検索
理想のおっぱいは自分でつくれる!美乳研究家が教える「バストアップエクササイズ」

2017.11.24

理想のおっぱいは自分でつくれる!美乳研究家が教える「バストアップエクササイズ」


「AカップからCカップまでアップさせたい」「ハリのあるバストになりたい」など美乳に憧れる女性は多いはず。でも、理想通りのバストを手にいれるなんて整形でもしない限り無理……。そう思っている女性たちに朗報です。なんと、簡単なエクササイズを続けるだけで、理想のバストに近づくことが可能なんだそう。気になるその方法を教えてくれたのは、美乳研究家としてメディアにもひっぱりだこのMACOさん。今すぐトライできるシンプルなものばかりなので、ぜひ、イラストを見ながら真似してみてくださいね。

取材協力・監修



MACOさん


美乳研究家。白百合女子大学文学部児童文化学科卒業後、会社員、プロボクサーを経て、スポーツインストラクターとして活動開始。格闘技系レッスン、ヨガレッスンの指導およびインストラクターの育成、プログラム開発などをおこなう。その後、食や美容についても学んで全国で講演会をおこなうようになり、2011年には、運動、食、美容に関する知識や指導経験をもとに、小顔美乳メソッド「こがおっぱいⓇ」を考案。自らの体型を改造してメソッドの効果を証明。現在は、美乳研究家として活動。著書に、『こがおっぱい』(ワニブックス)『こがおっぱい式ボディメイク』(日本文芸社)『2週間でおっぱいがグングン育つ! うっとり美入塾』(主婦と生活者)『つけナイトブラ』(主婦の友社)『DVD版こがおっぱい』(主婦の友社)『つけナイトブラプレミアム』(主婦の友社)『ママになっても美おっぱい』(PHP研究所)など


MACO Official Blog

https://ameblo.jp/maco329

まずは、多くの女性が憧れる豊かなバストをつくるためのエクササイズです。

【①天然のブラジャーをつくるストレッチ】

1.姿勢を正して椅子に腰かけます。

2.両手を頭の後ろに持っていき、頭を支える形で左右の指を組みます。

3.息を吸いながらひじを大きく開き、あごを上げて天井を見ます。この姿勢をキープしたまま呼吸を5回繰り返します。この間、大胸筋がしっかりと伸びていることを意識してください。

4.次に、頭に添えている手を頭より10cm後ろに離し、呼吸を3回繰り返します。



続いては、美乳と小顔の両方を同時につくることができる、一石二鳥なエクササイズです。

【②小顔と美乳をつくるエクササイズ】

1.姿勢を正して椅子に腰かけます。

2.背中の後ろで腕を垂らした状態で左右の指を組みます。

3.肘を伸ばしたまま肩を後ろに8回まわします。

4.脇をしめて腕を斜め下に引っ張りながら、胸と目線を上に向けます。

5.4の体勢のまま舌を上に突き出して10秒キープします。



最後に紹介するのは、美乳の土台となる大胸筋を鍛えるエクササイズです。このエクササイズを続けることは、バストの下垂予防にもつながります。

【③美乳の土台をつくるエクササイズ】

1.姿勢を正して椅子に腰かけます。

2.左右のひじを曲げ、肩の力が抜ける位置でセットします。

3.息を吸いながら腕を大きく開き、肩甲骨を寄せていきます。

4.息を吐きながら左右のひじを胸の前でピッタリくっつけ、ぎゅっと力をいれます。

★point★このとき、おっぱいを中央に寄せるよう意識します。



①~③までのエクササイズはいずれも1日に何セットおこなってもよいですが、朝晩2回おこなえばより効果的! 週に2~3回のペースでもよいので、継続することが大切です。理想のバストにいち早く近づきたい人は、ぜひ今晩からでも試してみては?


(取材・文 松本玲子)


MACOさん著作の『2週間でおっぱいがグングン育つ! うっとり美入塾』(主婦と生活者)

詳細はこちら

MACOさん著作の『寝ながら美乳 つけナイトブラ』(主婦の友社)

詳細はこちら