検索
洋服に合わせてメイクも変えよう。ファッションと相性のいい眉の見つけ方

2018.03.23

洋服に合わせてメイクも変えよう。ファッションと相性のいい眉の見つけ方


ファッションの雰囲気に合わせてアイメイクやリップなどの色を変える人は多いでしょう。しかし、「眉毛」はどうですか? 服装と眉毛がちぐはぐだと、マイナス印象を与えてしまう可能性もあるそう。今回は美眉アドバイザーの玉村麻衣子さんに、「好んで着るファッションと相性のいい眉の見つけ方」を教えていただきました。

取材協力・監修

玉村麻衣子さん


美眉アドバイザー。アイブロウの技術者資格『Browtist(ブロウティストR)』保有。「眉は表情を生み出し、印象を変える大切なパーツ」という理念のもと、人の筋肉や骨格に基づいたアイブロウデザインの提案・施術、なりたい理想のイメージに近づくためのアイブロウメイクのポイントを、セミナーやメディアでの執筆活動を通じて紹介している。著書に、『いつものコーデが見違える!美眉メイク&プチプラコーデの作り方』(株式会社オーバーラップ)、『目元で、美人の9割が決まる』(KADOKAWA)がある。


■アメーバオフィシャルブログ

http://ameblo.jp/maiko-tamamura/

■LINE公式ブログ

http://lineblog.me/maiko_tamamura/

■Instagram

https://www.instagram.com/maiko_tamamura/

街中を歩いていると、顔の雰囲気とファッションの系統がまったく合っていない人を見かけることもしばしば。すれ違う人にそうしたマイナスの印象を与えてしまう大きな要因は、ファッション系統と合っていないメイクです。特に眉は、顔の印象を左右する一番のパーツなので、ファッションと調和させることがとても大切です。


ファッションは細かく分けるとキリがないので、今回は、大きく分けて3タイプのファッションごとに、似合う眉をご紹介します。

◆メンズライクなファッションに似合う眉は直線ベースのストレート眉

まず1タイプ目は、パンツやジャケットをかっこよく着こなすメンズライクなファッションを好む人。このタイプに似合うのは、直線ベースのストレート型の眉デザインです。ストレート型の眉は大人っぽく見せてくれ、目ヂカラをアップする効果も期待できます。


元気で若々しい雰囲気に見せたいなら、やや太めのストレート眉がおすすめ。芸能人でいうと、中村アンや武井咲。元気で若々しい印象で、ハンサムなファッションとも相性よしです。余裕を感じさせる大人な雰囲気を重視したいなら、細めのストレート眉が◎! 吉瀬美智子や井川遥のようなファッションが好きなら、この眉がイチオシです。


描くときのポイントは、眉の上下のアウトラインが直線的になるようにブラシを動かすこと。たったこれだけで、理想の眉に仕上がります。


◆フェミニンなファッションに似合う眉は、柔らかい印象を作るアーチ眉

2タイプ目は、シフォンスカートやパフスリーブ、女性らしいワンピースなど、かわいらしくフェミニンな洋服を好んで着る人。このタイプには、曲線ベースのアーチ型の眉デザインが似合います。アーチ型の眉は、表情を女性らしく柔らかく見せてくれます。


アーチにも太め・細めがありますが、太めに描くと、佐々木希、有村架純のようにキュートで若々しい印象に仕上がります。細めに描くと、石原さとみ、壇蜜のように、色っぽさや大人っぽさを演出することができます。また、細めのアーチ眉は和装との相性がばつぐんなので、着物や浴衣を着るときにはぜひチャレンジしてみてください。

◆カジュアルなファッションに似合う眉は、自眉を活かしたナチュラル眉

3タイプ目は、スニーカーと合わせるカジュアルラインを好むタイプ。きれいめカジュアルではなく、アウトドアで遊ぶのにぴったりなスタイルです。この手のファッションと相性がいい眉は、自眉を活かしたナチュラル眉。髪色よりも2トーン明るいアイブロウパウダーで、眉と眉の隙間を軽く埋める程度でOK。基本的に、輪郭や眉尻をはっきり描くとコンサバティブに仕上がり、輪郭や眉尻をぼかして描くとカジュアルな格好と相性がいいナチュラル眉に仕上がるので、休日にTシャツやざっくりニットを着てラフに過ごしたい日なんかも、パウダーをのせる程度にとどめるのがおすすめです。


とはいえ、眉を抜き過ぎてあまり生えていない人、眉のかたちが欠けている人などは、パウダーをのせただけだとぼんやりした顔に見えてしまいます。その場合は、パウダーをのせる前やのせた後に、リキッドアイブローを使って足りない部分に一本一本描き足してあげましょう。



日によって異なるファッションをまとうという人は、その日の洋服に合わせて眉を変えるのもアリ。ファッションとメイクの相乗効果によって、より魅力的なスタイルに仕上がりますよ。おしゃれを存分に楽しんでくださいね。


(取材・文 松本玲子)