検索
「痔」だけじゃない!血便の原因って?

2017.09.15

「痔」だけじゃない!血便の原因って?


健康診断の検査項目に便潜血検査が含まれていることもあるように、健康について「便」から分かることはいろいろあります。なかでも、明らかに異常を疑うのは「血便」でしょう。「便に血が混ざっている」のは、いったい何が原因なのでしょうか。今回は血便の原因について解説します。

記事監修

古川真依子先生


消化器内科医。2003年東京女子医科大学卒業後、東京女子医科大学病院附属青山病院消化器内科医療錬士として関連病院等に出向。2008年に帰局後助教として勤務。2013年より東京ミッドタウンクリニック勤務。女医+(じょいぷらす)所属。

 

▼東京ミッドタウンクリニック

http://www.tokyomidtown-mc.jp/

■血便の見分け方

「血便」と一概にいっても、真っ赤な鮮血が混じっているのか、それとも炭のような黒い血が混ざっているのかで、疑われる病気は違います。まず、肛門から血液成分が排出される状態を「下血」といいます。そのうち、鮮血(真っ赤な血)が混ざった便は「血便」、黒い血、炭のような色の血の便は「黒色便」、あるいは「タール便」と呼びます。

  • 鮮血が混じった便(血便)場合

便が排出される直前で血が混ざった事を示唆します。腹痛等の症状を伴わない場合は「痔(ヂ)」の可能性が一番高いです。

  • 炭のような黒い血(タール便)が混じった場合

上部消化管(食道、胃、十二指腸)からの出血が疑われます。食べ物が通過する過程のどこかで出血があった場合、便として排出されるまでに血が酸化して黒くなるため、黒色の便になるのです。


真っ赤な血が混ざる便の原因の多くは「痔」です。血便が出た場合には、肛門科、あるいは泌尿器科の専門医を受診するようにしましょう。しかし、同じ血便でも「痔」ではない場合もあり得ます。それはどのような場合でしょうか?

■「痔」ではない場合の血便の原因

腹痛を伴ったり、血液だけが排出される場合は、肛門から遠いところ(口側)からの出血の可能性があります。この場合には以下のような原因が考えられます。

  • 大腸炎

大腸が炎症を起こす病気です。大腸炎にはさまざまなものがありますが、血便を生じさせる代表的な病気を挙げます。


・潰瘍性大腸炎、クローン病

大腸の粘膜にびらん、潰瘍ができ、そのため下痢と血便が出るという症状が現れます。便には粘液状のものが混じることがあります。20歳代で発症することが多く、発症の原因は不明で、難病指定されています。


・虚血性大腸炎

何らかの原因、たとえば動脈の詰まりや狭窄(きょうさく)が原因で血流が断たれ、大腸の組織が損傷して起こる病気です。血液障害によって大腸の粘膜に浮腫、びらん、潰瘍などができ、血便が出ます。また、腹痛を伴う場合が多いです。


・出血性大腸炎

大腸菌などが大腸に感染して毒素を発生し、それが原因で大腸の粘膜が炎症を起こす病気です。重症化すると毒素が血流に乗って運ばれ、腎臓などほかの臓器に損傷を与えることがあります。血便と下痢が症状として現れます。


・偽膜性大腸炎

「クロストリジウム・ディフィシル腸炎」ともいわれます。抗生物質の投与によって、大腸内の善玉菌・悪玉菌のバランスが崩れ、悪玉菌、また普段なら抑えられている菌が異常増殖して毒性物質を生成し、それが原因で大腸の粘膜が損傷します。これによって血便が現れることがあります。


・大腸憩室(けいしつ)出血

大腸の一部が外側に袋状に飛び出して、(大腸の内側から見ると)くぼみのような部屋ができます。これが「憩室」と呼ばれるものですが、憩室の粘膜が弱くなり、出血し血便を引き起こしますことがあります。炎症を伴う場合は腹痛や発熱もみられますが無症状の場合も多いです。


  • 大腸がん(結腸がん・直腸がん)

大腸がんは「結腸がん」と「直腸がん」に分かれます。大腸がんは初期には自覚症状がありませんが、進行すると血便が出ることがあります。がんの場所により鮮血、タール便いずれの場合もありえます。また、血便と同時に便が細くなる、軟便になるという症状もおこります。

  • 大腸ポリープ

大腸にできるいぼのようなものです。主に腺腫性ポリープは、放置しておく成長し血便の原因となり、大腸がんなることもあります。

ポリープが発見された場合は内視鏡で生検や切除を行います。また、切除の必要ないポリープもあります。


上記のとおり、目で見てはっきりと赤い血が混ざっている場合には、痔でなければいずれも積極的治療が必要な大腸の病気が疑われます。目で見て分からない、便にもぐっている出血は潜(出)血といいますが、この有無を調べるには「便潜出血検査」(大腸がん検診で行われる検査です)を行う必要があります。



いずれにしても、便に血が混ざるというのは普通のことではありません。ですから、もし血便があったら、すぐに専門医を受診するようにしましょう。大腸がんなど重篤な病気であれば早期発見、治療が必要です!


(高橋モータース@dcp)