人の体温は、通常36.0~37.0℃前後くらいに設定されています。これを平熱といい、この体温によって体内の酵素や細胞が活発に働いてくれるのです。こうして、私達が命を維持するためのホメオスタシス(生体が外的、内的環境の変化を受けても生理的状態を一定になるよう調節し恒常性を維持すること)が保持されています。


さて、ホメオスタシスがあるにもかかわらず、「発熱」してしまうのはどうしてなのでしょうか?今回は、「発熱」について医師の筆者が解説します。

■発熱のメカニズムとは?

風邪から難病まで、原因はさまざまですが、「発熱」は体の中で何らかの異常が起きていることを知らせるサインのひとつです。


通常、発熱すること自体は有害なことではなく、体に侵入してきた病原体やアレルギー等に負けないようにするための防御反応だといわれています。細菌やウイルスに感染すると、体の中で病原体が増殖するのを抑制するために「発熱」で防御しているのです。


発熱することで、侵入してきた病原体が生きにくい環境を作ることができるとともに、病原体を除去する働きがある白血球を活性化させます。



脳内には「体温調節中枢」があり、健康な状態のときは体温を37℃前後に維持するように作用しています。そして病原体が侵入してくるとすぐに反応して、白血球から出される発熱物質によって、体温設定が高温になるように調整するのです。ただ、その影響により体力が消耗したり、心臓に負担を掛けたりすることもあります。


さらに筋肉を震わせて、体温を上昇させようとします。そして産生した熱の放出を抑制するために、皮膚の血管を収縮させます。「発熱しているのに寒気がする」「震える」のはこうした理由からだと考えられます。


これが発熱のメカニズムになります。

■発熱時に自分でできる対処方法とは?

発熱しても、すぐには病院に行けないこともありますよね。そんなとき、症状を悪化させないための対処方法を知っていると安心です。


そこで、発熱時の対処方法をご紹介します。


  • 発熱の前兆時期

    体温を逃さないように、保温性の高い服装や寝具を使ったり、室内を暖かくしたりして、湿度を保ちながらしっかり休みましょう。


  • 発熱のピーク時期

    体温が上昇していくときは体力の消耗が激しく、とてもつらいですが、体の中ではこの発熱により病原体に攻撃をしています。解熱剤の服用はできるだけ控える、そしてできれば医師に相談しましょう。


    39℃を超えるような高熱が続く場合や、体力の消耗がひどい場合は、無理せず医療機関を受診したほうが安心です。また、発熱すると通常時の約5倍ものビタミンCが失われるといわれているので、ビタミンCの補給も大切です。


  • 体温下降から解熱時期

    発熱すると大量に汗をかくため、しっかり汗を拭きとり、まめに着替え、水分補給をすることが重要です。脱水状態を予防しましょう。


    首やわきの下、太ももの付け根等を冷やすと解熱を促す補助をしてくれます。解熱後すぐは体力が消耗しているため十分休養します。激しい運動や飲酒は、体力が回復するまでの3日間くらいは控えましょう。


5日間以上発熱が続く場合は、風邪以外の病気の可能性が考えられるので医療機関を受診してください。

■発熱時におすすめの食事


発熱しているときは食欲が落ちますが、無理のない範囲で食べるようにします。たとえば下記のように、消化がよく、栄養分や水分がしっかり摂れる食事がおすすめです。

①りんご

:ビタミンC等の栄養分を豊富に含有していて、水分補給にもなります。

②おかゆやうどん

:消化がよく、食べやすいのでおすすめです。

③ねぎ

:身体を温めてくれる効果が期待できます。

④ゼリーやプリン

:食べやすいので、食欲がないときにおすすめです。

脂っこい食べ物、食物繊維が多い食べ物は熱や痛みを悪化させ、胃腸も不調になるので控えましょう。



日頃から自分の平熱を把握しておくこと、そして発熱のメカニズムを知り、適切に対処することが大切です。しっかりと水分、栄養を摂り、安静にして過ごしましょう。ただし、つらい場合には必ず医療機関を受診するようにしてくださいね。


(執筆 岡村信良/医療法人小田原博信会 理事長、医学博士-健康検定協会-)