月経の前に頭痛や不安を感じると、「PMSかな?」と思う方が多いのではないでしょうか?しかし、なかには「PMSと似た病気」の可能性もあります。今回はPMSと混同しやすい疾患や、判断のためにできることについて、銀座の研医会診療所 漢方科の岡田研吉先生にお話をうかがいました。

取材協力・監修


岡田研吉 医師


公益財団法人 研医会診療所 漢方科。1972年、東邦大学医学部卒業。ドイツ・リューベック医科大学留学中に東洋医学を志す。帰国後、名古屋聖霊病院・藤枝市立病院に勤務する傍ら、国立東静病院で漢方療法を学ぶ。1982年に北京中医学院(現・北京中医薬大学)に1年間留学。東京・玉川学園で岡田医院を開業。著書に『素問次注集疏(上・下)』『傷寒論考注(上・下)』『宋以前傷寒論考』ほか。

■PMSには、ほかの病気が隠れやすい

PMSのおもな症状には、

  • 乳房の痛みや張り

  • むくみ(顔や手足)

  • 腹痛

  • 腰痛

  • 便秘

……などの身体的な症状のほか、

  • 抑うつ(気分の落ち込み)

  • 怒りっぽくなる、イライラする

  • 不安な気持ちになる

などの情緒的な症状まで、幅広くあります。(症状の詳細は「【専門家に聞いた】女性の半数以上が悩まされている。PMS(月経前症候群)とは?(https://mycarat.jp/articles/373)」に記載があります)


これでは、PMSによるものなのか、はたまたほかの病気が原因なのか、一般の方では判断に困るケースも出てくるというものです。実際、PMSについては、排卵前の一定期間のみ症状が出るとか、強くなるとか、そこまで明確でわかりやすいケースばかりではありません。なので、PMSの治療にあたっては、まずほかの病気との判別が最優先事項ともいえるのです。


岡田先生によりますと、

「具体的には、各種検査をすることで、PMSか、似た症状の病気かどうかの鑑別はほぼ行えます。つまり、PMSの症状がある方については、ベストな治療のファーストステップは検査からということになります」

とのことです。

■PMSと間違えやすい病気

ここで紹介する、PMSと類似の症状が出る病気は、基本的にすべて検査などで疾病の鑑別診断が可能です。また、検査等で病気が見つかった場合は、その治療を優先的に行うことになります。

  • 1)物理的な病変が生じる病気

    「これは、卵巣腫瘍とか子宮筋腫、子宮内膜症といった、いわゆる女性に特有の器質的な疾患ですね。


    ちなみに子宮筋腫と聞いて、『がんの一種?』『手術が必要?』といった誤ったイメージをもたれる方もまだまだ少なくありません。子宮筋腫は子宮にできる良性の腫瘍で、悪性疾患のがんとはまったく無関係。婦人科が扱う病気のなかでもっともポピュラーなもののひとつであり、30歳以上の女性なら5人に1人はあるといわれているため、『どの女性にも起こりうる』ものです」

  • 2)甲状腺機能の病気

    「新陳代謝や体温の上昇など、全身を活発にする働きをもつ甲状腺ホルモンが、過剰になる、あるいは不足してしまうことで起こる病気が『甲状腺機能亢進症』、『甲状腺機能低下症』です。


    この両者は、女性に多い疾患であり、また、現れる症状もPMSと類似のものであることから、経験上、特に混同されるケースが多い疾患といえます」

  • 3)更年期障害

    「年齢的に、患者さんが40代の半ば以降である場合は、女性ホルモンの急激な減少に起因すると考えられる更年期障害によるケースも考慮するべきでしょう」

  • 4)メンタル系の病気

    「うつ病や神経症といった精神疾患を発症している可能性も考えられます。特にメンタル系の症状がメインの場合などは注意が必要といえます。


    ここまで1)~3)の疾患については、検査によって、明確に、デジタルに結果が目に見えましたが、精神疾患については検査で決定するものではありません。精神科、心療内科などで診察、診断を受けることになります」


「PMSかな?」と思ったら、まずは検査がベスト!そののち、原因や症状の程度に応じて治療を進めるのがいいでしょう。


(取材・文 岩井浩)