生理前や妊娠中に「眠くてしかたない!」という症状を経験したことはありませんか?しっかりと睡眠時間をとっているはずなのに、日中眠くなってしまうと、生活にも影響を与えかねませんよね。


この「眠気」が起こる理由は何なのでしょうか。また、対策法とは?


動画提供:@mamaandd

■妊娠中に眠くなる原因

妊娠中はホルモンの影響で眠気を感じる方がいます。寝ても、寝ても眠たいとおっしゃる方は結構いるのではないでしょうか。


妊娠中は、人間がおなかの中で成長しています。その子のためにたくさんの血液や栄養が必要になるので、ほかの器官には最低限の血液の流れであったとしても仕方ありません。


食後に眠くなるのは、胃に食べ物が入って消化吸収にエネルギーが必要になり、脳への供給が少なくなるためです。妊娠中は、子宮への血液の供給が優先になってしまうので眠くなると考えられます。集中力なども妊娠前とは違うことを理解して車の運転などは特に気をつけましょう。

■眠気を感じたときの対策は?

眠気を感じるときは「今はじっくり身体を休める時期」と割り切って、自分の身体をいたわってあげてください。


しかし、仕事や家事などがありますから、どんなに眠くてもすぐに寝ることができる環境ではない場合もあると思います。そんなときは、ガムをかんだり、冷たい水で洗顔または冷たいタオルで首を冷やす、軽く体を動かしたりマッサージをするなど試してみてくださいね!


助産師:深津奏瑛

イラスト:@pepuritan

※専門家からのコメントに関しては、診断や治療などではなく、あくまで医療・健康などに関する知識を得るための意見です。

特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分などの効果・効能を保証するものではないということをご理解ください。