検索
「ただ歩くだけ」じゃない!ウォーキング基礎知識&初心者向けのフォーム

2017.10.02

「ただ歩くだけ」じゃない!ウォーキング基礎知識&初心者向けのフォーム


ダイエットに取り組みたいけど激しい運動はしたくない……、そんな人におすすめの運動が「ウォーキング」。定番の有酸素運動ですが、深い歴史があったり、大会が開催されていたりと意外と知らないことだらけ。今回は、ウォーキングの歴史や基本的な歩き方についてもご紹介します。

■ウォーキングにも歴史があった!


そもそも、ただ歩くだけの行為が「ウォーキング」として市民権を得るようになったのはいつごろからなのでしょう。現在、日本には「日本ウオーキング協会」という団体がありますが、その前身である「歩け歩けの会」が誕生したのは東京オリンピック開催中の1964年10月17日のこと。前年にサンフランシスコからニューヨークまでアメリカ大陸を6,000キロ横断した早稲田大学の学生が他大の仲間と立ち上げました。


活動内容としては、毎月第1日曜日を「みんなで歩く日」と定め、全国に「歩け歩け運動」を提唱。その後、「国際マーチングリーグ」「日本マーチングリーグ」というウォーカーの交流大会を立ち上げ、2000年には「日本ウオーキング協会」と改名、各地にウォーキング協会が続々と誕生しました(※1)。

■大会参加でモチベーションアップ!


ウォーキングというと、競技として組織化されているというイメージはありませんが、先にも登場した「マーチングリーグ」のような大会も開催されています。定められた日数・距離を完歩した参加者の認定・表彰に加え、「日本マーチングリーグ」では参加回数に応じた金・銀・銅メダルが授与される制度も。


ほかにも、47全都道府県完歩を目指す「オールジャパンウオーキングカップ」や、「北海道リーグ」「東北リーグ」「関東甲信越リーグ」のように各地で大会が開催されています(※2)。

■ウォーキングの必需品


ウォーキングに挑戦するときに必要になるのが、スポーツウェアとウォーキングシューズです。価格はブランドによってさまざまですが、これだけなら~2万円程度でそろえることができるのではないでしょうか。


ほかに、キャップや歩数計などもあると便利ですね。

■競歩との違い、初心者向けのフォームとは


ウォーキングとよく似た運動として競歩がありますが、競歩は両足が同時に地面から離れてはいけません。さらに、前脚が地面に着いてから垂直になるまで、膝を曲げてはいけないなど歩き方に厳しい制限があります(※3)。


一方のウォーキングには、もちろん歩き方の制限はありません。ただし、ダイエットを目的にするならある程度フォームを意識したほうが効果的。背筋を伸ばし、着地はかかとから。腕は斜めにならないようにしっかり前後に振ることを心がけてください。


ほかにも、世界陸上の200メートルで銅メダルを獲得した末續慎吾選手が練習に取り入れたという昔ながらの歩き方「ナンバ歩き(走り)」も足腰に負担がかからない歩き方として有名です。右足を踏み込むときに右手を出す、といったように手と足が同時に動くことがナンバ歩きの特徴ですが、複雑なコツが必要なので、各地の教室などに通ってみるといいかもしれません。自分なりのペースで、ウォーキングに挑戦しましょう。

参考文献

※1 一般社団法人 日本ウオーキング協会「沿革」

http://www.walking.or.jp/about/history.html


※2 一般社団法人 日本ウオーキング協会「大会・イベント」

http://www.walking.or.jp/tournament/


※3 日本陸上競技連盟公式サイト「競歩競技」

http://www.jaaf.or.jp/pdf/about/rule/handbook/06.pdf