検索
リウマチの原因は?予防は可能?進行するとどんな症状が現れる?

2018.11.16

リウマチの原因は?予防は可能?進行するとどんな症状が現れる?


リウマチは高齢者がかかりやすい病気というイメージを持っている人も多いかもしれません。しかし実は、30代女性患者も多いのだとか。では、リウマチになったらどんな症状が現れるのでしょうか。数多くのリウマチ患者の治療に携わってきた、みらいクリニック院長・今井一彰先生に教えてもらいました。

取材協力・監修



みらいクリニック 院長

今井一彰先生


平成7年、山口大学医学部卒業、同大学救急医学講座入局。福岡徳洲会病院麻酔科、飯塚病院漢方診療科医長、山口大学総合診療部助手などを経て、H18年、福岡市博多区にみらいクリニックを開業。関節リウマチ治療の際に口呼吸問題に気付き、口呼吸防止の啓発のため、診療の傍ら全国で講演をおこなう。


▼プロフィール詳細はこちら

https://mycarat.jp/experts/313



▼みらいクリニック 

http://mirai-iryou.com

解明されていない「リウマチ」。予防にはオーラルケアや生活習慣の改善を

―リウマチの原因を教えてください。


今井先生:実はまだはっきりとはわかっていません。さまざまな原因が関係しています。遺伝的な素因のほかに、歯周病、慢性扁桃炎などの微生物感染、腸内細菌叢の乱れ、ストレス、喫煙、出産、肥満などが挙げられます。昔から、歯科疾患と関節リウマチは関係があるとされていて、虫歯や歯根部の慢性炎症が発症の引き金になることもあります。


―リウマチの予防法はありますか?


今井先生:原因不明のためはっきりとした予防法が存在しないのが現実です。ただし、上に挙げた歯周病などを防ぐためのオーラルケア、ストレスを避ける生活など生活習慣を整えていくことが望まれます。最近では、腸内環境の悪化が関節リウマチを引き起こすという報告もあるため、便秘などの予防のため、食物繊維の積極的な摂取も望まれます。


―リウマチは女性のほうがかかりやすいというのは本当でしょうか?また、それはなぜですか?


今井先生:女性ホルモンが関係しているといわれていますが、実際のところはよくわかっていません。リウマチは人口の約1%に発症するといわれ、女性の方が多く罹患します。男女比は1:5で、30代~40代の若い女性に発症することが多いといわれています。出産後に発症する場合もあります。妊娠中はリウマチの症状が抑えられたり発症しにくかったりするのですが、出産後に悪化することや、産後まもなくして発症することがあります。これも女性ホルモンが関係しているといわれますが実際のところはよくわかっていません。遺伝的な素因もありますが、やはり多因子が絡んでいます。炎症を繰り返す体質、性質の方は要注意です。例えば副鼻腔炎や歯周炎、扁桃炎などの繰り返す炎症はリスクをあげてしまうといえます。


―リウマチを患うとどんな症状が現れますか?


今井先生:朝起床時の手の強ばりや痛みや、肘や膝、肩など大きな関節の痛みや動かしにくさなどが生じます。


初期から関節が腫れてくることは少なく、初期症状としては、動かしにくさ、むくみ、筋力低下などが挙げられます。また、微熱や体重減少などの症状が出ることもあります。なんとなく関節が強ばる、朝起きたときに浮腫んで動かしにくいなどの症状があれば受診をすすめます。ただ、初期には血液、画像検査には出ないことがありますから、1度陰性であっても症状が続くようであれば期間を空けて再度検査するのがよいです。


―ステージが進むとどんな症状が現れますか?


今井先生:リウマチの変化は、「不可逆性」といって1度起こると元に戻りません。関節の破壊により腫脹、痛みから拘縮、亜脱臼、腱断裂などが起こります。関節が固まってしまった状態になると動かすことが困難になるため、服薬治療だけではなく人工関節などの外科手術が行われることもあります。その他、皮膚に結節ができたり、血管の炎症を併発したりすることがあります。


―ありがとうございました。


原因に関してまだまだわからないことがあるため、100%予防することは難しそうですが、原因として考えられる因子を少しでも減らすことは可能なのでは? 虫歯や便秘などの気になる症状がある人は、今のうちにぜひ改善に努めましょう。




(取材・文/松本玲子)