加藤俊徳

脳内科医

加藤俊徳

株式会社「脳の学校」代表/加藤プラチナクリニック院長/昭和大学客員教授。

MRI脳画像を用いて診断治療する世界で初めての脳内科医、胎児から超高齢者まで1万人以上の人をMRI脳画像を用いて治療。脳番地トレーニングの提唱者。14歳のときに「脳を鍛える方法」を知るために医学部への進学を決意。1991年、現在、世界700カ所以上で脳研究に使用される脳活動計測法fNIRS(エフニルス)を発見。1995年から2001年まで米国ミネソタ大学放射線科MR研究センターでアルツハイマー病や脳画像の研究に従事。自閉症、学習障害、ADHDなどの発達障害と関係する「海馬回旋遅滞症」を発見。発達障害や認知症などの予防脳医療を実践している。

著書に、「脳の強化書」シリーズ(あさ出版)、『めんどくさいがなくなる脳』(SBクリエイティブ)、『発達障害の子どもを伸ばす 脳番地トレーニング』(秀和システム)など。


加藤俊徳の監修記事