検索
「野菜から食べるべき」なのはどうして?食べる順番とダイエットの関係

2018.03.06

「野菜から食べるべき」なのはどうして?食べる順番とダイエットの関係


食事をする際、特にダイエットを考えている人は「野菜から食べるといい」とされています。これはどうしてなのでしょうか?食べる順番はダイエットにどう関係するの?今回は、「食べる順番とダイエットの関係」について紹介します。

記事監修



金子奈衣華 氏


栄養士。健康検定協会メンバー。日本化粧品検定協会公式コスメコンシェルジュ、調味料検定も所持。健康、美容など多岐にわたる情報を使い活躍中。


⇒健康検定協会

http://www.kenken-kyoukai.jp/

野菜から食べるべき理由は?

食べた物は、消化の過程でいったん胃に納まりますから、食べる順番はあまり関係ないように思えますよね。しかしどんな食材を先に食べるかで、体への働き掛けが変わります。たとえば最初にご飯など炭水化物を食べた場合と、最初に野菜を食べた場合では、血糖値が上昇するまでの時間が大きく異なります。


最初にご飯など炭水化物を食べた場合は、血糖値が急激に上がりますが、最初に野菜を食べることで血糖値の上昇が緩やかになります。なぜ炭水化物が血糖値を急上昇させるのかというと、炭水化物には血糖値を短時間で上昇させる働きのある「ブドウ糖」が多く含まれているからです。一方の野菜には、そこまで多くのブドウ糖は含まれていませんから、血糖値の上昇は緩やかなのです。


血糖値が急上昇すると、血糖が血管を傷つけないよう、血糖を脂肪に変えるインスリンが多く分泌されます。つまり、炭水化物を先に食べることで、体内の脂肪も増えてしまうのです。反対に野菜は血糖値の上昇が緩やかなのでインスリンの分泌も抑えられます。そのため、「肥満を防ぐには野菜から食べたほうがいい」といわれるのです。


また、野菜だけでなく、炭水化物を含む食品より先に肉や魚などのタンパク質を食べるのが好ましいという説もあります。たとえば、アメリカ・ワイルコーネル医科大学のルイ・アロン教授らが、この説を立証しています。炭水化物より先に野菜、またタンパク質や脂肪を含む食品を摂取したところ、食後の血糖値とインスリン値が低下することが分かったのです。

⇒参考:

「Food Order Has Significant Impact on Glucose and Insulin Levels」

http://news.weill.cornell.edu/news/2015/06/food-order-has-significant-impact-on-glucose-and-insulin-levels-louis-aronne

さらに、先に野菜や肉類などを食べることでおなかが膨れます。そうすると、後に回す炭水化物の摂取量を減らせる可能性が高くなります。食べる順番を意識して炭水化物を含む食品を摂取するのをできるだけ後ろにずらすと、急激な血糖値の上昇を抑えるだけでなく、上昇度を抑えることにもつながります。

順番だけでなく食べるスピードや時間も重要

ダイエット中の食事では、食べる順番だけでなく「食べるスピード」も重要です。早食いをするとそれだけ血糖値も早く上昇してしまい、仮に炭水化物を減らしたとしても意味がありません。ですので、食事の際はゆっくりとよくかんで食べるようにしましょう。よくかむことは満腹中枢を刺激することにつながるので、大食い防止にもなります。


また、食べる時間も大事です。特に夜遅い時間に食べるのはNG。夜は人間を活発にさせる交感神経よりも、体をリラックスさせる副交感神経が優位になり、エネルギーの消費が抑えられる時間です。エネルギー消費の乏しい夜遅くに食事をすることで、たくさんの脂肪が消費されずに蓄えられるので、肥満につながってしまうのです。また、夜遅くの食事は、寝ている間も内臓を働かせることになります。そうすると肥満だけでなく、自律神経が乱れて目まいや疲れを感じるなど、体調を崩したり、睡眠の質を下げることにもつながります。



ダイエットを考えた場合、やはり「食べる順番」は重要です。特に血糖値の上昇をまねく炭水化物を最初に食べるのは避け、野菜やタンパク質を食べてからにするといいかもしれません。もちろん早食いや夜遅くの食事も厳禁です。無理な食事制限をする前に、食べる順番から意識してみてはいかがですか?


(中田ボンベ@dcp)