検索
くせ毛は直せる?ノンシリコンシャンプーってそもそも何?髪のお悩みQ&A

2018.01.20

くせ毛は直せる?ノンシリコンシャンプーってそもそも何?髪のお悩みQ&A


頭皮のにおいに悩む読者のため、美容コーディネーター高橋果内子さん&編集部のマス山が『john masters organics TOKYO』の山根さんに取材を敢行!


今回は髪のプロである山根さんに、あれやこれやと質問攻め。

みなさんの髪にまつわる気になることに、徹底的に迫ります!

取材協力・監修



『john masters organics TOKYO』ヘッドセラピスト 山根亜衣さん


好きな食べ物はタッカンマリ、趣味は旅行です。ヘッドセラピストとして体幹を鍛えて体力づくりにも励んでいます。

【シャンプー編】

Q. 洗い方で気を付けることは?



A. 「ざざーっと指を大きく動かして洗う人がいますが、それだと頭皮に触れている時間が短く、少々もったいないです。

頭皮を揉むように洗うと、頭皮マッサージにもなりますし、指が触れる面積を大きくすることを意識すれば、汚れの落ち具合も変わります」



Q. 洗い流すときの温度はどのくらいがいい?



A. 「熱すぎると過剰に皮脂が取れてしまうので、ぬるま湯よりもちょっと温かいな、くらいの温度がおすすめです」



Q. 一度では泡立たない…なんてときは?



A. 「過剰な皮脂の分泌があったり、汚れが溜まっていたりするときは泡立ちがよくありません。シャンプー前にシャワーで汚れを落とすことを『予洗い』というのですが、この予洗いをしっかり行うだけで泡立ちが変わります。髪への負担も減りますし、一石二鳥です」



Q. 話題のノンシリコンシャンプーって髪にいいの?



A. 「ここ数年ノンシリコンがブームですが、一概に『良い』『悪い』とはいえません。


シリコンには手触りを良くする効果が期待でき、手触りを重視する人には喜ばれていると思います。一方、ノンシリコンのものは毛穴がつまりづらいのが特徴です。


けっきょくのところ、どちらがいいかは『お好み』なのかもしれません」



Q. シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの違う点は?



A. 「先ほどの『手触り』や『毛穴』のほか、価格面でも違いがあります。ドラッグストアなどで手に入るシリコンシャンプーはリーズナブルなものが多く、気軽に手に入るのがメリットです。それに比べてノンシリコンシャンプーは少々お高めのものが多いので、ハードルが高いという方もいらっしゃるかもしれません。


肌への影響は、『どちらがいい』とは一概にはいえません。肌トラブルが起こるのは、シャンプーやトリートメントの流し残しが原因のことが多いためです。ストレスでニキビができることもありますし、シャンプーの差がダイレクトに影響するとは考えづらいです」



Q. オーガニックのシャンプーってなにがいいの?



A. 「オーガニックのシャンプーの良さは、髪と頭皮を本来の状態、『素髪』に戻せることです。

もちろん髪質とシャンプーの相性がありますので、全員がそうなるということではないですが、うちのシャンプーを使って『クセ毛が落ち着いた!』というお声をいただくこともあります。


ただ、美容・コスメに関しての『オーガニック』には公的な規定はありません。つまり、どんなものでも『オーガニック』を称することはできるわけです。使用する場合は、まずは信頼できるブランドや商品を見つけるようにしてくださいね」

【ドライ&ブロー編】

Q. 洗髪後は、何かつけたほうがいいの?



A. 「髪の状態に合わせて、アウトバストリートメント剤を選ぶといいでしょう。


乾燥気味の毛質であれば、水分を与えてあげるのが大切なので、ヘアミルクとオイルを混ぜて使ってみてください。スキンケアで化粧水と乳液をセットで使うのと同じような感覚です。乾燥して髪がボワッと膨らんでしまうのは、開いたキューティクルから空気中の水分を吸水してしまうのが原因です。洗髪後に、十分な水分を毛髪に与えてあげて、蒸発を防ぐためオイルでコーディングしてあげれば、膨らみを抑えられます。


ちなみに、オイルだけだと硬い感じの仕上がりになってしまうことがあります」

【抜け毛・白髪などのエイジング編】

Q. 最近抜け毛が多い気がする…。一度抜けてしまうともう生えてこないの?



A. 「頭皮や毛髪についてはまだまだ分かっていないことが実は多いんです。


抜け毛に関してもはっきりとは答えられません。ただ、頭皮が弱ると健康的な髪が生えづらくなり、その結果、毛量が減る……、ということは考えられると思います」



Q. なにか対策方法はある?



A. 「スキャルプケア用の水分補給アイテムがあります。毛根の根っこの部分を活性化し、これから生えてくる毛髪が健康的になることが期待できます。乾燥を防いで毛髪の油分バランスを整えることは、これから生えてくる髪のために大切です」



Q. 白髪を抜くとダメ、は本当? 



A. 「白髪を抜くと頭皮に向けて『この毛穴から生えている毛は白髪だ!』というような指令が出て、ほかの毛穴から生えている毛髪まで白くなる、という説もあります。


でも、先ほどもあったように頭皮・毛根についてはまだまだ未知なことが多く、研究段階なのではっきりと言い切れないというのが現状です。同じく、円形脱毛症も『主な原因はストレス』といわれていますが、それも『だろう』という予測段階のようです」

【くせ毛編】

Q. 「クセ毛は治らない」のは本当?



A. 「クセ毛の大きな要因は遺伝だといわれています。

あとは、頭皮の状態や、毛穴の形によってもクセがでると考えられます」



Q. 坊主にすると髪質が変わる、って聞いたこともあるんですが。



A. 「ごく稀にあることのようですが、私はほとんど聞いたことがありません。


坊主にする(髪をそる)ときに、何かしら頭皮への影響があるのでしょう。坊主にしている間は、紫外線といった外的刺激を直接受けるようになるため、そのせいかもしれません」

みなさんの疑問は解決できましたか?


困ったことは、やはりその道のプロに聞くのが一番です。信頼できるプロと一緒に、お悩みを解決していきましょう!



(取材 高橋果内子/文 マス山)