検索
ツヤ感アップに期待できる?メイクの仕上げ「化粧上地」って?

2018.11.08

ツヤ感アップに期待できる?メイクの仕上げ「化粧上地」って?


 化粧下地とは、ファンデーションを塗る前に使うアイテム。毛穴をカバーし、肌のトーンを整えるなどの効果がありますよね。それでは、「化粧上地」はどうでしょうか。メイクの仕上げに使う新たなアイテムが注目されているのです。

「化粧上地」って何?


 化粧水などで肌にツヤを与えたのに、ファンデーションを塗るとその質感が消えてしまう。だからといって、メイクの上からクリームなどを塗れば崩れてしまう……。


「化粧上地」とは、このような悩みに応えてくれるアイテムです。リップメイクでいえば、グロスのような存在とでもいいましょうか。ベースメイクの仕上げに使うことで、ツヤ感などをアップする効果があります。さらに、化粧崩れを防いだり、お直しに使えたりするという特徴も見逃せません。


 まだ新しいジャンルのため、「メイクの上から使える」ということ以外は、形状などもさまざま。定義されているわけではないので、ハイライトなども広義では化粧上地といえるでしょう。


 メイクの上から保湿できるアイテムは、これまでもスプレーやスティックなど、さまざまなものが販売されてきました。化粧上地がメイク用品として定番化すれば、こうしたアイテムもこのジャンルに組み込まれるかもしれませんね。

じわじわ増えつつある「化粧上地」

 現在では、資生堂がこの化粧上地をリードしていると感じています。PLAYLISTの「スキンテクスチャーヴェール」は、美容雑誌などでも注目のアイテム。ファンデーションの上から塗ってもヨレにくく、肌にツヤ感を与えると評判です。


 同じく資生堂のマジョリカマジョルカからも、「ワンダーフィクサー」という化粧上地ミスト(化粧水状おしろい)を販売。仕上げに吹きかけることでメイクを固定し、テカりを抑えて崩れにくくするのだとか。吸収力や被膜力に優れたカオリンが含まれているので、崩れ予防には効果がありそうです。


 ほかにも、ツヤ感を演出する部分用上地クリーム「LB ライトリフレクタークリーム」(アイケイ)など、メーカー側が「上地」という言葉を使うことが増えてきたように感じます。


 メイクで肌を魅力的に見せるのはもちろん、いかに長持ちさせるか――。女性の永遠のテーマであり、これを実現するアイテムを求めて、さまざまな化粧品を試すのではないでしょうか。


 大手が化粧上地に参入し、これが成功を収めると、次々と新しい商品が誕生する可能性が大きくなります。もしかしたら、すでに開発を進めているメーカーもあるかもしれません。来シーズンにはさらにアイテムが増えるのか、期待したいですね。


(執筆・監修 元化粧品メーカー勤務・美容家 渡辺あきこ/OFFICE-SANGA)

●【資生堂】プレイリスト スキンテクスチャーヴェール



シャンパンゴールドの輝きで、ラグジュアリーな上質肌に仕上げる化粧上地(うわじ)。メイクの上から使うことで肌をより生き生きと際立たせながら、よれ、くずれ、薄れがなく、つけたての仕上がりが長時間持続します。

Amazonで購入



●【マジョリカマジョルカ】ワンダーフィクサー



朝のメイクの最後に、上からシュッとふきかけると、ファンデーションだけでなく、チークなどのメイクまでぴたっとキープします。皮脂・テカリ・べたつきを抑え、肌をさらさらに保ちます。

Amazonで購入



●【LB】ライトリフレクタークリーム シルバーメタル


ベースメイクの最後に塗ることでうるおったツヤ感を演出。

ファンデーション前に塗ることで自然なツヤを引き出します。

Amazonで購入