検索
お悩みスパッと解決塾 12:自分に自信が持てない?それならブラジャーを変えてみる?

2018.04.29

お悩みスパッと解決塾 12:自分に自信が持てない?それならブラジャーを変えてみる?


どんな人にもコンプレックスや悩みってありますよね。そしてそんなときにもらう、「こうすればいいよ」なんて正攻法なアドバイスは逆に心に響かないことも……。そこでこの連載では、毎回さまざまなお悩みをあらゆる分野の専門家や著名人に相談し、一風変わった視点からその解決法を探っていきます。



「現在、転職活動中なんですが、なかなか採用にいたらず滅入っています。昔から自分の容姿や性格にコンプレックスがあって、それが頼りなさそうな雰囲気として表れてしまっているのかも……。もっと自分に自信が持てるようになりたいです!」(27歳、転職活動中)

「自分に合ったブラジャーをつけるのもひとつの方法です。バストが上向きになれば、自然と視線も気分も上向きになりますよ!」(「All for Me」フィッティングアドバイザー マチルダさん)


自身の見た目や性格に自信が持てず、そのせいで転職活動もうまく行かないのではないかとお悩みの相談者さん。本来であれば転職エージェントなどに相談するのが正攻法なのかもしれませんが、ちょっと違った角度からお答えするのがこのコーナーの持ち味!



というわけで、今回はブラジャーのセミオーダーメイド通販サイト「All for Me」のマチルダさんにアドバイスをいただくことに。これまで2000人以上の女性にブラジャーのフィッティングアドバイスをおこなってきたというマチルダさんは、女性の身体や心にまつわるさまざまな悩みに向き合ってきたといいます。

■欠点を探すのではなく、今あるよい部分に目を向けて

―東京・青山にあるAll for Meのフィッティングサロンなどでこれまで2000人以上の女性にブラジャーのフィッティングをおこなってきたそうですが、やはり胸の悩みを持つ女性は多いのでしょうか?


「多いですね。サロンには日々たくさんの女性が来てくださりますが、他人から見たら問題ないように見える方でも、胸が大きい人は大きい人なりに、小さい人は小さい人なりに、また大きさなどに関係なく本当にさまざまな悩みやコンプレックスを抱えていると実感しています」


―今回の相談者さんは転職活動がうまく行かないというお悩みですが、その根底には自分の容姿に対するコンプレックスもあるようです。


「多くのお客様と接していて思うのが、自分の身体に100%満足できることは果たしてあるのかということですね。どんなに見た目が美しい人でも、では悩みがないか、コンプレックスがないかはまた別問題なんだな、と感じます。


特に今の時代、働く女性は社会とのつながりがあって、情報もあふれていて、どうしても何かと比較してしまうことが多い。すると自分の足りない部分をすごく感じてしまうんですよね。ある部分をクリアしても、じゃあその次、その次って……。


そう考えると、コンプレックスってけっきょくは自分の気持ちの持ちようなのかもしれません。比べるところからコンプレックスは生まれる。本当は今すでに素敵なものを持っているかもしれないのに、足りない部分にばかり目を向けているのはもったいないですよね」


▲色、柄、レースなどセミオーダーできる「All for Me」のブラジャー

■自分を客観的に見られないならプロに頼るのも手!

―たしかに、本当はそのままでいいのに、自分に足りないところにばかり目が行ってコンプレックスを抱えてしまう女性は多いように感じます。


「そうですね。こと美容に関しては、女性は本当にストイック。たとえば過去に、『補強下着が手放せないんです』というお客様がいました。まだ若くてスタイルもいいのに『つけないと一気に体型が崩れそうで怖い』と言うんです。


そこで『そんな補正下着はまだ必要ないですよ。このぐらいもっと楽なブラジャーでも大丈夫ですよ』とこちらで正しい知識を与えてあげると、「ああ、そうか」と安心してもらえました。


自分のことを客観的には見るってむずかしいですが、実はちょっとした知識やテクニック次第でどうにかなることも多いんですよね。ですから、コンプレックスから『自分をどうにか変えなきゃ』と強迫観念を持つよりも、『今の自分のよい部分をさらによくするには?』という方向に考えて、それに沿った知識やテクニックを身につけるほうがよいのではないかと思います」


