検索
く、くさっ!「頭皮のにおい」対策にヘッドスパセラピストの手を借りたらどーなった!?

2017.09.18

く、くさっ!「頭皮のにおい」対策にヘッドスパセラピストの手を借りたらどーなった!?


~あらすじ~


むかーしむかし、あるところに、「頭皮のにおい」に悩んでいる読者のみなさんがおったとか…。

しっかり髪を洗ったつもりでも、翌朝にはベトベト…ふわっとなびいた髪から独特のにおいが漂ってきてショック…なんて経験をしたことがある方も。


マイカラット編集部のマス山は、そんなみなさんのため、美容コーディネーター果内子さんに助けを求めました。



「果内子さん!

実は頭皮のにおいやかゆみ、べたつきに悩んでいる読者の方が多いんですって!


たしかに、枕についたにおいに自分でドン引きすることもありますよね。」



「そうですね~。頭や髪は特に、外見上目立つパーツなので悩みごとも深まりますよね。

若いときに間違ったケアをしてしまうと、のちのち痛い目に遭うかもしれませんよ。」




「…(こわい)」


「…マス山さん、ケア、ちゃんとしてます?」




「…(してない)」




「マス山さん!そんなに落ち込まないで(笑)。

せっかくなので、『頭皮のプロ』のところへ行って、基本的なことから学んできましょう!」



今回も簡単には答えを教えてもらえなかったマス山。


果内子さんに連れられて、ニューヨークのサロンで誕生した実力派オーガニックケアブランド『ジョンマスターオーガニック』のサロン「john masters organics TOKYO」へ足を運び、プロのケアを間近で見ながらケアについて勉強することになったのであった。


取材協力



美容コーディネーター、コラムニスト:高橋果内子さん


過去のモデル経験、多数の美容資格取得の経験から幅広いジャンルの美容情報に精通。「一般社団法人 地域復興 美と笑顔を繋ぐ会」 の代表も務め、美容家仲間たちと美にまつわる活動を通じてボランティア活動も行っている。

取材協力・監修



「john masters organics TOKYO」ヘッドセラピスト:山根亜衣さん


好きな食べ物はタッカンマリ、趣味は旅行です。ヘッドセラピストとして体幹を鍛えて体力づくりにも励んでいます。

さっそく訪問!

なんともおしゃれでセレブっぽい店内に、テンションが上がります。


■頭皮の汚れの正体は?


「高橋さん、マス山さん、こんにちは。

今日は、ケアを通じて『頭皮のにおい』などのお悩にアドバイスしていければと思います」



「た、たのもしい…!」



「ぶっちゃけ、頭皮って自分じゃ観察できないし、あまり気にしてません」



「そりゃそうですよね (笑)。

サロンに来店くださるお客様もご自身で普段から気を配っている人は少ないんです。


でも、においはもちろん、髪の状態も毛穴の影響を受けやすいもの。頭皮の毛穴をしっかりケアすることが重要なんです。

200倍スコープカメラで高橋さんの頭皮の状態を確認しながら、ご説明しますね」

200倍スコープカメラ登場!


毛穴の根元部分がじゅくじゅくとしているの、分かりますか?これはシャンプーの際、落ちきれなかった汚れです」





「うっ。ゼリーみたいな白っぽい汚れが溜まってますね…!」



「シャンプーや皮脂などの油分が残って酸化すると、ゼリー状になるのです。

これが毛穴に詰まると、頭皮から出る汗や、排出されるべき汚れが溜まり、においやべたつきの原因になります。」




「…(苦笑)」


「高橋さん、そんなに落ち込まないでください!高橋さんの頭皮はきれいなほうだと思いますよ。」




「おお!それは嬉しい!」


■顔が乾けば、頭皮も乾く


「高橋さん、マス山さん、頭皮とお顔って、皮一枚でつながっているんですよ。」




「(当たり前じゃん…)」


「当たり前のことのようにも思えますが、なかなかみなさん意識できていないものです。


お顔がべたついたり乾燥したりしているときは、頭皮も同じ状態です。でも、お顔は季節ごとにスキンケアラインを変える人がいますが、シャンプーは年中同じという人が多いですよね。


