検索
喉の違和感、咳払いが止まらない…。エヘン虫の対処法って?

2018.01.17

喉の違和感、咳払いが止まらない…。エヘン虫の対処法って?


喉に何か引っ掛かったような「イガイガ」した違和感を、「エヘン虫」と呼ぶことがあります。風邪をひいたときなど一時的なものであればまだいいのですが、なかには日常的に喉に違和感がある、という人も。咳払いがクセのようになってしまっている……、なんて人もいるかもしれません。今回はこの「エヘン虫」の原因や対処法を解説します。

記事監修



鈴木智(すずき・さとし)先生


呼吸器内科医。金沢医科大学医学部卒業。舞鶴市民病院等での臨床研修を経て、2003年金沢駅前ぐっすりクリニック開院、2004年より加賀ぐっすりクリニック院長を務める。医療法人すのあ会理事長。医師+(いしぷらす)所属。


▼加賀ぐっすりクリニックfacebookページ

https://www.facebook.com/kaga.gussuri/

▼詳細プロフィール

https://mycarat.jp/experts/183

■喉がイガイガするエヘン虫の正体は?

喉がイガイガする、その不快感をイメージした「エヘン虫」という言葉がありますが、これはもともと『ヴイックスドロップ』(現在の商品名は『ヴイックス メディケイテッド ドロップ』)という喉あめのCMに登場するキャラクターです。「エヘン虫がつらい」といえばひと言で症状が伝わる手軽さから、広く使われるようになったようです。


この「喉がイガイガする」という状態については、以下のような原因が考えられます。


  • 細菌やウイルス

    喉は食べ物や空気の通り道で、粘膜によって外部から守られています。細菌やウイルスが粘膜に侵入すると、炎症が起こり、喉がイガイガする原因になります。

  • タバコの煙

    タバコの煙にはご存じのとおり、化学物質が含まれています。これを吸い込むことで喉に炎症を引き起こします。咳や痰(たん)の原因にもなります。


    タバコの煙のほか、花粉症であれば原因となる種類の花粉、ハウスダスト、黄砂なども炎症を起こすことがあるのでエヘン虫の原因になります。

  • アルコール

    体内でアルコールを分解するには、大量の水分が必要です。体内の細胞からは水分が奪われ、喉の粘膜も乾燥します。粘膜が働かなくなると、細菌やウイルスへの耐性が低くなり、炎症を起こします。また、アルコールが直接喉の粘膜にダメージを与えることもあります。

  • 空気の乾燥

    冬は空気が乾燥しやすくなります。冷たく乾燥した空気を吸っていると、喉の潤いも不足してしまいます。すると細菌やウイルスが喉に付着しやすくなり、炎症を起こします。

  • 声の出し過ぎ

    イベントなどで大きな声を出し続けたり、カラオケで長時間歌うなどして声帯を酷使すると、炎症を起こす原因になります。カラオケの後で声がかれたり、喉が腫れたりしたという経験はありませんか?

  • ストレス

    ストレスはさまざまな体調不良の原因として知られていますが、エヘン虫の原因としても挙げられます。強いストレスを受けていると体の免疫機能が低下します。細菌やウイルスにも弱くなり、炎症を起こしやすくなります。

  • 咽喉頭異常感症(いんこうとういじょうかんしょう)

    喉の違和感の原因となる病気は幾つかありますが、例えば「逆流性食道炎」のような特定の病気と認められない症状の総称です。


    この病気の原因としては心理的な要因が大きいとされています。ちょっとした違和感から意識が喉に集中してしまい、そのことばかり考えてしまいます。これが大きなストレスになり、症状を引き起こす場合があります。

  • 逆流性食道炎

    胃酸が食道に逆流してくると、食道が炎症を起こすことがあります。胃酸は酸性が強く、喉の粘膜では耐えられないのです。

■エヘン虫の対処法

  • 喉の潤いを保つ

    エヘン虫の原因の多くは、喉の粘膜が乾燥していることに起因しています。喉の潤いを保つことは、エヘン虫の対処法として有効です。以下のような方法で保湿しましょう。


    ・加湿器を使う

    ・水を入れたコップを置く

    ・室内で洗濯物を干す

    ・マスクを着用する

    ・喉あめをなめる

  • 有害物質への対処

    昔から「外から帰ったらうがい、手洗い」といわれます。外で過ごして喉に付着した異物、有害物質を洗い流すため、うがいは効果的です。市販のうがい薬を使うのも良いでしょう。


    また、マスクの着用は湿度を保つ効果もありますが、花粉やハウスダスト、黄砂をブロックするためには大変有効です。ただし、同じマスクを何日も使い回すのはやめましょう。

  • 生活習慣の改善

    免疫機能の低下がエヘン虫の原因になるのはご説明したとおりです。これを改善するには、質の高い睡眠、栄養バランスの取れた食事といった生活習慣の改善が効果的です。そのほか、ストレスをうまく発散するような工夫も必要です。

  • お酒、タバコを控える

    どちらも喉にダメージを与えるのはお分かりですね。エヘン虫以外にもいろいろなデメリットがあるので、完全にやめられないとしても数を減らす努力をしましょう。

  • 医療機関での治療

    上記のような方法でも症状が改善されず、どうしても気になるようなら病院に行きましょう。エヘン虫が気になって仕方ない状態が続くと「咽喉頭異常感症」を引き起こし、別の病気を誘発することにもなりかねません。


エヘン虫は、喉に潤いを与えるのが効果的だといえそうです。特に冬場は空気が乾燥するので、今回ご紹介した方法を併用して、エヘン虫を撃退してください。どうしても改善されない場合は医師に相談してみるといいかもしれませんね。


(藤野晶@dcp)