検索
「すそわきが」って何? デリケートゾーンの臭いの原因と対策法

2018.01.16

「すそわきが」って何? デリケートゾーンの臭いの原因と対策法


陰部周辺のデリケートゾーンの臭いが強い症状を「すそわきが」と呼ぶことがあります。他人と比べるのもなかなか難しい場所だけに、「自分は大丈夫だろうか」と不安に感じている人もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は「すそわきが」、デリケートゾーンの臭いの原因と対策を解説します。

記事監修



加藤智子 先生


産婦人科医。浜松医科大学医学部医学科卒業、社会医療法人財団新和会八千代病院、三河安城クリニック勤務。日本産科婦人科学会(専門医)、日本医師会(認定産業医)、日本抗加齢医学会(専門医)、NPO法人女性と加齢のヘルスケア学会(更年期カウンセラー)、日本産婦人科内視鏡学会、日本女性心身医学会、検診マンモグラフィ読影認定医、日本気象予報士会東海支部(気象予報士)。女医+(じょいぷらす)所属。


▼詳細プロフィール

https://mycarat.jp/experts/111

■「すそわきが」の原因とは?

まず「わきが」の原因についてですが、脇の臭いは脇にある「アポクリン汗腺から出る汗が雑菌と混ざること」で発生します。脇のアポクリン汗腺の数が多い場合、発汗量も多くなるので、臭いが強くなり「わきが臭」につながってしまうのです。

このアポクリン汗腺は、脇の下以外に、耳の中、乳頭の周り、そしてデリケートゾーンに分布しています。


つまり「すそわきが」の場合は、デリケートゾーンにあるアポクリン汗腺の数が多く、そこから出る大量の汗が雑菌と混ざっていると考えられます。デリケートゾーンは脇の下と同じように蒸れやすいだけでなく、排泄器官の近くであるという要因もあり、臭いがより強くなってしまう可能性もあります。


以下の項目に当てはまる人は、「すそわきが」かもしれません。

【すそわきがのセルフチェックポイント】


  • わきが体質である

    わきがの症状がある人は、「すそわきが」を併発している可能性が高いようです。「わきが」の人はアポクリン汗腺の数が多い可能性が高く、デリケートゾーンも同様の状況だと考えられます。

  • 下着に黄色っぽい染みが付く

    …アポクリン汗腺から出る汗は黄色っぽいのが特徴です。ブラウスの脇が黄色くなるという人は、下着の染みもアポクリン汗腺からの汗が原因の可能性があります。もちろん、尿やおりものの可能性もあります。

  • 湿った耳垢(みみあか)が出る

    …体質的なものですが、耳垢が湿っている人はわきが体質の可能性が高いといわれています。また、わきが体質の人のほとんどは耳垢が湿っているといいます。耳の中にもアポクリン汗腺があるため、ここからの汗が多いと耳垢が湿ったものになるのです。湿った耳垢は「軟耳垢(なんじこう)」といいますが、これも「わきが」「すそわきが」と関係があるといえるでしょう。

  • 両親や親戚にわきが体質の人がいる

    …「わきが」のもととなるアポクリン汗腺の数は遺伝します。つまり、両親や親戚にわきが体質の人がいれば、自分もその体質を受け継いでいる可能性が高いといえます。

  • デリケートゾーンの毛が濃い

    …陰毛が濃い、太いと、アポクリン汗腺の数が多くなるという傾向があります。陰毛が濃い人は、「すそわきが」の可能性が高くなります。

■「すそわきが」は対策できる?

「すそわきが」の原因は一般的な「わきが」と同じアポクリン汗腺ですが、陰部は非常にデリケートなため、わきがと同様の治療や手術ができない場合もあります。また、場所が場所なだけに、たとえ医者相手でも相談しにくいという人もいらっしゃるでしょう。しかし、ある程度は自分でケアすることができます。


日常生活では、以下のようなことを取り入れてみましょう。


  • 陰部を清潔に保つ

    洗浄機のあるトイレが利用できる場合、ビデ機能できれいに洗いましょう。生理中であれば、汗だけではなく経血もしっかり流しましょう。そして、流した後は十分に乾かしましょう。湿度が高くなると、臭いのもとになる雑菌が繁殖しやすくなります。

  • 陰部に湿気がこもらないようにする

    湿度・温度が高くなると「すそわきが」の臭いも強くなります。これを防ぐには、通気性の良い下着を着けましょう。また、生理用品やおりものシートも、できるだけ通気性の良いものを選びましょう。

  • 洗い過ぎない

    上記で「陰部を清潔に」と説明しましたが、洗い過ぎも良くありません。特に殺菌力が高いせっけんを使うと、デリケートな陰部が炎症を起こすこともあります。また、肌や膣内を守る善玉菌まで殺してしまうこともあり、そうなると臭いの原因となる雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。デリケートゾーン専用のせっけんなどを使うと良いでしょう。

  • ムダ毛のお手入れをする

    脇などのムダ毛は定期的にお手入れするけれども、デリケートゾーンのお手入れはおろそかにしがちではありませんか? ムダ毛を処理したからといってアポクリン汗腺の数が減りはしませんが、陰部が蒸れにくくなります。

  • 脇用のデオドラント製品は使わない

    せっけんの説明でも触れましたが、脇用のデオドラント製品はデリケートゾーンに使うには刺激が強すぎます。脇用の製品に比べると選択肢も少なくなりますが、低刺激のデリケートゾーン専用の製品を使いましょう。

  • 臭いの強くなる食べ物を避ける

    ニンニクなどの臭いの強い食べ物を食べた後は口臭や体臭が気になりますね。これは「すそわきが」にも影響し、陰部の臭いが強くなることがあります。また、肉類などの動物性タンパク質が原因で「わきが」や「すそわきが」の臭いも強くなると考えられます。


デリケートな場所なだけに、不安になってしまいがちな「すそわきが」ですが、対策としてはやはり「清潔にすること」が重要なようです。まずはしっかりセルフケアして、それでももし改善がみられない場合は、専門のクリニックに相談してみるといいかもしれませんね。


(藤野晶@dcp)