~あらすじ~

むかーしむかーし、あるところに、ポツポツ・黒ずみ・いちご鼻などの「毛穴悩み」の呪縛にかかってしまった読者のみなさんがおったとか…。


マイカラット編集部のマス山は(同じく毛穴に悩んでいる)そんなみなさん(と自分)のため、美容コーディネーターの高橋果内子さんに助けを求めました。



「果内子さん果内子さん!

きちんとクレンジングしても、毛穴パックをしても、ニュルッと出してみても、ど~しても毛穴が気になるのは、なんでなんすか?」



「胸に手を当てて考えてみてください。

毛穴の悩みは尽きないものですが今あなたがしているケア、胸を張って正しい!と言えますか?

もう半分自分でもわかってるはず、間違ったケアのせいですよ。」



「いや、わ、わ、わかってますよそんなの…ニュルッと出したらいけないとか知ってますよ?デモデモダッテ…」



「…」



「…」

(黙れば共感してくれると思っているゆとり世代)




「そんなケア、続ければ続けるほど、毛穴のつまりが年々深刻化するんですよ。ほら、私と一緒に『毛穴のプロ』のところへ行ってみましょう。」



答えを教えてもらえると思いきや、思わぬ打撃を受けてちょっと悲しくなったマス山。

果内子さんという強力な味方と一緒に毛穴ケア専門店『ポアレスラボ』表参道店へ足を運び、プロのケアを間近で見て学ぶことになるのであった。

取材協力・監修

美容コーディネーター、コラムニスト:高橋果内子さん


過去のモデル経験、多数の美容資格取得の経験から幅広いジャンルの美容情報に精通。「一般社団法人 地域復興 美と笑顔を繋ぐ会」 の代表も務め、美容家仲間たちと美にまつわる活動を通じてボランティア活動も行っている。

毛穴ケア専門店『ポアレスラボ』表参道店店長:吉井朋子さん


まったく毛穴が見えないほどの美肌の持ち主。これまで多くのお客さまの毛穴悩みをサポートしてきた知識と技術をもとに、スタッフの指導も行なう毛穴の専門家。

■「毛穴の汚れ」って何者?


「もともと毛穴は何も詰まっていない状態が正常なんです。」



「えっ?毛穴汚れが気にならなかったことが無いんですけど…」




「毛穴の周りは角質に覆われていて、皮膚の状態によって角質が溜まりやすく、毛穴トラブルを引き起こします。


毛穴トラブルは人それぞれ違って、


① 多量に出続ける皮脂が原因の「脂性毛穴」

② 角栓が白く目立つ「詰まり毛穴」

③ 乾燥して毛穴が目立つ「乾燥毛穴」

④ エイジングによって毛穴のたるみが目立ってくる「たるみ毛穴」


この4つが代表的なトラブルです。

ひと言で「毛穴トラブル」と言っても、原因も状態も様々なんですよ。」


■毛穴が詰まっているデメリット


「毛穴が詰まっているとどんなデメリットがあると思いますか?」



「うーん。まず、見た目が汚いです(笑)。あと、メイク崩れが激しくなるような気がします。」



「見た目が(笑)。そうですね。毛穴汚れや毛穴トラブルがあると肌がくすんで見えたり、老けた印象になりがちです。

美肌の道は正しい洗顔と毛穴ケアから始まると言っても過言ではないんです。」



「確かに、多くの女性が最初に気になる肌悩みは、ニキビに代表される通り毛穴関連だと思います。」



「毛穴が詰まっていると、見た目だけではなく、スキンケア効果にも影響が出てきますよ。


毛穴が詰まっていると、化粧品に配合されている美容成分がお肌内部にまで届きにくく、逆に毛穴汚れがスッキリしていると、浸透しやすい状態になっているのです。

後者の方がスキンケア効果がよりアップすると言われているんですよ。」


(毛穴汚れがスッキリしていると、化粧品に配合されている美容成分浸透しやすい)

「しっかり毛穴ケアしないと、いくらスキンケアを頑張っても効果半減…なんてこともあり得るってことですね。今まで以上に気合いが入ります!」



「わ、わたしは1から頑張ります…。」


■乾燥と皮脂の関係性


「おふたりは、お肌が乾燥しているのに小鼻のまわりだけテカっているなんてこと、ありませんか?」



「顔全体は乾燥を感じるのに、Tゾーンや鼻先がテカることはあります。

さすがにあぶらとり紙が必要なほど脂は出ませんが。」



「私、よくあります…めっちゃテカってます。」



「お肌を良い状態でキープするためには、肌内部の水分と油分のバランスが重要ポイントです。


脂が出てテカるからと言って洗浄力の高すぎる洗顔料などでさっぱりさせてしまうと、肌の水分量が低下して乾燥を引き起こすため、皮脂が過剰に分泌されてしまい余計に脂っぽい肌になる、という悪循環にハマってしまうんです。」



「読者のみなさんには多い悩みかも知れませんね。」



「テカリが気になるときは、しっかり洗ってさっぱりさせた方が良いと思ってました!!」



「皮脂は『肌のバリア機能』という大事な役割を持っているもの。出すぎも気になりますが、必要な皮脂がちゃんと出せるように、毛穴ケアだけではなくお顔全体のスキンケアもぜひ見直してみてください。」


(皮脂は肌のバリア機能という大事な役割を持っている!)

