検索
雪合戦がスポーツに!? 最新ウィンタースポーツ情報

2017.12.20

雪合戦がスポーツに!? 最新ウィンタースポーツ情報


ウィンタースポーツといえば、スキーやスケート、スノーボードが定番ですよね。近年はそうした定番スポーツに加え、ニュースポーツも人気が高まってきているのだとか。今回は、楽しくエクササイズできる最新のウィンタースポーツをご紹介します。

●スポーツ雪合戦

子どもの頃、雪が積もったら友だちと「雪合戦」をしていませんでしたか?この遊びが、大人も楽しめる「スポーツ雪合戦」として発展しています。


2017年には、第4回日本雪合戦選手権大会が開催されました。一般社団法人「日本雪合戦連盟」の公式ルールは、フィンランド、ノルウェー、オランダ、オーストラリアなどで採用され、いずれは世界選手権大会を開催することが目標とされています(※1)。


スポーツ雪合戦のチームは、出場選手7人、補欠選手2人、監督1人という構成。競技者の体に雪玉が当たるとアウトで、コートから退場となります。1セット3分の3セットマッチで戦い、相手競技者全員をアウトにしたり、フィールドに立てられた相手チームのフラッグを抜いたりするとその時点でセットが終了です。3分が経過した場合は、コート内の人数でポイントを計算します(※2)。日本選手権大会以外にも、地域ごとでさまざまな大会が開催されています。

●デュアルスノーボード

「冬は毎年スノーボードで楽しむ!」という方は、今年は『デュアルスノーボード(セパレートスノーボード)』を試してみてはいかがでしょうか。


一枚板ではなく、片足ずつに分かれたスノーボードなので、ボードをつけたまま歩くことができます。難易度は少し高めですが、トリックの豊富さやアクロバットな動きも楽しめます。

●スノースクート

『スノースクート』というボードも最近注目を集めています。自転車とスノーボードを合わせたようなマシンで、ハンドルがあるので初心者でもバランスがとりやすいことが特徴です。自転車に慣れている方や、BMXなどの2輪スポーツが得意な方にもおすすめ。ターンやブレーキもしやすいので、ウィンタースポーツに苦手意識がある方も気軽に楽しめると思います。


ほかのスポーツギアに比べると少々高価ですので、まずはレンタルができるゲレンデなどで試してみるといいかもしれません。

¥117,720


Vogue sports スノースクート SNOWSCOOT オールラウンドモデル ONE-D ワンディ

詳細はこちら

●ZIPFY

「もっと気軽に雪山を楽しみたい!」という方には、『ZIPFY(ジップフィー)』というレバーつきのソリもおすすめです。ふつうのソリよりも安定性があり、かんたんに方向転換ができることが特徴的。ソリ独特のスピード感を楽しめるだけでなく、練習すればターンやジャンプといったトリックも楽しめますよ。

¥4,980


ZIPFY ジップフィー クラシック

詳細はこちら

ただし、ゲレンデによっては最新のスポーツギアはまだ「使用不可」となっている場合があります。ルールを守り、安全に楽しむようにしてくださいね!

参考:

※1 一般社団法人 日本雪合戦連盟

http://www.jyf.or.jp/

※2 一般社団法人 日本雪合戦連盟「連盟について」

http://www.jyf.or.jp/about/rule.php