「肩こりがひどいときにはマッサージ店に行く!」という人は少なくないでしょう。ただマッサージと一口にいっても「整体」「接骨」「指圧」「カイロ」など、いろんな種類がありますよね。これらの違いとは、いったい……?今回は、このなかの「カイロプラクティック」について、専門家の解説を交えながらご説明します。

■カイロプラクティックの歴史


カイロプラクティック(Chiropractic)は、アメリカで生まれた技術です。1895年にダニエル・デビッド・パーマーさんが創始しました。ギリシア語の「カイロ = 手」と「プラクティック = 技術」を足した造語が「カイロプラクティック」で、名前のとおり「手技療法」と和訳されることが多いですね。


手で触り、押したり、もんだりなどして治療するわけですから、一般人からすれば「指圧」「接骨」「整体」といったほかのマッサージと区別がつきにくいのです。


カイロプラクティックは、ダニエルさんの多くの弟子が普及と進歩に努めたおかげで、現在ではWHO(世界保健機関)で代替医療として認定されるほどになっています。また、アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、ヨーロッパ諸国を中心に40カ国ほどで「筋骨格系の障害とそれが及ぼす健康全般への影響を診断、治療、予防する専門職」(WHOの定義)として認定されています。


カイロプラクティックの技術を持つ「カイロプラクター」になるには、ダニエルさんに始まる技術を教えてくれる大学に通い、卒業して資格を得なければなりません。そうした道筋を経て初めてカイロプラクターと名乗ることができるのです。


ただし日本ではカイロプラクティックの資格認定が法的にないため、欧米のようにきちんと専門の学校に通い資格を授与されていなくても、「カイロ」と看板を掲げてもいい状態になっています。

■カイロプラクティックの特徴


では、カイロプラクティックの特徴とはどのようなものなのでしょうか?『LIFE BALANCE』を主宰し、自らもカイロプラクターである杉原伴さんにお話を伺いました。

取材協力・監修


杉原伴さん


カイロプラクター。『豪州ロイヤルメルボルン工科大学健康科学部 カイロプラクティック学科日本校』卒業。「カイロプラクティック理学士」取得。「Bachelor of Chiropractic Science応用理学士(医科学)」取得。「Bachelor of Applied Science(Clinical Science)」。『株式会社日本教育アカデミー』代表取締役。『HOT BALANCE株式会社』代表取締役。『MTアライアンス』エグゼクティブディレクター。


⇒『LIFE BALANCE』公式サイト

http://www.lifebalance-web.com/


⇒『CHIROPRACTIC×HEALTH』

http://chiropractic-matsudo.com/

――カイロプラクティックの治療の特徴はどのようなものですか?


杉原さん 体の基盤となる背骨(脊椎)をまずみることですね。カイロプラクターは「筋骨格系の障害を取り扱う脊椎ヘルスケアの専門家」といわれたりします。まず脊椎、それに付いている筋肉・骨とみて、全体のバランスを取るための施術を行うのです。


誤解を恐れずにいうと、カイロプラクティックは症状だけに対する施術ではないのです。たとえば腰痛がひどいという人がいらっしゃっても、腰回りだけに施術するわけではありません。なぜ腰痛になったのか。その腰痛がどこから来ているのかをまず分析します。


症状や疾患が結果だとしたら結果には必ず原因があります。症状の部位のみを考えず、なぜ症状に至ったのかを考察し身体の状態から分析いたします。


――原因を探るのが先ですか?


杉原さん 背骨の状態を診て、たとえばどこかゆがんでいないか、神経の働きが阻害されていないかを判断し、腰痛を引き起こしている原因を分析してから施術を行います。症状の部位の鑑別そして身体の機能的・構造的な分析をしてから施術を行うのがカイロプラクティックの大きな特徴でしょう。


――分析が大事である、と。


杉原さん はい。背骨を基盤として考えます。そして筋肉や関節など身体の働き(機能的)と構造的な問題を分析します。その分析の下に施術を行いますが、先ほど申し上げたように施術は「体の働き・バランスを正常化してひとりひとりの最良な健康な状態に促す」ために行います。ですから、


体の働きが良くなる。バランスが良くなる ⇒ すると症状が緩和される


であって、いわば結果的に症状が解消されるわけです。これが先ほど「症状に対する施術ではない」と言った理由になります。


――それは確かにほかのマッサージの手技とは異なる点ですね。


杉原さん いろいろな症状で悩んでいる方は多いと思います。症状の部位だけに囚われず視点を変えて身体の状態を考えてみることはとても重要です。

■本物のカイロプラクターは少ない!?


