便秘は妊娠の初期から後期まで、多くの妊婦さんが抱えるマイナートラブルです。


「どのくらい強く力を入れたらいいのだろう?」

「お腹を押して何とか出したいけど、きっと押しちゃダメだよね?」


……など、いろいろ心配になりますよね。

■便秘のときはどうしたらいい?

動画提供:@mamaandd


便秘でお悩みの方は、まず生活習慣を見直してみましょう。水分を多めにとる、食物繊維を多く含んだ食材を食べる、トイレにゆっくり座る時間を作る、軽い運動(お散歩、妊婦体操、水中ウォークなど)をする……、といったように、手軽に取り入れられる方法からはじめてみてください。


また、お薬を内服するのも手段のひとつです。お薬を飲むことに抵抗がある方も多いようですが、かかりつけ医に相談して、病院で処方してもらうと安心ですよ。


私がお会いした方で、「いくら安全とはいえお薬はやっぱり飲みたくありません」ということで、ドライフルーツとヨーグルト(お砂糖入り)をたくさん食べている方がいらっしゃいました。

食習慣だけで便秘は落ち着いたようなのですが、その代わりに体重が大幅に増えてしまいました。

これは極端な例ではありますが、「お薬飲んでも大丈夫なんですか?」と半信半疑で帰った妊婦さんが、次の健診のときに、「久しぶりにするっと出たので、もっと早くお薬もらえばよかったな」と話している場面はちょくちょく見かけます。


生活習慣も大切ですが、あまり頑張りすぎず、医師や助産師にご相談下さいね。


(文:松村陽香/助産師、イラスト:@tky_rinu)

※専門家からのコメントに関しては、診断や治療などではなく、あくまで医療・健康などに関する知識を得るための意見です。

特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分などの効果・効能を保証するものではないということをご理解ください。