会社に勤めていると、毎年1回は健康診断が実施されますね。社内で



「γ-GTPの値が良くなかった……



なんて話がされるのも年中行事のひとつになっているのではないでしょうか。でも、この健康診断でどんな検査をするかはいろいろ違いがあるようなのです。


今回は「大人の健康診断」について取材しました。

■「定期健康診断」の項目は決まっています!

皆さんが1年に1回会社で受ける「定期健康診断」は、労働者の健康を守るために法律にのっとって実施されています。


また、労働安全衛生規則の第44条に「定期健康診断」で行うべき検査項目が決められているのです。これがいわゆる「法定検査項目」というもので、下のようになっています。

定期健康診断の「法定検査項目」

  • 既往歴および業務歴の調査

  • 自覚症状および他覚症状の有無の検査

  • 身長、体重、腹囲、視力および聴力の検査

  • 胸部エックス線検査および喀痰(かくたん)検査

  • 血圧の測定

  • 貧血検査

  • 肝機能検査(GOT、GPTおよびγ-GTPの検査)

  • 血中脂質検査(LDLコレステロール、HDLコレステロール、トリグリセライド)

  • 血糖検査

  • 尿検査

  • 心電図検査

この定期健康診断は「常時使用する労働者に対し、1年以内ごとに1回」行わなければなりません。


ただし、医師が必要でないと認める場合には「身長の検査」「腹囲の検査」「喀痰の検査」「貧血検査」「肝機能検査」「血中脂質検査」「血糖検査」「心電図検査」を行わなくて良い、とされています。

⇒データ出典:『厚生労働省』の「労働安全衛生法に基づく健康診断の概要」

http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/01/dl/s0119-4h.pdf

■健康診断は自由診療なんです!

上記の検査項目を見て、「あれ?うちの会社では、ほかにもいろいろ検査するけど?」と思われた方がいらっしゃるかもしれません。


実は、健康診断の中身は、会社や自治体などによっていろいろ変わるのです。これはなぜなのでしょうか? 


『MYメディカルクリニック』理事長の笹倉渉医師にお話を伺いました。

取材協力・監修


笹倉渉理事長・医師

『公立昭和病院』初期臨床研修医。『東京慈恵会医科大学附属病院』麻酔科・助教。『公益社団法人 北部地区医師会 北部地区医師会病院』麻酔科・科長を経て、現『MYメディカルクリニック』理事長。


⇒『MYメディカルクリニック』公式サイト

http://mymc.jp/

――健康診断ってなぜ中身がいろいろ変わるのでしょうか?


笹倉先生 一般の人は驚くかもしれませんね。実は健康診断というのは自由診療なのです。


定期健康診断では「法定検査項目」が定められていて、それはみんな受診するのですが、それ以外のものを行うかどうかは、会社、健康保険組合、自治体などが決めているんですよ。


――えっ!そうなんですか。


笹倉先生 はい。法定検査項目を行って、そこで引っ掛かった人がいらっしゃるとその人に再検査を促します。健康診断の結果は所轄の労働基準監督署長に報告する義務があります。


――国民の健康管理ですね。


笹倉先生 はい。でも法定検査項目だけですと、分かることは本当に少ないんですよ。もちろん無駄ではありませんが「占いに毛が生えたようなもの」と言えるかもしれません。言葉は悪いですけどね。


医師からすると、どうせ検査するんだったらコレをやればいいのになぁ、と思うこともあります。


――なるほど。法定検査項目に入っていない検査を行うこともあるのですか?


笹倉先生 あります。たとえば、人事部や総務部の人、また健康保険組合の人が「うちの会社ではこの検査は入れてください」と相談に来られることもありますよ。

■健康診断に掛かる費用は検査項目によって違う!

――健康診断に掛かる費用というのはどうなっているのでしょうか?


笹倉先生 皆さん仕組みがよく分かっていないかもしれませんが、会社勤務をしていると皆さんの給与から健康保険料が天引きされていますよね。法律で決まっている定期健康診断は、基本そのお金で行われます。ですからサラリーマンの皆さんは費用負担なしで毎年健康診断を受けていらっしゃるでしょう。


会社、健康保険組合から補助が出れば検査項目を追加したり、といったことが行えるわけです。自由診療なので、健康診断に掛かる費用はその中身によって上下しますし、それを行う病院、クリニックによっても違います。


――ほとんどの人は知らないのではないでしょうか。


笹倉先生 そうですね、会社勤めをしていると健康診断のお金がどうなっているかは分からないかもしれませんね。


――ということは健康診断に掛かる費用をお医者さんに交渉したりするんですか?


笹倉先生 はい。病院も赤字だと困るわけですから「この金額で」という交渉をしますよ。


――法定検査項目だけを行う健康診断ですと、ひとり当たりいくらぐらいなのでしょうか。


笹倉先生 病院によっても違いますが4,000-6,000円ぐらいじゃないでしょうか。


――検査項目を目いっぱい増やして、もう「全部入り」みたいな健康診断を行うこともできるのですか?


笹倉先生 できますよ。検査できるものを全部行うとなると、検査会社が医師に配っている検査カタログ1冊分になると思いますが(笑)。実際、検査項目が充実した健康診断というのもあります。皆さんがネットで目にする「人間ドック」もそうですね。

■健康診断の検査項目は増やすことができる!

――これは健康診断に入れたほうがいいのでは?と思う検査はありますか?


笹倉先生 健康診断でバリウムを飲んで胃部レントゲンを撮影することがありますが、医師が自分で検査を受ける場合にはそんなことはしません。胃部レントゲン画像ではよく分からないことが多いのと、これで何かあったら次には内視鏡検査を行うのですが、それだったら最初から内視鏡検査をやったほうがいいからです。


――なるほど。


笹倉先生 内視鏡検査に替えようなんて話は20年ぐらい前からあったと思うのですが、最近やっと実施されるようになってきました。各自治体で行っている住民健診でも内視鏡検査に補助が出るようになり、一般的になってきています。


――ほかにもありますか?


笹倉先生 うちのクリニックでもいろんなオプションを用意していますが、たとえばアレルギースクリーニング検査などもそのひとつです。女性に聞いてみると「アレルギーをチェックしたい」というニーズが多いんです。血液スクリーニング検査でも多くのアレルゲンが分かりますから、年に1回の健康診断はいい機会なので一緒に行えばいいと思います。


――検査技術の進歩に健康診断の項目がついていってないのかもしれませんね。


笹倉先生 これからは遺伝子検査をあらかじめ行って、「この人はこのような因子があるみたいだから、これを検査しておいたほうがいいんじゃないか」みたいに、検査項目をカスタマイズしていく方向になるんだと思います。今はまだエビデンスが十分ではないのでそうなっていませんが。


将来的には、健康診断も人によって検査項目がカスタマイズされたものになるのではないでしょうか。


――ありがとうございました。



健康診断が自由診療だとご存じだったでしょうか?筆者は初耳だったので大変驚きました。


また、法定検査項目は義務付けられているものの、そのほかの検査項目の有無については会社、その会社が加入している健康保険組合、自治体などによって違っているのです。


もし、自分の会社の健康診断の検査項目がどのように決められているのか気になったら、人事部や総務部に聞いてみるといいかもしれません。



(高橋モータース@dcp)