■毛穴ケアは地道に


「私、むかーし、毛穴が気になると、はがすタイプのシートパックで毛穴汚れをごっそり取ったことがあるんですけど、ねぇ?マス山さん。」



「…」



「…その後、どうされました?」



「その頃はあまり美容に詳しくなかったので、普通に化粧水をして終わりました、ねぇ?マス山さん。」



「…」


「汚れを取り除いた毛穴は、ぽっかりと穴のあいたクレーターのような状態になっているんです。

正しいアフターケアをしないと、ぽっかり空いた毛穴に汚れが蓄積してしまって、余計に小鼻の黒ずみが気になってしまう、なんてことになりかねません。」



「確かに、ぽっかり空いた毛穴が逆に気になっていました。いつまでぽっかり空いているんだろうって(笑)

その後余計に毛穴に汚れが詰まってしまう結果になっていたんですね。正しいアフターケアを知らないと、元の木阿弥ですね。」



「うるおいをたっぷり与えてあげれば、キレイになった毛穴のまわりがふっくらして毛穴の開きが目立たなくなってきますよ。」



「角栓を取ったら、しっかり保湿、ですね。」



「小鼻の黒ずみが気になる人は、汚れをごっそり取りたいと思うのですが、実は一度にごっそり取ってしまうのはやめた方がいいんです。」



「えっ?そうなんですか??」



「先ほども言ったように、毛穴の汚れを取った後の毛穴はいきなり引き締まってくれないんです。

『サロンに来たんだから、一度でごっそりキレイにしたい』というご要望はお客様にも多いのですが、徐々に解消するような方法をサロンではご提案しています。」



「そのさじ加減はプロのなせる技、ってことですね。」



「シートタイプでごっそり汚れを取る、ってお話が出ましたが、はがすタイプのものを使ったとき、終わった後のお肌はどんな状態でしたか?」



「毛穴汚れというか角栓がすっきり取れて、シートにニョロニョロしたものが付いていました。」



「あれは芸術です。いつまででも眺めていられます。」



「シートの上の角栓、つい見ちゃいますよね(笑)

でも見て欲しいのはニョロニョロとした取れた角栓ではなく、鼻の皮膚状態です。ちょっと赤くなっていたりしませんでしたか?」



「あー。確かにうっすらと赤くなっていたような気がします。」



「赤くなると言うことは、皮膚に過剰な刺激があったということです。

刺激を与えてしまうと炎症を起こしやすい状態になって、毛穴汚れではない違う毛穴トラブルを引き起こす可能性が高くなるんですよ。

だから、毛穴汚れは一気にキレイにしようとするのは避けることがポイントです。」


■プロの毛穴ケアを体験!

今回プロの正しいケアをマス山含め、読者のみなさんに知ってもらうため、果内子さんには夏の一番人気・季節限定コース「ブライトアップ トリートメント」を体験してもらいました。

ここからは、果内子さんの毛穴汚れがケアされていく様子を羨望の眼差しで見続けることになります。


早速、カウンセリングがスタート。50倍カメラで毛穴をチェックしながら、状態を確認します。

このカメラは肌表面だけではなく、肌内部の状態も見ることができて、毛穴が今後どんな状態になりそうか予測できます。


「果内子さん、花粉症ですか?」



「はい。どうして分かったんですか?」



「花粉症の方はティッシュで鼻をかむ回数が多いですよね。果内子さんの小鼻周りの皮膚が乾燥しているように見えたので、もしかしたら…と思いました。」



「なるほど~。」



「私は日頃のスキンケアには気をつけている方ですが、『ポアレスラボ』サロンに来て、50倍カメラで自分の毛穴を直視する度に『私のケアってまだまだだなぁ・・・』と思っちゃいます」



「普段から50倍とかで見ませんからね。お肌を“面”で見るとキレイに見える人でも、毛穴一つ一つを“点”で見るとトラブルがある人が多いですね」



「わたしの毛穴は見ないでいいですからね。」


(禁断の毛穴フォーカス)

***

次回は、実際に行われたプロの施術と、家でもできる簡単ケアポイントを紹介します!


(取材・文 マス山)