ダイエット中はNGだと思われがちなお菓子。でも、無理に我慢してストレスを溜めるのは、かえって美や健康にとって良くありません。がんばりすぎて肌荒れやイライラ、体の不調につながってしまうのは問題ですよね。


そこで今回は、ダイエット中もストレスを溜めずにおいしく楽しめるお菓子を、製菓講師の筆者がご紹介します。料理が苦手という人も簡単に作れるので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

■チョコレートは太る?

おいしいけれど、「食べると太る」「ニキビができる」などというイメージから、美を意識する女性には避けられがちなチョコレート。


ですが、チョコレートに含まれる「カカオポリフェノール」は健康に役立つことが分かってきています。その昔は王侯貴族たちに不老長寿の秘薬として親しまれていたほどです。


特に女性に嬉しい作用としては、

  • 脂肪の蓄積を抑える

  • 香りによる食欲抑制

  • 便秘の改善の一助

  • ストレスの緩和

  • 血流正常化の一助

…などがあるという研究がなされています。


カカオ豆には多くの「脂肪」が含まれていますが、このほとんどが体内に吸収されにくい「ステアリン酸」なので、エネルギー源(体脂肪)としては蓄えられにくいのです。食べすぎはもちろん禁物ですが、チョコレートが直接「肥満」につながるとは考えにくいでしょう。

■チョコレートはニキビになる?

「チョコレートを食べるとニキビができる」といわれますよね。しかしそれは間違いです。


ニキビは、毛穴の皮脂が上手く排出されず、溜まった皮脂が炎症を起こすとできます。糖質や脂質が多すぎるなどバランスの悪い食事や、甘いモノを欲するくらい疲れていたりストレスが溜まっていたりすることがニキビの原因になる可能性もありますが、チョコレート自体がニキビの原因とはいえないでしょう。

■ダイエットにおすすめのチョコレート!

ボンボンショコラやミルクチョコレートなど甘めのものはダイエットには向いていません。太ることを気にするのであれば、カカオ分70%以上のチョコレートがおすすめです!カカオ分が高くなると味わいはビターになりますが、カカオポリフェノールの含有量も多くなるため、より高い効果が期待できますよ。また、高カカオであるが故の香りの良さが、大人のおやつにピッタリなのです。


今回ご紹介するレシピは、カカオ分72%・ヴァローナ社の「アラグアニ」を使用。高カカオ分のチョコレートはちょっと苦手という人は、板チョコの「ブラックタイプ」を選んでくださいね。チョコレートと相性が良い食材を組み合わせて楽しむのもおすすめです。

■簡単!シリアルチョコレートのレシピ

【材料】

  • チョコレート…15g(84kcal)

  • 玄米フレーク…6g(23kcal)

  • ドライフルーツ…12g(37kcal)

  • マシュマロ…5g(17kcal)

  • 純ココアパウダー(無糖)…小さじ1/2(1g)(3kcal)

⇒総カロリー…164kcal

【作り方】

1.刻んだチョコレートをボウルに入れ、60度程度のお湯で湯煎して溶かします。

※温度計が無くても大丈夫。お湯を沸かす途中でお鍋の縁に小さな泡が出はじめた頃が60度の目安。


沸騰させるとチョコレートのおいしさが半減しますので、熱くしすぎないように。


2.玄米フレーク・ドライフルーツ・マシュマロは、大きければそれぞれ1cm角程度にします。


3.溶けたチョコレートのボウルに2.を加え、チョコレートがムラなく絡まるまでしっかり混ぜたら、オーブンペーパーの上に、5等分して並べます。


4.冷えて固まったら、ココアパウダーを全体にまぶして完成です。



チョコレートそのままだとたくさん食べ過ぎてしまいがち。今回ご紹介したレシピは、少量でも満足感が得られ、食べ過ぎを防げる食材を組み合わせています。


・シリアル(玄米フレークがおすすめ)

玄米フレークは、栄養価の高い玄米を主原料とした、栄養バランスの良い香ばしいシリアルです。


軽いながらもザクザクとした食感。しっかり噛むことに繋がるので満腹中枢が働き少量でも満たされます。


・ドライフルーツ(今回はレーズンを使用)

果物の栄養素がギュッと濃縮されたドライフルーツは、食物繊維が豊富で腹持ちも良く、便秘改善が期待でき、肌トラブルの防止にもなります。鉄分も豊富ですし、シミやシワの原因となる活性酸素も抑制してくれます。


・マシュマロ(粒の小さいモノがおすすめ)

マシュマロに含まれるゼラチンの殆どがコラーゲンで、肌のハリや潤いに影響を与えます。


今回のレシピではもちっ、フワッとした食感の良さを出す効果もあります。


・純ココアパウダー(無糖)

ココアの香りを嗅ぐと「甘いモノを食べたい!」と言う気持ちが満たされて食欲を抑えてくれますし、ダイエットによるストレスも緩和されます。


チョコレートのコーティングが失敗しても大丈夫!ココアパウダーをまぶすと、表面の白い筋をカバーしてくれますよ。



シリアルチョコレートは作り置きも可能。一度にたくさん作って小分け保存ができますし、持ち運びにも便利。外出先で、仕事や勉強に疲れたとき・食欲を抑えたいときの間食としても役立ちます。


筆者も甘いモノが大好きですが、このシリアルチョコを食べると満足感が得られるので、食べ過ぎを防げます。


カロリーや栄養バランスを重視しながら美味しさも意識したおやつで、ダイエットを楽しみたいですね。



(平野寿子/お菓子教室『Sweets Clover』代表-健康検定協会-)