検索
ミニサイズで持ち運びにも便利!荒れずに色づく口紅「Little MAC リップスティックツウィッグ」

2018.11.16

ミニサイズで持ち運びにも便利!荒れずに色づく口紅「Little MAC リップスティックツウィッグ」


巷にあふれる「潤い保湿」の文字。使ってみたけどそうでもないし、どれを使ったら本当に肌が潤うの?と悩む人も多いはず。


「そもそも、肌に合う成分や合わない成分ってどうやって見分けるの?肌にいい成分、肌に優しい成分……、一体どれが一番いいのー?!」


そんな断末魔の叫びが聞こえたような聞こえないような。


このシリーズは、肌育成スペシャリストの筆者が実際に使ったコスメを元に


「どの成分が気になったのか?」「何をいいと感じたのか?」というポイントも交えつつ、綺麗な肌をつくるために必要な知識や化粧品成分の豆知識をみんなで学んでいこう!というもの。


たくさんある美容についての疑問。その答えを見つけ出せるようなシリーズです。

メイクを完璧に仕上げてお出かけしても、いつの間にかリップが落ちていて何度も塗り直すということはありませんか?

かといって、「落ちない」と謳ったリップでは、乾燥が気になってケアに手間がかかることも…。

今回は「落ちない」リップの仕組みを解説しつつ、おすすめのリップや色落ちしにくくする方法を紹介します。

◇「落ちない」の仕組み

ティントリップはなかなか色落ちしない優秀コスメ。色落ちする・色落ちしないリップの違いって一体何なのでしょうか?


一般的には「顔料」と「染料」の違いが大きいといわれています。

通常のグロスは「顔料」という色の粉が油に混ざっていることが多く、唇に色の粉を乗せて色づけている状態です。そのため、カップなどに色移りするのです。


染料を使用したグロスは、色づけが液体なので唇の角層に浸透し色落ちしにくくなっています。しかし「取れにくいい」ことで肌荒れも起きがち。

ティント系リップを使うと唇がガサガサになってしまうという方もいらっしゃいます。


◇ティントでなくても色落ちしにくくする方法

ティントリップのように「なかなか取れない」ことは難しくても、「色落ちしにくく」することは普通の口紅などでもできます。

グロスだけだと配合油分も多いので、ポイントは「口紅」もしっかり使うこと。

グロスは油が多めで色の粉が少し。口紅は色の粉を油で固めたようなイメージです。

なので、口紅のほうがしっかり色が付きます。

口紅を塗ってからティッシュなどで余分な油をティッシュオフすることで、口紅の色移りを抑えることができます。

◇口紅は使い切るのが難しい

口紅って、塗っても塗っても減らない気がしませんか?気分やメイクによって口紅やグロスも変えると思います。1本だけを毎日使っているわけではないでしょうから、使い切るためには何か月も使い続けなければいけません。

だからこそ、ミニサイズのグロスや口紅があると嬉しいですよね。

◇唇に触れるからこそ、清潔に使いたい

唇は粘膜の一部ですし、食事と一緒にグロスを舐めてしまうなんてよくあること。

口に入れるものだからこそ清潔を保ちたいですし、なるべく新しいものを使って彩りたい!そんなときにとっても便利なのが、ミニサイズの口紅です。



●Little MAC リップスティック ツウィッグ  1,404円(税込み)



【配合成分】※主要成分のみ※


・ヒマシ油

顔料が均一に分散されるという効果も名高いヒマシ油。ほとんどがリシノール酸で構成されています。リシノール酸は抗菌作用もあり、肌荒れなどにも効果的といわれる脂肪酸です。


・クエン酸トリオクチルドデシル

ベタベタしにくい、軽い感触の油です


・キャンデリラロウ

硬さや艶を出すにはやっぱりロウが必要です。口紅には必須の成分です。



【おすすめポイント】

口紅を塗ると「しっかり顔」になる印象です。ついつい手軽なグロスを使いがちですが、やっぱり色落ちしにくい口紅を朝に塗ると、カラーが長持ちして便利です。化粧直しの時間が取れない日などに最適です。

しっかりしたメイクは大人の顔を演出してくれるので、初対面の方とお会いするときも欠かせません。

そして何より「ミニサイズ」がLittle MACの魅力。いろんなLittleシリーズがありますが、とくに口紅はお財布に優しい価格ということもあってついつい購入してしまうシリーズです。

【注意点】

口紅の劣化はとても分かりやすいです。「口紅が汗をかいた」といわれる発汗状態は、固めたはずの口紅の油が溶け出ている状態を指します。

暑くて汗をかいているわけではないので、発汗状態になったら使用を中止しましょう。また、発粉のように粉をふく場合も使用を控えてください。


唇は粘膜の一部なのでとても敏感な部分で、そこに塗布するのが口紅です。品質に変化が見られる場合は使用を中止するようにしましょう。メイク道具は腐ってしまうわけではないので、少しの変化なら「使えそう」と思って使用してしまうときもありますよね。

そんなときは「唇は粘膜」ということを思い出して、いつも以上に敏感になるようにしましょう。

もったいないけれど「変質したコスメは使わない」という習慣が、明日の美肌をつくります。

自宅やポーチ内での保存状態があまり良くないがために、コスメを変質させてしまう方にはミニサイズコスメがとってもおすすめです。


(社)日本爪肌美容検定協会代表理事/川上愛子

●Little MAC リップスティック ツウィッグ

公式サイトで購入