フライパンを持ったときやドアを開けようとしたときなど、手首に原因不明の痛みが走ったことはありませんか?疲れや捻挫といった心当たりがあればまだいいものの、「原因不明」な痛みだと不安になってしまうものです。今回は、「手首の痛み」を引き起こす疾患について解説します。

記事監修


金永優(きん・よんう)先生


韓国 ソウル大学医学部卒業。京都大学大学院医学研究科整形外科学講座にて医学博士取得。京都大学医学部附属病院で研修後、倉敷中央病院、浜松労災病院、京都市立病院、滋賀県立成人病センターに勤務。2017年4月よりフランス・パリのピィティエ・サルペトリエール病院に整形外科医として留学中。医師+(いしぷらす)所属。


▼詳細プロフィール

https://mycarat.jp/experts/198

■ドゥ・ケルバン病

携帯電話、スマートフォンの普及によって増えてきた「ドゥ・ケルバン病」という疾患があります。手首の親指側には親指の腱(けん)を通す腱鞘(けんしょう)というトンネルのような部位があります。親指を動かす短母指伸筋腱と長母指外転筋腱という2本の腱が腱鞘の部位で炎症を起こし腱鞘が腫れてしまうというのがドゥ・ケルバン病です。


ドゥ・ケルバン病は手首が重い、だるいといった違和感、親指を動かしたときの痛みから始まります。病状が進行すると、親指を動かすと激痛が走るようになり、炎症によって手首の親指側が腫れてきたりします。また、寝ている間でもズキズキと痛むようになります。


ドゥ・ケルバン病なのかどうかは、「フィンケルシュタインテスト」という方法である程度調べられます。やり方は簡単です。痛みのある親指を内側に入れて手を握り手首を小指側に曲げます。このとき、強い痛みを感じるのであればドゥ・ケルバン病の可能性が高いのです。

■手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)

手のひらの人さし指、中指のしびれから始まり、親指、薬指の親指側半分までのしびれ、痛みがあるという人は「手根管症候群」という疾患かもしれません。親指から薬指の半分までを司る正中神経が、手首にある手根管内(トンネルのような形状をしています)で圧迫されて起きる疾患です。


この痛み、しびれは朝に強く見られます。目を覚ますと手が痛んだり、しびれたり、また、痛みで目が覚めるということもあります。手を振ったり指を曲げ伸ばしすると、痛みが和らぐのが特徴です。


この疾患も自分で診断することが可能です。手首の手のひら側をたたいてみて、指先に痛みや痺れが響くようであれば「ティネルサイン陽性」といって、手根管症候群かもしれません。また、「ファーレンテスト」という方法でも診断できます。両方の手首を手のひら側に直角に曲げ、手の甲同士を押し付けます。その姿勢を1分ほど維持したとき痛みや痺れが悪化する場合は「ファーレンテスト陽性」といってやはり手根管症候群の疑いがあります。

■ガングリオン

手首にコブのようなものができている場合、「ガングリオン」かもしれません。


ガングリオンはゼリー状の液体が袋の中にたまったもので、手首のほか、指の付け根にできることもあります。悪性のものではありませんし、神経などが炎症を起こして腫れているという類いのものでもないので、周囲の神経を圧迫していない限りは、触っても痛くありません。なお、コブの硬さは状況などによって異なります。

■三角線維軟骨複合体損傷(TFCC損傷)

手首の小指側が痛む、フライパンを持ったりドアノブを回すと手首が痛むという人は「三角線維軟骨複合体損傷」かもしれません。これはテニス、バドミントンなどのラケットを使うスポーツの選手に多く見られるものです。


三角線維軟骨複合体とは、手首の小指側にある三角形の組織で、軟骨と靭帯でできています。英語では「Triangular FibroCartilage Complex」で、この略称として「TFCC」とも呼ばれます。この部位は手首を支えるクッションのような役割を果たしています。転んで強い力で手をついてしまったときなど、このTFCCに亀裂が入るなどの損傷を起こすと手首の小指側が痛んだり、手に力が入りにくくなったりします。


三角線維軟骨複合体損傷は、転んで手をついたというようなけがをして発症するほか、テニスなどで慢性的に手首を酷使しているような場合にも発症します。



上記で紹介したガングリオンは、悪性の腫瘍ではありません。したがって、痛みがなく日常生活にも支障がないような大きさであれば、経過観察で問題ありません。


ただし、コブがガングリオンなのかどうかは素人には判断がつきませんし、ほかの疾患が痛みを引き起こしている可能性もあります。それほど痛くないからと放置していると症状が悪化することも考えられます。大げさと思うかもしれませんが、体の異常を感じたときは専門医を受診するようにしてください。


(藤野晶@dcp)