検索
整形しないで二重になるには?ぱっちり目元を作る方法

2018.09.26

整形しないで二重になるには?ぱっちり目元を作る方法


ぱっちり二重は魅力的だけれど、一重の人は整形するしか道がない……。そう悩む人もいるかもしれません。しかし、自力で二重をゲットすることは不可能ではないのです。



 私のまぶたは、アイプチもお手上げの一重でした。二重へのあこがれが強かったので、一重用のメイクを研究していました。


 現在はプチ整形など、低価格で手軽に二重にする方法があります。私は整形をする人に対して否定的ではないのですが、いざ自分がやるとなると話は別でした。知り合いに何を言われるか不安だったのだと思います。


 しかし、自然に二重になる方法を模索し続け、ついにすっぴんでも二重の状態になりました。久しぶりに友達と会うことになったときはドキドキしましたが、誰にも何も言われませんでした。自分から「二重にしたの!」と告白しても、「一重だったっけ?」と返されることも。つっこみにくかったのかもしれませんが、意外と気づかないものですね。


 ですから、大人になってから二重を目指しても大丈夫。なりたいと思うなら、試してみる価値はあると思います。


 実際に挑戦してみて、効果的だと感じた方法を紹介します。

●つけまつげをつける


 定番ですが、つけまつげの芯の重みを利用して二重にする方法です。まぶたの厚みにもよりますが、つけまつげのベースが固くて太いものを選ぶと失敗しにくいと思います。


 アイメイクを済ませたら、つけまつげをつけるだけという手軽さもポイントです。つけまつげ=バサバサというイメージがあるかもしれませんが、つけていることがわからないほど自然な長さのものもあります。自分の理想に合ったものを選んでみてください。


 つけまつげをつけても、まぶたがなかなか持ち上がらないという場合は、まつげの際よりも1~2mm上につけるのが効果的です。練習も兼ねて、最初は100円ショップのつけまつげで試すといいでしょう。ただし、グルー(接着剤)はドラッグストアなどで販売しているものがおすすめ。取れにくく、使いやすいです。


 この方法は即効性がありますが、使い始めのうちはすっぴんに戻ると一重になってしまうという難点もあります。

●アイテープを使う


 アイテープは、片面に接着する半楕円形のものや、ファイバータイプなどさまざま。これをつければ手軽に二重を作れますが、意外とメイクでカバーするのが難しいです。パッと見はわからなくても、光の加減や目を閉じたときにバレやすく、自然に見せるには練習が必要になります。


 それなのに、なぜ使うのか? それは、クセ付けするためです。家でのんびりしているときにもアイテープで二重を作り、クセ付けをします。即効性は期待しにくいですが、根気強く続けていると二重になっていきます。


 私は、外出時につけまつげを、家ではアイテープを使うことで、いつの間にか二重になっていました。その期間は1か月くらいでしょうか。1年くらいかかったという知人もいるので、個人差があるかもしれません。


 アイテープを寝ている間につけるという方法もありますが、肌への負担が大きくなります。まぶたの皮膚は薄くデリケートなので、アイテープをはがすときにも注意が必要です。


 こうしてゲットした二重は、いまのところ定着しています。しかし、寝起きは一重になってしまうこともあり、完全とはいえないかもしれません。ただ、日中もアイプチを使う手間がなくなったので、楽だと感じています。


 また、クセ付けするときは、少なからず肌に負担がかかるのも事実。行う場合はアイケアも同時に行いましょう。



こんな苦労をしなくてもいい、生まれながらの二重がほしかった……。そう思うこともありますが、じつは加齢とともに二重になることは少なくありません。まぶたが痩せてたるむことで起きるので、単なる老化現象ともいえます。


 老化と思うとちょっと切ないのですが、二重になれたとポジティブにとらえる人もいるようです。年を重ねることも悪くないかもしれませんね。




(執筆・監修 元化粧品メーカー勤務・美容家 渡辺あきこ/OFFICE-SANGA)

●ディーアップ( D-UP) アイラッシュ RICH 805



細い束感で、目尻ボリュームタイプのつけまつげです。毛束感にこだわったインパクトアイを演出します。

Amazonで購入


●ワンダーアイリッドテープ  エクストラ 120本



ふたえクセをつけるふたえ整形テープです。やさしい使い心地で一日中強力キープ。

Amazonで購入