こんにちは。ヨガインストラクターのYURIです♪


今日は、「戦士のポーズ2番」をご紹介します。


戦士のポーズ2番は、脚の大きな筋肉や、お尻を刺激するポーズです。

足腰の強化につながるだけでなく、代謝もあがります。


しなやかなスッキリとした脚とお尻、美しいボディラインをつくりたい方におすすめです。

■戦士のポーズ2番

インストラクター:@yuri_yoga.727/動画提供:@beautyandd


【方法】

  • 右足

    1.まず、足をそろえて直立します。

    2.息を吸いながら、右足を1m以上後ろに大きく開きます。

    3.かかとを一直線にそろえて、右足のつま先をななめ45度前方に向けます。

    4.左右の骨盤を一直線にします。(骨盤が歪まないように気をつけましょう)

    5.尾骨を下へ向けるようにして、骨盤を立てます。

    6.息を吸いながら両手をまっすぐ伸ばし、肩の高さまで持っていきます。

    7.息を吐きながら、左ひざをつま先方向へ曲げましょう。(ひざの真下にかかとが来るまで)

    8.左足の太ももがマットと平行になる状態を保ちながら、3〜5呼吸キープしましょう。

  • 左足

    右足と同じように行いましょう。


お疲れ様でした♪

■ポイント

戦士のポーズは、サンスクリット語で「ヴィーラバドラアーサナ2」と言います。インドの三柱神で、破壊の神様であるシヴァ神の化身「ヴィーラバドラ」の名前がついた力強いポーズ。水平に真っ直ぐ上げた腕の先を見つめるポーズは、「敵に向かい武器を掲げる戦士の姿」です。強い戦士になった気持ちでポーズをとってみましょう。


戦士のポーズ2番は、両手を大きく広げることで安定感や集中力がアップします。


アーユルヴェーダの観点で言うと、不安定な性質を持つ「ワータ」のエネルギーを抑え、安定や集中をもたらします。筋力アップも期待でき、強くてしなやかな体が養われるほか、自立心や意志力アップにもおすすめです。


【コメント】アーユルヴェーダ:飯田桃子

※正しく行うと健康保持・増進のための有用な習慣を身につけることができます。

その反面、指導者がいないと我流になり有害事象を生じやすくなります。無理をせずに、特に持病などをお持ちの方は医師や指導者に伝えてから始めましょう。


※ヨガの臨床効果については、ランダム化比較試験を参照してください。

http://okat.web.fc2.com/


(参照:厚生労働省「統合医療」情報発信サイト)