私には、親の仇のようにクッキーを焼き狂っていた時期があります。


数年前の年明け、もうじきやってくるバレンタインに備えてクッキーを作る練習に明け暮れていました。チョコではなくクッキーだったのは、仕事が終わったタイミングで渡すため溶けない焼き菓子がちょうど良かったんです。

ですが、どうしようもないくらいにぶきっちょな私。付け焼き刃のスキル虚しく、岩のような硬さの岩のような見た目のクッキーが出来上がり、もはや岩を持って挑んだバレンタインは惨敗。

お菓子って……特に人にあげる場合は、見た目が大切なんだな。と、静かに自分を納得させた思い出があります。


プレゼントにぴったりなお菓子といえば、可愛くデコレーションされた「アイシングクッキー」。なんでも、そんなアイシングクッキーを自分で作れる教室が高円寺にあるのだとか。あの日以来、お菓子作りから距離を置いていた私ですが、この機会に過去の傷を癒すべく高円寺へと向かいました!

■プレゼントにもおすすめ!見て可愛い、作って楽しい、アイシングクッキー教室


今回やって来たのはJR高円寺駅の北口から徒歩5分のところにある「ALL C's CAFE(オールシーズカフェ)」。



普段は、カフェとしても営業している「ALL C's CAFE」。店内は、ドイツの子ども部屋とお菓子のお家をイメージして作られたのだとか。このカフェの一席でアイシングクッキー教室は行われます。



アイシングクッキーの作り方を教えてくれるのは、まるで妖精のような存在感を放つ井嶋店長。栄養士の専門学校を卒業後、この「ALL C's CAFE」で働き出し、2017年の7月に店長に就任したのだそう。



井嶋店長「最近ではインスタでアイシングクッキーを知って、教室に来られる方も増えて来ました。また、誕生日や結婚祝いのプレゼント用として作りに来られる方も多いですね」



確かにインスタ映え間違いなしのアイシングクッキー。やはりインスタ女子にも人気の様子。では早速、アイシングクッキーを作っていきましょう! ちなみに私は、自分自身にプレゼント予定です。

■豊富な材料で世界に1つだけのアイシングクッキーを作ろう!


まずは、クッキーの型選びから。なんと店内には1,000種類もの型があるのだそう……! プレゼントの場合は、相手のパーソナリティを思い浮かべながら選ぶと楽しそう。



井嶋店長「初心者の方はなるべく大きい型がおすすめです。目や鼻など、顔のパーツを書くだけで完成する、動物ものなども良いかもしれません」



いただいたアドバイスをそのまま素直に受け取り、この日のアイシングテーマは「動物園」に決定。熊やウサギ、カエルなどの型をセレクトしていきます。



お次は、選んだクッキーの型でクッキーの生地をくり抜いてく工程。あらかじめプレーン、チョコ、いちごの3種類の生地が用意されています。



プレーンやチョコでくり抜いた熊に、いちごでくり抜いたハートを持たせる…なんて合わせ技も!



そしてカフェの調理場でクッキーを速やかに焼き上げてもらいます。クッキーは、生地の制作から焼く工程まで全部お任せできるので、失敗する可能性はゼロ。リスク回避できるのがありがたい!



クッキーを焼き上げている途中、予備のクッキーでアイシングの練習をしていきます。卵白、砂糖、水を合わせて作ったアイシング。そこに専用の着色料を入れることで、カラフルなアイシングができあがるのだそう。



まずはアイシングをクッキングシートで作られたコロネに流し入れます。さらに、先端部分を細く切りクッキーを縁取っていきます。まっすぐ線を引く作業、かなり難しい……。



次に、水を足してヨーグルトほどの固さまで柔らかくしたアイシングで縁の中を塗っていきます。最初に書いた縁が、柔らかいアイシングの液をせき止めるダムの役割を果たしてくれるんです!



平面に模様を描きたい場合は、最初に彩ったアイシングが固まる前に模様を描きます。立体的な模様を作りたい場合は、最初のアイシングが固まった後に模様を乗せていくのがコツ。



人生初めてのアイシング、絶望的に下手だったのは想定内。くじけず、焼き上がったクッキーに本番アイシングを施していきましょう!

■震える手でアイシング初体験! 緊張も、喉元過ぎればいつの間にか楽しさに


顔のパーツは固めのアイシングで描いていきます。動物の顔を可愛くする秘訣は、鼻と目の位置を近く描くことだそう。



あ! 本当だ! 最短距離で可愛くなった!



せっかくなのでクッキーの全面を塗るアイシングにもチャレンジ。教えてもらった通り、まずは固めのアイシングで縁取り……水を足して柔らかくしたアイシングで縁の中を塗って……そのアイシングが乾いたら顔のパーツを乗せて……



グーグルの画像検索で出てきたケロケロケ●ッピを真似ながら描き進め、見事完成! ちょっと縁の部分がヨレたものの、ちゃんとカエルに見える、見える! 

ちなみに、このように固めのアイシングで色とりどりの水玉を描いていくだけでも可愛くなります。ネイルアートが上手な人は上達するのが早いかも。



そして、これが井嶋店長がサクッと作った作品。まるでペンで描いたようなクオリティに脱帽。アイシングクッキー道は1日にしてならず。



できあがったアイシングクッキーは専用のボックスに入れて持ち帰ることができます。入りきらなかったクッキーは、その場で食べても、自分で持ち込んだ箱に入れて持ち帰ってもOK。並べると可愛さが倍増する!

■不器用な初心者でも、可愛いアイシングクッキーができあがった!


緊張のアイシングクッキー初体験。動物から逸脱した妖怪のような物体ができあがったらどうしよう……と不安でいっぱいでしたが、コツさえつかめば私でも可愛いアイシングクッキーを作ることができました!


何より、道具の用意や下準備は全て事前に行ってくれているので、単純にアイシングをする楽しさを味わえるのが「ALL C's CAFE」のいいところ。時間を忘れて描くアイシングに没頭できました。



「食べるのもったいなーい!」と言いながら1人でムシャムシャ食べましたが、味もバッチリ美味しかったです。世界に1つだけの想いのこもったプレゼントとして、アイシングクッキーはおすすめですよー! 

■詳細


「ALL C's CAFE」アイシングクッキー教室

場所…杉並区高円寺北3-25-24三宅ビル2F

所要時間…2〜3時間

料金…1人 1トレイ 3,500円

※制作時間が5 時間を超えた場合1時間毎に500円 加算

※土日、祝日… +1,000円

持ち物…エプロン、持ち帰り用のタッパーや箱

http://www.allcscafe.com/

(取材・執筆/いちじく舞 編集/ヒャクマンボルト)

⇒連載「死ぬ前に一度はやっておきたいこと」をもっと読む