検索
肌・髪・爪のツヤに関わる栄養素「ビオチン」の働きとは?

2018.11.14

肌・髪・爪のツヤに関わる栄養素「ビオチン」の働きとは?


平均寿命が延びてきている近年、いつまでも健康で若くきれいに過ごすのに大切なことといえば、自分の体のリズムに合う規則正しい生活、食事、ストレスのない日々をおくること、そして適度な運動です。知識としてはご存知の方が多いと思いますが、実際に継続することはなかなか簡単ではありません。


でも、どうせ長生きするなら健康な方がいいし、きれいなほうがいい。できるだけ笑って過ごしたいと思いませんか?そのために必要なのは「正しい情報を知る」ということ。

正しい知識がないと、無駄なことを一生懸命やっていたり、無意味なことにお金をかけたりしてしまうかもしれません。

今回は、健康や美容のために知っておきたい知識のひとつで、肌や髪や爪に関わるビタミン「ビオチン」についてご紹介します。

◆ビオチンの働き


「ビオチン」はビタミンB群の一種で、別名ビタミンHやビタミン7と呼ばれる栄養素です。

健康な皮膚や髪、爪の生育に関わる栄養素であり、髪や爪の主成分であるケラチンを作るために必要なコラーゲンの生成を促したり、皮膚を作る細胞を活性化させて、肌表面の角質が生まれ変わる周期を正常にしたりします。コラーゲンは髪のツヤや太さのもとになりますし、ビオチンが不足すると白髪の原因になることも分かっています。ほかにも、髪がパサパサしたり抜け毛が増えたり、爪が割れやすくなるなど目に見える変化としてあらわれたらビオチンが不足しているのかもしれません。


人が、体内にある酵素を使って食べ物を消化し、エネルギーとして使われる形に変化させることを代謝といいますが、ビオチンは酵素の働きを助ける役割も担っているので、不足すると酵素がうまく働かず代謝に影響が出てしまい病気のリスクを高めることにもつながります。美と健康を考える時には積極的に取りたい栄養素といえるでしょう。

◆毒性や安全性について

ビオチンは水溶性で熱に弱く、多く摂取しても尿として体外に排出されてしまう性質があります。現在過剰症や副作用などの報告はなく、ビオチン療法というものも存在するほどで、ビオチンには肌の機能を整えアトピー性皮膚炎の原因を減らしてくれる働きがあることがわかっています。


妊娠期間中にはビオチンが欠乏すると胎児の発育に影響を及ぼすという報告があり、女性は妊娠期間中や授乳中も、そして生まれたあかちゃんにも必要な栄養素です。ビオチンは食べ物から摂取する以外に、腸内でも合成してつくられるので極端に欠乏することは考えにくいものの、必要量に満たないことで不調や異常をきたすことがあります。

食べ物で気をつける必要があるのは生卵です。生の卵白にふくまれるアビジンという物質がビオチンと結合してしまうと、腸で吸収される形にならずに体外に排出されてしまうので注意が必要です。

卵かけごはんを食べる習慣のある方はビオチンが不足しているかもしれません。

◆ネイリストサプリやマツイクサプリにも配合


ビオチンが多く含まれる食べ物の代表にレバーや小麦胚芽、卵黄などがあります。毎日一定量をとり続けるのが難しい場合にはサプリで補うこともできます。ネイリストサプリやマツイクサプリなどのビオチン高配合の商品があるうえ、一緒に補うことで栄養素の吸収率を高めるなど、相乗効果をもたらす品目がギュッと凝縮されているのでとても手軽です。ビオチンの働きから見ても爪を丈夫にしたり、地まつ毛を抜けにくくする効果に期待できそうです。


サプリメントで補うなら効果が出やすいように摂取したいもの。空腹時にいきなり飲んだら胃酸に負けてしまうこともあるし、水以外の飲み物で飲むことで体の中で吸収されずに尿として排出されてしまってはもったいないですね。特に爪や髪は明日突然生え変わるわけではないので、薬のような即効性とは違うことを理解して、続けていく忍耐力も必要ですね。

◆おわりに

日々の食事からつくられている私たちの体は、一朝一夕で美や健康を手に入れることはできません。

必要な知識を得たら、できることから実行してみることが美と健康を保つためには不可欠です。

正しい情報を知り得たら、できるだけ継続し続けたいもの。困難であれば完璧を目指さず、妥協を許すことも時には必要だと思います。

たまにはご褒美dayをつくったり、お酒を楽しんでみたり。適度に息抜きしながらの方が長く細く継続できることもあります。


目先の結果や数字にとらわれるのではなく、気づいたら健康になっている、気づいたら自分で体型をキープできるようになっている…というような、続けることを目標にしたらついてきた結果に、美と健康の秘訣が隠されているのではないでしょうか。



(ANSEM爪肌育成マエストロ・日本ネイリスト協会本部認定講師/木下 ゆみ)