―でも、正しい知識やテクニックって自分ではなかなか身につけにくいですよね。


「そういうときはプロに身をゆだねるのも手ですね。相談者さんの話でいうと、もし自分の容姿に自信がないなら、メイクレッスンをおこなっている先生やスタイリングサービスを探してみる。お金をそんなに出せないなら、デパートのビューティーアドバイザーでもいい。うちのサロンのフィッティングサービスも無料ですし、方法はいろいろあると思うんです。とにかくコンプレックスで固まってしまった自分の考えを外から崩してもらえたらいいですね。


それが少しの勇気だとしても、自分が一歩前に踏み出せたという行動が自信につながると思います」

■自分に合ったブラジャーをつけることで自信につながる!?

―では、たとえばAll for Meのサロンでブラジャーのフィッティングをしてもらうと、どんなふうに変わることができるんでしょうか?


「はい。実は6~7割の女性はブラジャーをつける位置、つけ方を間違っていると感じているんですが、ほんのちょっとのコツを覚えて正しくブラジャーをつけるだけで、まずバストトップの位置が上がります。すると、上半身が短く見え、そのぶん足が長く見えますよね。それだけでスタイルアップの効果はすごく出ます。


そして、胸の位置が上がるということは、高さが出る人も比較的多いです。ペタンとしていた胸の感じが上向きになり、ストラップの長さやアンダーベルトの位置などを調整すると、肩が背中のほうに引っ張られる感じになります。すると猫背気味だったのが自然と胸が張り、姿勢が若干よくなる。バストが上向きになることで、視線や気分までぐっと上がるんです!


その相乗効果で、最後に服を着たときには、もともとの胸自体は変わったわけではないのに『すごく胸の形がキレイになった!』と実感する方が多いです。それは自信につながりますよね。最初はうつむき加減だったお客様が、最後は胸を張って自信がある様子でサロンを後にするというのは本当によく見る光景です」


▲AAA60〜J100までという豊富なサイズ展開

■下着は何を着ても自由! 大事な日はお気に入りの勝負下着で♪

―「自分を変える」というとまずはメイクやファッションなど外から見える部分を先に考えてしまいますが、自分に合ったブラジャーをつけることは、精神的な部分にまでよい影響を与えてくれるのかもしれませんね。


「効果でいうと、もうひとつ素敵なところもあるんですよ。下着は外から見えないからこそ、洋服ではできない自由な自己表現ができるということです。


特に相談者さんのように転職活動となってくると、服装に制限が出てくるかと思います。でも、下着なら自分の好みや気分に合わせて自由にできる。リクルートスーツを着ていても中に派手な下着やお気に入りの下着をつけることで、気分的に遊びゴコロや余裕が生まれますよね。“勝負下着”なんて言葉がありますが、恋愛以外でも重要な日にはぜひとっておきの下着をつけてのぞんでいただきたいですね(笑)」


 

マチルダさん、ありがとうございました。コンプレックスは多かれ少なかれ誰にでもありますが、欠点ばかりに目を向けずに今あるよい部分を伸ばすことが大事だと気づかされました。また、サイズ、デザインともに自分に合ったブラジャーをつけることは、外見的にも精神的にも思った以上に自信につながる効果がありそうです。



ちなみに、All for Meのサロンでは無料のフィッティングサービスをおこなっています。また、セミオーダーメイドでサイズに合わせて好きな色やデザインを選べるので、既製品のように「私のサイズではこの柄はない」なんて制限されることがありません。自分に合ったブラジャーをお探しの方は利用してみるのもオススメです!

★今回のアドバイザー



マチルダさん


アパレル数社を経て、現在はAll For Meの事業マネージャー兼ブラジャーのフィッティングアドバイザー。2000名以上のブラや胸の悩みを解決し、Twitterでは「乳神様」と呼ばれる。ブラジャーのセミオーダーメイド通販サイト「All for Me」では、AAA60〜J100という豊富なサイズやカスタマイズできるデザイン、自宅でできる試着サービスなどを提供し、多くの女性の支持を得ている。東京・青山にあるサロンでは無料のフィッティングサービスも受付中。


https://allforme.jp/

(取材・執筆/鷺ノ宮やよい 編集/ヒャクマンボルト)

⇒連載「お悩みスパッと解決塾」をもっと読む