検索
「ふたりで一緒に!」がトレンド!イマドキ夫婦の妊活意識を徹底調査

2017.09.04

「ふたりで一緒に!」がトレンド!イマドキ夫婦の妊活意識を徹底調査


第一子出産の平均年齢が上昇を続けている近年。2016年の第一子出産年齢は平均30.7歳です。日清食品株式会社は、第一子妊活中の30代男女200人への意識調査を実施。少子化が叫ばれて久しいなか、イマドキ夫婦の妊活意識はどのようになっているのでしょうか。


【図1】Q.あなたは子どもを授かるかどうか、不安はありますか。

まず、「あなたは子どもを授かるかどうか、不安はありますか」という質問に対し、女性の95%、男性の87%が「不安がある」と答えました。初婚年齢の上昇も、不安に影響を与えているのかもしれませんね。


【図2】Q.あなたは子どもを授かるために、妊活は必要だと思いますか。

妊活については、女性の97%、男性の91%が「必要だと思う」と回答。妊娠への不安とともに、妊活への意識も高まっていると考えられます。また、男性が妊活の必要性を認識しているのも大きな特徴です。


【図3】Q.どんな成分が妊活に必要だと思いますか。(複数回答)
女性(n=77)/男性(n=50)
※質問対象:妊活に役立つサプリメントの摂取経験、または摂取意向がある人

そして、「どんな成分が妊活に必要だと思いますか」という質問に対しては、女性は1位から「葉酸」「鉄分」「亜鉛」「マカ」という並びに。男性も「亜鉛」「マカ」「葉酸」「鉄分」と、順番は変わっても必要だと思うものは変わらないことが分かりました。


【図4】Q.あなたは以下のことを知っていますか。
女性(n=100)/男性(n=100)

しかし、「葉酸」はDNAが作られるときや精子を作るときに役立つ栄養分であることや、「亜鉛」が胎児の細胞分裂に大きくかかわる栄養素だということを知っている男女はそれほど多くありませんでした。表面的な知識だけでなく、詳しく正確な情報もキャッチするように心がけましょう。


【図5】Q.あなたは、妊活に役立つサプリメントを摂取していますか。

厚生労働省の定めた「日本人の食事摂取基準(2015年版)」では、妊活・妊娠中の女性には葉酸をサプリメントで摂ることを推奨しています。しかし、「妊活に役立つサプリメントを摂取していますか」という質問に「今、摂取している」と答えた女性は48%にとどまりました。

【図6】Q.あなたが妊活に関連してやりたいことを教えてください。(複数回答)
女性(n=100)

「あなたが妊活に関連してやりたいことを教えてください」という質問には、83%の女性が「毎日、男女共用で使えるサプリメントを一緒に摂る」、75%が「毎日、女性向けのサプリメントを一人で飲む」と回答しています。サプリメントに興味のある女性は多いようです。


ほかにも、「妊娠可能性が高い日には、飲み会などの予定を断る」(78%)、「毎日、基礎体温をつけて排卵日を確認する」(67%)などが女性のやりたいこととしてあげられました。


【図7】Q.あなたは、妊活に役立つサプリメントを摂取していますか。
【図8】Q.あなたが妊活に関連してやりたいことを教えてください。(複数回答)
男性(n=100)

一方、男性への「妊活に役立つサプリメントを摂取していますか」という質問に対する「今、摂取している」という回答はわずか10%でした。


サプリメントへの関心自体は女性と同じく高いようで、「妊活に関連してやりたいこと」の1位である「妊娠可能性が高い日には、飲み会などの予定を断る」(69%)の次に、「毎日、男女共用で使えるサプリメントを一緒に摂る」(67%)、「毎日、男性向けのサプリメントを一人で飲む」(63%)と、サプリメントの服用についての回答が続いています。


男女ともに、サプリメントは「男女共用で使えるものを一緒に摂る」ことを希望している人が多いですね。



「ふたりで一緒に妊活したい」という気持ちが強いということが分かった今回の調査。妊活をはじめる前に、まずはふたりで十分に話し合って、夫婦一緒にできる毎日の妊活習慣について考えられると良いですね。

【調査概要】

調査主体:日清食品株式会社

調査対象:全国の第一子妊活中の30代既婚男女各100名、計200名

調査方法:インターネット調査

調査時期:2017年3月17日(金)~23日(木)