ダイエットと聞くと、食べる量を減らすことが真っ先に思いつきますよね。しかし、管理栄養士の筆者が提案するのはプラス1品!「プラスしてダイエット?」と思う人もいるかもしれません。もちろんカロリーのとりすぎはいけませんが、カロリーと同じくらい大切なのが“栄養バランス”です。


「食べてないのに痩せない!」と嘆いている人は、このバランスが偏っている可能性もあります。今回は一品減らすのではなく、一品増やして、満足のいくダイエットができる方法をご紹介します。

■おにぎりと野菜サラダ+α

ちゃんとサラダも食べているからバランスいいでしょ!?と思っている方、間違いです。ダイエットの基本は糖質、たんぱく質、脂質の三大栄養素+ビタミン、ミネラルを摂取すること。


サラダでビタミン・ミネラルだけを補給しても、肝心の三大栄養素がそろっていなければ意味がありません。


さて、このメニューでは明らかにたんぱく質が不足しています。肌・髪、筋肉は、全てたんぱく質がもととなっています。たとえ痩せても、なんだか顔色が悪く、艶もなくなってしまっては意味がありませんよね。


そこでおすすめなのが“サラダチキン”。ダイエッターの間で人気となり、今はどこのコンビニでも置いてあります。高タンパク、低脂質で、ダイエット中に不足しがちなたんぱく質をとることができ、お腹も満足するのでダイエットも長続きしやすのです。


サラダの上にのせてボリュームアップ、またはそのままでもOK。ぜひ試してみてくださいね。

■サンドイッチ+α

忙しいから手軽にサンドイッチのみ。カロリーも多くないはずだし良いでしょ?と思っている方、間違いです。


サンドイッチは消化が早いため、後でお腹が空きおやつを食べて結局ダイエットになっていない、という人もいるのはないでしょうか。


基本的に、パンは米より消化が早く腹持ちが悪いです。サンドイッチは意外と脂質(マーガリン、マヨネーズなど)が多く、これだけでは糖質と脂質が主で栄養バランスが良いとはいえません。


そこでプラス“果物たっぷりヨーグルト”をつけてください。ヨーグルトでたんぱく質を、果物でビタミン・ミネラルを追加します。また、ヨーグルトにはダイエット中に不足しがちなカルシウムも豊富です。


間違ったダイエットをして体を壊さないよう、ダイエット中こそカルシウムをしっかりとってくださいね。

■うどん+α

ヘルシーなイメージがあるうどん。たしかに同じ麺類ならカップラーメンを食べるよりヘルシーですが、うどんだけでは栄養不足です。そんなときに一品とるなら筑前煮


コンビニにも惣菜が多く置かれる時代になりました。筑前煮は根菜類がたっぷりで食物繊維の摂取ができます。また、鶏肉のたんぱく質やニンジンのカロテンなど、いろんな栄養素が含まれています。


うどんだけだと腹持ちも悪いですが、筑前煮でボリュームアップすることで腹持ちも良くなります。そして、栄養バランスも整えることができますよ。



冒頭にも書いたように、決して減らすことだけがダイエットではないと覚えておいてくださいね。栄養バランスがそろったうえで、余分なカロリーをとりすぎないことこそが、ダイエット成功への近道。


無理して摂取カロリーだけを減らしても、一時的に体重は減るかもしれませんが、リバウンドをしやすくなります。また、筋肉が減り、体脂肪だけが増えてしまうこともあります。ダイエット中こそ、バランスを見直した食生活を心がけてくださいね。



(大賀早希/管理栄養士-健康検定協会-)