注意しましょう。刺激を感じる場合があります。


このように、「ハッカ油」は化粧品の成分としてだけでなく万能な側面があります。幅広い使い方ができるのも、大きな魅力といえますね。


爪肌育成マエストロ/イクタジマシホ

参考資料

・健栄製薬株式会社HP

https://www.hakkayu.jp/

・㈱北見ハッカ通商

http://hakka.be/index.html

・日本化粧品検定1級対策テキスト