――日本ではカイロプラクティックがどのようなものか、あまり理解されていないように思うのですが?


杉原さん 確かに指圧や整体・整骨院と混同されているところはあるでしょう。本来であればカイロプラクターは、4-5年間も学校に通って勉強し、その上で資格を取ってなるものなんですが、日本の場合は資格制度が法整備されていません。なので、きちんと学んだカイロプラクターなのかそうでないのかが一見して分からないのが現状です。


――日本にも専門の学校はあるのですか?


杉原さん 日本でWHOが認定しているカイロプラクティックを学べる学校は『東京カレッジ オブ カイロプラクティック』だけです。この学校はもともとRMIT大学(オーストラリアのメルボルンに本部を置く国立大学) 健康科学部カイロプラクティック学科の日本校を前身とします。5年制でしたが今は4年制で、私もこの学校で学びました。


――4年制は長いですね!


杉原さん アメリカなど資格が認定されている国では普通のことです。つまりそれぐらいきちんとやらないと身に付かないということです。人の体を診るに当たり、医学的な知識・専門的な知識・技術を学習することはとても重要だと考えます。


現在日本では、法制度としてカイロプラクティックは認められていません。しかし国際的にみるとWHOが定めた教育ガイドラインが存在します。4年間の間に最低4,200時間(基礎科学・解剖学・生理学・病理学・臨床実習など)の教育がカイロプラクター育成のために行われています。


――本来は学校で学び、WHOが定める教育のガイドラインをクリアカイロプラクターとは名乗れないはずですね。


杉原さん そこが難しいところですね。日本でカイロプラクティックと名乗っているところで「本当のカイロプラクターがいるのは全体の3%ほど」といわれたりします。カイロプラクティック本来の施術を受けたいと思われたら、本当のカイロプラクターがいるところを選んでいただくのが良いと思います。


誤解を恐れずにいいますが、カイロプラクティックの教育を受けたものがすごいのではありません。整体の中にもすごい先生はたくさんいらっしゃると思います。ただ、カイロプラクティックというものはひとつの体系として確立されているということです。


――カイロプラクティックは女性におすすめでしょうか?


杉原さん そうだと思います。上でも触れましたが、症状に対するものではなく体のベースから健康にしようとするものですから、「体の働きを根本から良くして、その上で症状も緩和」されます。カイロプラクターはなぜそうなったのかを考えるプロでもありますから、基本ベースからしっかり体を良くしたいという女性の皆さんは受診されると良いと思います。


骨盤を確認するときも、体の働きやゆがみなど全体的にしっかりと確認して、体にもっともよい状態に合わせて矯正など施術を行います。顔のゆがみなども同じです。頭蓋骨や顔の筋肉、ひいては身体全体の問題を確認して施術を行います。顔のゆがみやむくみに関しては身体の状態を知るための良い指標となります。


カイロプラクティックは怖いなどのイメージがあると思いますが、私たちは絶対に無理な矯正や施術を行いません。あくまで身体が最良の健康的な働きになるように施術を行っています。


――ありがとうございました。



日本ではカイロプラクティックというと「指圧の一種でしょ」みたいな認識かもしれませんが、欧米では代替医療のひとつとして一般にも広く認知されています。カイロプラクティックが健康に及ぼす効果の論文なども多くあり、科学的な研究は現在も続いています。ただ、もしカイロプラクティックの施術を受けてみたいと思うなら、本当のカイロプラクターに受診するのが良いでしょう。

(高橋モータース@dcp)