検索
運動すると膝が痛い……。「ジャンパー膝」の症状と治療法

2017.11.06

運動すると膝が痛い……。「ジャンパー膝」の症状と治療法


運動をしたり、階段を昇り降りしたりしている際に「膝が痛む」ことはありませんか。特に、ふいに膝のお皿の下が痛むという人はいわゆる「ジャンパー膝」というスポーツ障害かもしれません。今回は「ジャンパー膝」の症状と治療法について解説します。

記事監修



眞鍋憲正先生


スポーツ医学・整形外科・救急科。信州大学医学部卒業、市中病院で臨床をしながら信州大学大学院スポーツ医科学講座にて研究を行う。医師+(いしぷらす)所属。

■ジャンパー膝とは?

ジャンパー膝とは、膝のお皿を膝にくっつけている靭帯(繊維質の硬い組織)や筋肉に繰り返し負荷がかかることでおきる膝の障害の総称です。


「ジャンパー」という名称が示すように、バレーボールやバスケットボールといったジャンプ・着地動作を頻繁に行う競技の選手に多く見られることから名前がつきました。この障害は膝のお皿の下の部分の膝蓋腱に起こりやすいため「膝蓋腱炎(しつがいけんえん)」(膝蓋靭帯炎:じんたいえん)としても知られていますが、膝蓋腱以外の膝の周りの脂肪組織や筋肉、関節を包む柔らかい組織などにも炎症がおこることもあります。ジャンプ動作だけでなく、サッカーのようにキック、ダッシュなどの走る動作を繰り返すような競技の選手にも見られることがあります。


原因としては膝蓋腱や膝の筋肉が硬くなってしまっていること、繰り返し動作により膝蓋腱に小さな傷ができてしまっていること、身体がそれを治そうと過剰に反応してしまっていることなどがあります。

■ジャンパー膝の症状とは?

ジャンパー膝では、膝のお皿の周囲がだんだんと痛くなってきます。最初のうちはスポーツもできますが、悪くなってくるとそれも難しくなり、日常生活においても歩行や階段の上り下りが困難になります。


このジャンパー膝は、程度によって以下のような4段階に分けられています。

●1期:運動の後、膝が痛む。(運動には支障がない)

●2期:運動開始直後に膝が痛む。徐々に痛みは和らいでいく。(痛みはあるが運動は可能)

●3期:運動中、運動後も痛みが強い。支障が出るため、運動はできない。

●4期:膝蓋靭帯が断裂している。通常の歩行でも膝が痛む。

■ジャンパー膝の治療法とは?

ジャンパー膝の治療は、段階によって異なります。一般的には以下のような治療方法で対処しています。


●1期

まだ症状が軽く、運動後に痛むような場合、サポーター、テーピングの使用、大腿(だいたい)四頭筋(太もも前面)のストレッチ、アイシングを行います。


●2期

運動の開始直後や終了後に痛むものの、運動中はそれほど痛まないというような場合、1期の治療に加えてジャンプ動作の制限や運動の休止といった処置が取られます。


●3期

痛みで運動の継続が困難な状態になってしまうと、それまでの対処法では不十分です。月単位での運動休止、安静が必要です。痛みが治まるまでは休養し、ストレッチやマッサージを行います。


●4期

膝蓋靭帯が断裂してしまったような場合には、手術による治療が必要になります。

■ジャンパー膝を予防するには?

ジャンパー膝を予防するには、まずは膝蓋靭帯に負荷を与えている大腿四頭筋をはじめ、太もも回りの筋肉を柔軟にさせるのが効果的です。


しかし、なかには股関節や足関節の硬さから負担が膝にきて、ジャンパー膝になってしまったという方もいます。ですので、膝周りの筋肉だけでなく、姿勢や運動フォームの見直しや、股関節や足関節の柔軟運動なども大切です。たとえば、運動の前後にストレッチを行うと良いでしょう。運動後にはストレッチに加えてアイシングを行い、熱を持った筋肉をクールダウンさせましょう。



ジャンパー膝は膝蓋靭帯が断裂する4期まで進行してしまうことは少ないのですが、少しの痛みだからと無理をしていると、運動ができなくなってしまうこともあります。スポーツを長く楽しむためにも、専門医の診察、適切なケアを受けるようにしましょう。


(藤野晶@dcp)

●テーピングでサポート

世界で初めて合成繊維100 % の素材で開発されたキネシオロジーテープです。本来持っている筋肉や関節、靱帯、腱の機能を優しくサポートします。

Amazonでみる

(マイカラット編集部)

●アイシングでケア

スポーツ等で熱を持った筋肉の熱(ほてり)を瞬間冷却します。

Amazonでみる

(マイカラット編集部)