毎年、寒い季節になると流行するインフルエンザ。徹底した予防対策をしたと思っていても感染してしまうことがあります。症状自体もですが、「感染力が強い」というのもこわい部分です。今回は、インフルエンザウイルスに感染して発症した場合の症状、また、予防対策について解説します。

■そもそもインフルエンザとは?

インフルエンザとは、インフルエンザウイルスが原因となる呼吸器感染症です。インフルエンザウイルスには、A型、B型、C型がありますが、大きな流行原因となるのはA型とB型です。


近年日本国内で流行しているのは、A(H1N1)亜型、A(H3N2)香港型、B型の3タイプです。C型も人に感染しますが、流行はしにくいといわれています。


主な感染経路は、インフルエンザに罹っている人のくしゃみやせき等に含まれるウイルスを吸い込むことによる飛沫感染です。また、ウイルスが付着した手や指で口や鼻に触れることで感染する接触感染もあります。

■インフルエンザの症状とは?

口や鼻から体内に侵入したインフルエンザウイルスが、細胞に侵入し増殖した状態を「感染」といいます。ウイルスが増殖すると、数日の潜伏期間を経て、発熱やのどの痛み等の症状が現れます。この状態が「発症」です。


38℃以上の発熱、せき、頭痛、鼻水、筋肉痛、関節痛等の症状が出現し、下痢や嘔吐等の消化器症状が出現することもあるでしょう。


高齢者や乳幼児、免疫力が低下している人などは重症化してしまい、肺炎や脳症を起こすおそれがあるので注意が必要です。

■インフルエンザ発症後、何日くらい会社や学校を休むべき?

通常、インフルエンザの発症前日から発症後3~7日間は、のどや鼻からインフルエンザウイルスが排泄されるといわれています。そのため、この期間は外出を控えましょう。


また学校保健安全法では、

インフルエンザ及び新型インフルエンザ等感染症にあっては、発症した後5日を経過し、かつ解熱した後2日(幼児にあっては3日)を経過するまで

を出席停止としています。


症状が回復したと思っても、体内にはまだウイルスが残っている可能性がありますから、周囲の人への感染を防ぐためにも、最低でも5日間は出勤を控えるようにしましょう。

■インフルエンザの予防法とは?

①せきエチケットを徹底する

飛沫感染を予防するために、せきエチケットを心掛けましょう。

  • せきやくしゃみをするときは、ほかの人のほうに向けない。

  • せきやくしゃみの症状が出ているときはできるだけマスクを装着する。

  • 鼻水や痰などが付いているティッシュはすぐに処分し、手のひらで受けた場合はすぐに手を洗う。


②外出後の手洗いを徹底する

手洗いは個人衛生の基本。石けんを使用しての手洗いやアルコール消毒が、ウイルスの除去に有効とされています。


③十分な休養とバランスの良い食事をする

体の抵抗力、免疫力を高めるため、十分な休養をとり、栄養バランスの良い食事をとることを心掛けましょう。


④適度な湿度を維持する

空気が乾燥すると、気道粘膜の防御機能が低下することで感染しやすくなってしまいます。そのため、乾燥した場所は避け、室内は加湿器を利用し50~60%の湿度を維持するように心掛けましょう。


⑤インフルエンザ流行時期は人混みへの外出を控える

不必要な人混みや繁華街への外出は避け、排泄されたウイルスへの飛沫感染や接触感染をしてしまわないようにしましょう。


⑥インフルエンザが流行する前にワクチンを接種する

季節性インフルエンザワクチンの接種は、例年10月ごろから開始されます。ワクチンは、免疫をつけ、死亡や重症化を予防することを目的に接種するため、できるだけ早めに受けることをおすすめします。

■インフルエンザワクチンの効果とは?

インフルエンザワクチンには、感染を完全に防ぐ効果はありません。ただし潜伏期間を経た後の、「発症」を防ぐ効果が一定程度認められています。


また、インフルエンザ発症後、だいたいの人は1週間くらいで症状が回復しますが、ときには肺炎や脳症等の重い合併症が現れることがあります。この「重症化」や「死亡」を防ぐのもワクチンの役目です。


インフルエンザの予防接種は「受ければ絶対に感染しない」というわけではなく、発症を防いだり、罹ってしまっても症状の重症化を防いだりする効果が期待できます。


日本では、インフルエンザは例年12月~3月頃に流行し、例年1月~2月に流行のピークを迎えます。


ワクチン接種後、その効果が現れるまでにおよそ2週間かかるため、毎年12月中旬までに予防接種を受けておくことが望ましいです。



季節性インフルエンザは流行性があり、一回流行が始まってしまうと短期間に多くの人への感染が拡がるため、いかに予防するかが重要になります。


体は「食べたものからできている」といわれます。栄養バランスのよい食事をとり、体の中から免疫力を向上させて、インフルエンザウイルスに負けない体を作ることが予防においては重要ですね。

(岡村信良/医療法人小田原博信会 理事長、医学博士-健康検定協会-)