においやべたつきとは逆に、かゆみやフケなどが出てきたときは頭皮が乾燥している状態。お肌と同じように保湿を意識してください」



「なるほど~。私、一年中同じアイテムをリピートしてました…。」


「男性の場合、女性の倍以上も皮脂分泌をするのでギラッとしやすいのですが、男女問わず肌がべたつきやすい人は頭皮もべたつきやすいもの。


また、すっきり洗えるタイプのシャンプーが好きな方は、必要以上に頭皮の脂が取れてしまっている場合があります。それを補おうと、余計に脂が出てきてしまう場合もあるのです」



「頭皮の脂はあったほうがいいんですか?」



「顔はメイクで保護されていますが、頭皮は保護するものがないので取りすぎ注意です。」



「お肌は鏡越しに自分で見て状態が分かるんですが、頭皮状態を自分で判断するにはどうしたらいいんでしょうか?」



「脂取り紙を使うのが分かりやすいですよ。汗をかいているとき以外のタイミングで頭頂部、側頭部、後頭部の3箇所をチェック。脂が出ていなければ乾燥している状態です。逆に、触れたとき指に脂がつく場合は皮脂過剰です。」

■普段はあまり気にならない頭皮のお話


「毛根から太い毛と細い毛が出ていますが、この細いほうも髪ですか?」



「そうです。髪の生えるサイクルは毛ごとに異なるので、細いほうは最近生えてきた新しい毛です。

将来的にはどちらも同じくらいの太さになりますよ。」




「よーく見ると…ん!?毛が2本!?」



「はい、髪は『ひとつの毛穴につき1本』というわけではないんですよ。平均して2~3本、同じ毛穴から生えていることが多いんです。


毛穴も等間隔をイメージしている方が多いかもしれませんが、バラバラに点在しています。」



きっととんでもない状態だとは思いますが、わたしも見てもらいたいです。怖いもの見たさ」


■いよいよケアです


「続いて、ヘッドスパの内容をご紹介しますね。


今日は、デコルテマッサージを含んだコースで、メイクの上からお顔のマッサージもさせていただきます。最初にオイルマッサージをして頭皮マッサージをしていきます。」



「えっ?頭皮をオイルでマッサージするんですか??」


「はい。お顔のクレンジングと同じでオイルを使うと汚れが落ち、お肌も柔らかくなりますよ。


先ほど確認した高橋さんの頭皮状況から、今日はオイルクレンジングの後、血行促進効果が高いと言われているスペアミント系のシャンプー「S&Mスキャルプシャンプー」で頭皮をほぐしながらシャンプーし、高保湿タイプのコンディショナー「H&Hヘアリコンストラクター」で毛髪表面に膜を作って、湿気から髪を守るケアをしたいと思います。


では、最初にデコルテのマッサージをさせていただきます。」



「どうしていきなり頭皮マッサージをしないんですか?」


「首の付け根や首筋、背骨あたりに疲れがたまっていることがあり、リンパの流れが悪いと頭皮マッサージの効果が半減してしまうんです。



高橋さん、めちゃくちゃ凝ってますね(苦笑)。」


「そうなんです。パソコンの前に座っている時間が長いので、最近肩凝りだけでなく、腰痛もひどくて…」


「肩が凝っていると頭皮の毛穴ってつまりやすいんですか?」



「肩凝りは直接的な原因ではありませんが、凝ってくるとリンパの流れが悪くなったり血行不良になったり。それが頭皮の凝りや首の疲れなどにつながってくることはあります。」


「ジョンマスターオーガニックのヘッドスパ、手技のポイントはなんですか?」



「指圧とツボ押しがメインで、リンパの流れを良くして老廃物を流すようなトリートメントになっています。

何もしなければ重力や疲れで皮膚がたるみやすいので、疲れをほぐして本来の位置に戻してあげるようなイメージです。」



「戻せるものなら、しっかり戻したいです(笑)」



「基本的な流れは同じですが、体調や状況を伺って、使うアイテムを細かくカスタマイズしています。ちなみに当サロンのお客様は全体の3割くらいが男性なんですよ」


「ジョンマスターオーガニックのヘアサロンに通っている男子って、それだけでイケメン!



