朝の満員電車、上司の説教、理不尽なクライアント、やればやるほど何故か増えていく仕事…ストレス社会を這いつくばって過ごしてる皆さま、生きてますかー!?どうも、そんな世知辛い世の中で、もはや瀕死状態のいちじく舞です。私の場合フリーランスになってからというものの一番の敵は「孤独」です。


そんな現代社会を耐え忍ぶファイターにおすすめなのが「キックボクシング」。

なんでも最近では、芸能人や若い女性の間でも流行ってるそうな。ということで、今回は渋谷にあるキックボクシングジム「NEXTLEVEL渋谷ジム」に行って参りました!身体もろとも精神を鍛えて孤独に打ち勝つぞー!おー!

■渋谷から徒歩30秒のところに、ストレスを一蹴できるキックボクシングジムがある!


JR渋谷駅の新南口から徒歩30秒ほど歩いたところにある「NEXTLEVEL渋谷ジム」。このNEXTLEVEL渋谷ジムは会員数850人を誇る大手キックボクシングジムなんです。しかも、850人中なんと450人は女性なのだとか…!



ジムの中はこんな感じ。齢27にしてスポーツジムという施設に初めて足を踏み入れました。ミットやサンドバックを打つ音が響き渡り、室内には熱気が広がっています。写真では笑っていますが、ジムの雰囲気に見事に気圧される私。



この日のインストラクターは、キックボクシング団体「J-NETWORK」でバンタム級王者の座に輝いた経歴を持つ牧裕三(まき・ゆうぞう)コーチ。引き締まった身体の美しさと、声色の優しさのバランスが絶妙…!



NEXTLEVEL渋谷ジムのインストラクターは牧コーチ以外にも、キックボクシングやムエタイなどさまざまなジャンルの大会でチャンピオンを獲った選手がレッスンを受け持っているのだそう。

■キックとパンチの基本から学べる「ガールズ」コースのレッスン!


貸し出しウェアはTシャツとトランクス、各+100円。サンドバックがぶら下がるジムと貧弱な身体が不釣り合いすぎてなんだか合成写真のようです。


この日受けるレッスンは「ガールズ」コース。なんとこの「ガールズ」、その名前のかわいさとは裏腹に、ジムの中で最も動く激しいコースなんだとか。字面だけで判断することの危険性を学びました。



まずは準備運動から。過去の企画で全身筋肉痛になり、2週間ほどポンコツ人間になった経験があるので、準備運動は入念に行います。



そして次に、キック…ではなく、シャドーボクシングの練習。そっか、キックボクシングって蹴るだけしゃないんだ。殴る蹴るの動作を合法的に行える施設なんだ!と小さく感動。



まずは足の基本ポジションから。右足を前に出し、左足は斜め後ろに。



次にシャドーボクシングの腕の動き。まず手をグーに握り、頬骨のあたりに持っていきます。そして、そのまま勢いよく右手を前に突き出し…



猫パーンチ。

あれ…なんか違う。気迫が出ない。皆無。



気をとりなおしてキックの練習へ!一歩前に踏み出した左足を軸にし…



右足の膝下から宙を蹴ります!…美しい!この写真、そのままパンフレットに使えそう。



そして身体を後ろにひるがえし、蹴り上げた足を床につけます。ポイントは足のつま先まで力を入れること。それでは、先生の指導通りにキックしていきましょう。



左足を前に踏み込み…



その左足を軸にして、膝下からキック!



グリンッ。

全体を通して壊れたマリオネットのような動きになりました。

■楽しく身体を酷使!これでもかというくらい身体に鞭打つトレーニング


そしてお次は、運動とキック&シャドーボクシングを合わせたトレーニング。コーチに続くようにして生徒全員で列になって進めていきます。



線路のような縄を、その都度決められたステップで渡っていき…



壁に手を付き、ダッシュ!という流れをひたすら繰り返します。



やっと休憩だ…。と一安心するも「インターバルは30秒!」とコーチの声。慌ててミネラルウォーターを体内に流し込みます。水が…おいしい!

■殴る蹴る殴る蹴る殴る蹴る…グローブをはめて非現実的なミット打ち体験!


そして、グローブをつけて本格的にパンチ&キック!



先ほどのシャドーボクシングのレクチャーを思い出しながら、ワンツーワンツーストレート。何かを殴る経験ってとっても非現実的で新鮮…!



キックも徐々に慣れてくると、ミットの真ん中に入ったときの「スパァンッ」という感覚が快感に。ドーパミンが脳内にドバドバ溢れ出てくるのを感じます。



そしてお次は、5人1組のトレーニング!リングのロープに足をかけた状態の腹筋に…



スクワット。(ひとりだけズルをして、スクワット時に腰を落としていないのがバレる写真。そして何故かひとりだけガニ股)さらに



身体の節々がつらいこのポーズで停止し…



またまたパンチ&キック!これを3回ほど繰り返すと…



こうなります。

かなりきつい。それにしてもすごすぎる…私以外の「ガールズ」たちのパワー!

■初めてのサンドバックとのふれあい〜27歳・秋〜


まだまだトレーニングは終わらない!30秒のインターバルを挟み、次はジムに吊るされている、サンドバックをパンチパンチパンチ。ひたすらパンチ。



そして、こんな泣き笑いのような表情に。必死にパンチを繰り広げる私をあざ笑うかのごとく、かすかに揺れるサンドバック。このときすでに二の腕には筋肉痛の予感がしていました。


「ガールズ」コースはこれにて終了!よかった、生き長らえた…と思いきや…



だめ押しのように、最後は2人1組となりじゃんけんで負けたほうが腹筋&腕立てを3回するという地味にきついゲームで幕を閉じました。



完。

■身体だけじゃなくて「心が強くなる」キックボクシング


レッスン終了後、インストラクターの小林愛三(こばやし・まなぞう)コーチにお話を伺えました。小林コーチは、もともとNEXTLEVEL渋谷ジムの生徒だったのだとか。

体育専門学校在学中に出会ったキックボクシングにめっこりハマり、今では「初代ムエタイオープン女子フライ級王者」の座まで登りつめているとのこと…!すごい。



いちじく「いやあ、疲れました。とにかく疲れました。でも日常では起こり得ない、ミットやサンドバックを殴ったり蹴ったりする体験は痛快で楽しかったです!」


小林コーチ「実際にここに通ってらっしゃる生徒さんも、ダイエットのほかストレス発散の目的で来られる方が多いです。あとは『強くなりたい』とおっしゃって入会される方もいますね」



いちじく「…強くなりたい!」


小林コーチ「レッスンを通して楽しく自分の限界を突破できるので、体力的にも精神的にも強くなれるんです」


いちじく「確かに、通い続けたら屈強な精神の持ち主になれそう…」



NEXTLEVEL渋谷ジムには、今回受けた「ガールズ」のほか「ビギナー」などの初心者向けのコースから「ダイエットキック」などダイエット特化クラスも。クラスには女性が多いので、ひとりでの参加も安心です。

ストレス発散とシェイプアップが同時にできるキックボクシング。理不尽なことが起こりうる現代社会に、戦っていける強い心をキックボクシングで養ってみませんか?

■詳細


「NEXTLEVEL渋谷ジム」無料体験

場所…東京都渋谷区渋谷3-28-7青ビル3F

所要時間…1レッスン45分(ガールズ以外は60分)

料金…無料

持ち物…運動しやすい服装(トランクス、Tシャツ、各レンタル100円)

http://nextlevel-kick.co.jp/

(取材・執筆/いちじく舞 編集/ヒャクマンボルト)

⇒連載「死ぬ前に一度はやっておきたいこと」をもっと読む