眼鏡を着用したり、コンタクトレンズを装着したりしている人は多くいますが、そもそもこうした「目が悪くなること」の原因は何なのでしょうか?また、目はどこまで悪くなるの?そんな、視力にまつわる疑問を『清澤眼科医院』の清澤源弘院長に伺ってみました!

取材協力・監修



清澤源弘院長


医学博士。日本眼科学会眼科専門医、日本神経眼科学会理事、東京医科歯科大学臨床教授など。緑内障、小児眼科、花粉症などの眼科疾患治療、眼瞼痙攣(がんけんけいれん)のボトックス治療、複視や視野障害の治療も専門に手掛ける。


清澤眼科医院通信

http://blog.livedoor.jp/kiyosawaganka/

■視力低下の原因は?

裸眼視力が低下する原因として「近視」と「乱視」、そして年齢にもよりますが、老視(俗に老眼とよばれます)が挙げられます。


5メートル離れた場所のものを眼鏡なしで見られる状態を「正視」といいますが、近視というのは近くのものは見られるけれど、5メートル先のものははっきりと見えないという状態のことです。次に乱視ですが、これは縦軸方向の近視と横軸方向の近視の度数が違うことによって起こるもの。そのため、丸いものがゆがんで見えてしまいます。


老視は、だいたい40歳くらいから始まるもので、30センチくらいの近さのものを見るのにも凸レンズを必要とするほど、視力が衰えてしまいます。


近視や老視になると、目の調節力が不足し、ピントがうまく合わせられなくなり、ものがちゃんと見えなくなってしまいます。そうした目の調節力が衰える原因について、清澤院長に聞いてみたところ、近視については「液晶画面のような、輪郭がはっきりしないものを見続けることで近視化するといわれている」のだそうです。輪郭がはっきりしないものを見ようとして目に負担がかかり続け、ピントを調整する機能がおかしくなってしまう、ということです。実際、コンピューターワークが増えたことで、近視の人も増えているのだそうです。


老視については、多くの原因が加齢で、調整力が低下することで起こるものです。しかし、「最近は、老視が若い世代にも増えている」と清澤院長は指摘します。それは「スマホ老眼」と呼ばれているもので、スマートフォンを顔に近い位置で操作し、画面を見続けることで、目の調節力がおかしくなってしまい、老視と似た症状が起きてしまうのです。


※スマホ老眼は医用用語ではありません。


ほかにも、角膜に小さな傷がついていることで視力が衰える例や、若くてもアトピーなどの影響で白内障になるという例も、視力が低下する原因としてあるそうです。

■視力低下の予防には適度な休憩が大事

近視による視力低下が始まると「どこまで悪くなるんだろう」と心配になったりしませんか?清澤院長に聞いてみたところ、「視力の低下がどこかで止まることはない」としつつも、一般的には「0.2-0.3」で止まることが多いのだとか。


また、日本人に多いものとして「強度近視」があります。近視が特に強く進行したもので、非常に近い位置まで近づけないとものが見えない状態です。この強度近視の状態で放置しておくと、眼底の出血などを引き起こし、さらに近視性黄斑変性症と呼ばれる病気になる可能性もあり、こうなると眼鏡をかけても見えなくなってしまいます。近視の人は、強度近視かどうか、また強度近視にならないよう、若いうちから専門医の診察を受けるなど、適切な処置を受けるべきでしょう。



近視やスマホ老眼にならないためには、普段からIT機器を見る時間をできるだけ減らすことや、時々遠くのものを見る目の運動をすること、またコンピューターワークであるなら50分仕事をしたら10分休むなど、休憩を挟むことが重要なのだそうです。もちろんスマホの画面を見続けないことも重要です。目に負担を掛けないことが大切、ということですね。

(中田ボンベ@dcp)