「それを得意気に自慢されたら、ちょっと嫌だけどね」


■頭皮の汚れはオイルクレンジングが効果的


「頭皮マッサージには、100%オーガニックのアルガンオイル「ARオイル」使っていきます。」



「ちなみに、オイルクレンジングって毎日やってもいいんですか?」



「問題はないですが、頭皮の汚れは一日で溜まるものでもありません。多くても週に一度クレンジングしていただければ十分です。」



「気持ちよさそう…前回の取材に引き続き、今回もお預けなの結構キツい」


この後、ツボ押しやドライ・ブローを経て、ヘッドスパコースは終了です。

■ヘッドスパを終えて。頭皮の状態はいったい!?

200倍スコープカメラで頭皮の状態を見てみると…



「頭皮の状態が、最初とだいぶ違いますね!!」



「毛穴のつまりがきれいになって、毛穴の輪郭がハッキリしてますね。

あと、頭皮の艶っぽさ、頭皮の透明感が出ています。」



「ほんとだ!頭皮が透けてるー!!」



「頭皮の色が青白くなっているので、状態が良くなっているといえるでしょう。


通常の毛穴は、このように溝になっているもの。どうしてもヘコんでいるところに汚れや皮脂が溜まりやすく、においの元となってしまうので、定期的な頭皮クレンジングがおすすめです」


■リフレッシュケアとしてのヘッドスパ


「ここ、とっても居心地がいいのですが、みなさんはどういった悩みを抱えてサロンに来店されるるのですか?」



「『疲れているから、リラックスしたい』ですかね」



「えっ?『頭皮のにおいが気になる』とかじゃないんですか?」



「実際のところ、頭皮や毛髪の悩みで来店する人は少ないんです。


頭皮の状態はご自身で確認することができないので『頭皮のお悩み』を具体的に意識している人が少ないんだと思います。

強いていえば、毛先のパサつきが気になる、という方が多いでしょうか。それでも、カメラで見てみると、頭皮はベタついていた、なんてことも。やはり頭皮環境への意識はまだまだのようですね」



「私はさまざまなサロンに取材に出向くので、プロの施術を受けるのは慣れているのですが、まだまだ一般的ではないかもしれませんね。


でも、『髪は女の命』なんていうこともありますよね。それくらい、大切なパーツなんです。日頃からきちんとケアすることで頭皮のにおい解消にもつながりますので、ぜひもっと多くの人にヘッドスパを受けてもらいたいです!」



「最近は『テレビや雑誌で見た』という理由で来店くださる方も増えて、嬉しいです。

頭皮の毛穴も顔と同じで汚れが詰まるとたるむ。毛穴がたるんで肥大してくると皮膚が伸びて全体がたるむ。ひいては老け顔になってしまうかもしれません…。


頭皮クレンジングの良さを、もっともっと広めたいですね」



これまで、「頭皮ケアなんて気にしたことない!」なんて思ったアナタ!美髪の道も一歩から。山根さんからのアドバイスを元に、においの気にならない頭皮を手に入れましょう!

■次回!髪のプロに質問攻め!

「シャンプーって何に気をつければいいの?」「話題のノンシリコンシャンプーって実際どう?」「坊主にしたらクセ毛が治るって本当?」など、山根さんに質問攻め。

みなさんの疑問も解決できちゃうかも…!?


(取材・文 マス山)